Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の癒えることのない心の傷

写真ブログのつもりで始めたブログですが、やっぱり元々がお産育児で初めてブログを始めたのでどうしても時々長~いつぶやきを書いてしまいます。



でも、そんな記事を真剣に読んでくれて、温かいコメ、ご自身の胸のうちを語ってくれた人が沢山いて、とても嬉しく思っています。


つかさのブログ-BB
(有名店でブレイクした時、こんな風にトレイに出されたのでそのまま撮ってみました。)



今日は公私多忙で、更新がこんな時間になってしまって、この記事がトップにある時間が短いので自分の心の傷をちょっぴり書いてみようと思います。



妻はレイ君を帝王切開で産んで、アイちゃんを経膣分娩(VBAC)という帝王切開後の自然分娩で産みました。

その時、子宮動脈の近くで不完全子宮破裂を起こし、アイちゃんは子宮の薄皮一枚が残ってたために無事生まれてくれたものの、妻は大出血、即死でもおかしくない状況でしたが19日間、母親としての本能だけで戦い抜き苦しみ疲れ切ってこの世を去りました。



日本の女性は、「お産=経膣分娩」というイメージが強く、帝王切開で産んだママさんは経膣分娩で産めなかったことに劣等感を感じたりする方が多く、女性として生まれたからには一度は経膣分娩で子供を産みたいと願う方が凄く多いんです。



うちの妻はケロイド体質で、切ると傷がみみず腫れのように酷くなるので、自然に産めるのならとVBACを医師に薦められ選択したのですが、後から聞くと臨床データが揃ってなくて試験分娩とされてたことなどが分かりました。



そして、搬送されたERの産科担当医からは、

「奥さんは、残念でした。今はたまたまVBACというのが流行っていて、医師の間でも帝王切開を減らすためにVBACを積極的にやろうという傾向にあったため、こんなことになってしまいました。こういうトレンドの時に出産されたのが不運でしたね。。。」



って言われました。医療のトレンドにより亡くなった?という医師の言葉きつかった。

そしてその言葉が私を動かしました。



それから、妻と同じ経験をする人がこれ以上出ないで欲しいという想いから、VBACを否定するのではなく、キチンとした情報提供と、母児に優しいお産を訴えかけるべく、サイトとブログを立ち上げていました。



まぁ、でもVBACに自分のお産への希望を抱いてる人ばかりだから、衝突の連続で大変でした。

それでも、ありがとうと言ってくれる人も多く集まり、一緒にサポートしてくれる人が増えていったのは本当に嬉しかった。



そして、その活動は妊婦さんを助けるだけではなく、起こってはいけない我が家と同じ事故が再び起こり、そのご主人との出会いもありました。



その惨事を、ある日MIXIのコミュで書き込んだところ、大バッシング。

そこは、VBACのリスクを学びつついかに出来るかを考えるコミュのようでしたが、大前提やる!だったので、リスクを学ぶと言っても、 「僅かなリスクだから、私には起こらないだろう」 という考え方でいる人ばかりだったのかも知れません。



「悲しいお産がありました。二度とこのような悲しいお産が起こらないように、ムリせず自分に合った母児に優しいお産を選んでください。」と自分の妻と、その方の奥さんのお産経緯を書いたら、



「グロテスクで気持ち悪い」 「最悪キモイ気分悪くなった」 などと言われ、最終的にはコミュの全員からバッシング浴びて追放されたことがありました。ついでに、自分が語り続けた、「母児に優しいお産」というキャッチコピーも自分達のコミュのキャッチコピーとして当たり前のように使われちゃった(苦笑)



まぁ、でもこの言葉がどんどん広がってくれればいいやと思ったので、それは勝手に使ってもらうことにしました。



妻や、Mさんの奥さんが必死に生きようと頑張ったお産、それをグロテスクとかキモイと言われたのはかなりキツかった。

私達にとっては、それは妻が必死に生きようとした大切な記録。



悲しいことだけに、本当なら公開なんてしたくないけど、真実を知る者として伝えなくてはと思って公開したけれど、結局そんな言葉で片付けられてしまった。



妻たちの命がけの記録を、そんな風に思われ、そんな言葉で非難を浴びるなら、もう伝えるのなんて止め!

大切な記録をこれ以上傷つけたくないので、サイトも閉鎖、ブログも放置にしました。



「真実だけが魂をうつ」 と思ったけど、活字では心に訴えかける限界があったと感じました。

死んでから気付いても遅いんだけど、人間の欲ってのは静止できない。



コミュだって、死んだ人からは、「失敗して死にました」とコメントは来ない。

お産後に来るコメントは、「成功しました。やって良かった。」って成功事例の感想だけでしょうから、多分我が身に起こるまで後悔も出来ないんです。



でも、傷つくのは死んだ本人ではなく、残されたご主人と子供。

私がこれから再びサポートするとしたら、死んだ後に残された彼らのサポートくらいかなぁと再びお節介再開を考えてはいるんですが(^^)



でも、人間って辛いことを経験すれば、それだけ人の痛みが理解できるようになり、優しくなれることが分かりました。

人を殴り倒すって残酷なことをしてる格闘家って実は優しい人が多いんですよ。



それって、きっと屈辱を沢山経験してるからかも知れませんね。




つかさのブログ-mokuyoku


これだけの、どん底の辛い経験をしたんだから、後はHappyな人生が待ってる!

なんて思ったら大間違い。これからももっと辛いこと悲しいことを経験するかも知れない。



それがどん底とは限らないですもんね。



落ちた分だけ、上がるために馬力を使って生きていかねばなりません。

その力がまだ私には不足してるから、上がるのにとても苦労してます。



だから、私は子供達のココロとカラダを何よりも強くしたいと、我流育児の根幹にして育児してます。



にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  

お陰様で上がってきました。応援お願いします(^人^)

スポンサーサイト
  1. 2010/11/04(木) 00:10:22|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<一攫千金 | ホーム | お前帰れ!から2日・・・>>

コメント

1 ■大変でしたね

H14年でしたよね。
医師のトレンドですか 帝王切開なら無事だったんですね 悔しいですね。
私の妻は 3歳のときに 実の母親を失っています やはり出産時の出血多量で 医者は 酔っ払っていたそうです。
今なら訴訟ものですが 田舎だし何しろ当時の話だし 義父は辛かっただろうなと思います。
おおよそ人生のなかでも一番幸せを感じられる
時期だとおもうからです

つかささんは偉いですね 他人のために自分の
経験を生かそうとしている なかなかできませんよ 子育て頑張ってください それしかもうしあげられません。
  1. 2010/11/04(木) 02:28:57 |
  2. URL |
  3. ビーナスDLG #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■応援してます

慰める言葉が見つからないのですが、遠い地から応援してます。
  1. 2010/11/04(木) 09:56:07 |
  2. URL |
  3. mukkupan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■少なくともわたしは・・

つかさっちのサイトでVBACの危険性を知り、
避けることが出来た一人です。
お陰で可愛い愛息と毎日楽しく?過ごせてます。
それに上の娘や夫を悲しませる結果にならずに済みました。
すごく感謝してます。

自分の身に降りかかってからじゃ遅いんだから、
最初に危険性を十分知って置く必要があるのに、
「グロテスク」とかって言葉で片付けられた無念はいかばかりか・・・って思います。

ホント何度も言うけど、わたしは感謝してるからね。
  1. 2010/11/04(木) 14:39:57 |
  2. URL |
  3. つまぴょん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■Re:大変でしたね

>ビーナスDLGさん

みんな色んな形で人生の壁乗り越えてますからね。これも、自分に与えられたみんなに与えられた壁と同じだから、ちゃんと乗り越えていかないとダメですねf^_^;)

義父さんは、相当凄い傷を抱えたと思います。
ひょっとして、お孫さんが誕生するときも気が気でなかったかも知れませんね。
  1. 2010/11/04(木) 19:34:08 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■Re:応援してます

>mukkupanさん

ありがとう
お互い頑張りましょう(^ー^)ノ
  1. 2010/11/04(木) 19:35:37 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■Re:少なくともわたしは・・

>つまぴょんさん

つまぴょんの気持ちは、よ~く伝わってるよ。
ココロの教育は、本当に難しい
でも、ココロはココロでぶつからないと、動かないのは間違いないね
  1. 2010/11/04(木) 19:38:27 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■無題

トレンドだからって…
人の命はそんな一言で片付けられるようなものじゃないですよね。
医師の言う言葉じゃないですよ。
恥ずかしながら妊娠して出産して子育てしてってごく普通な当たり前な事だと思っていた所がありましたが、実際は出産って命がけなんですね。
しかし、つかささんにとっての大切な奥様の命をかけた出産の話を聞いてグロいだの気持ち悪いだの言える人って…
でも何があってもレイ君やアイちゃんの為に頑張っているつかささんは凄いと思います。
  1. 2010/11/04(木) 21:12:27 |
  2. URL |
  3. モモユマ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:Re:大変でしたね

>つかささん
その通りで 大変心配してました。
  1. 2010/11/04(木) 21:17:58 |
  2. URL |
  3. ビーナスDLG #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■無題

あたしもVBACを知った時に次はVBACで生もうって思いました。
リスクとかも知らずに。。。

産後、仲良くなった看護師さんにその事を言ったら
子宮破裂の危険性、あたしの場合は母子共に危険かもしれないと話して頂き、できる事なら次も帝王切開にした方がいいと言われました。


あたし自身もVBACを否定はしませんが
あたしに合ったお産をしようと思います。
体が小さくて出産が困難なのであれば
母子供に安全性の高い方法を選びます。


  1. 2010/11/04(木) 21:53:32 |
  2. URL |
  3. ✤ωishઌ✤ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■無題

私もつかささんに感謝してるよ。
くも・・・や、つかささんとの出会いがあって、自分ができることを考えるようになりました。
自分の助産師としての在り方も変わった気がする。
復帰はまだまだしばらくはないけど、産後の心のサポートが出来る助産師になりたいって思ってます。
色んな意味でつかささんが伝えてくれていることに感謝です。


それにしてもmixiでそんなことがあったなんて知らなかったなあ。
色々なコメントの裏で、感じるところがあって自分のお産と向き合っていたと信じてやみません。
  1. 2010/11/05(金) 16:20:19 |
  2. URL |
  3. ゆうはっち #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■こんばんわ

出産に対してグロテスクやキモイなんて言葉を出す人が居るなんて…可哀相な人達だね。
私も長男が帝王切開だったから次男の時は自然分娩で産みたいと陣痛が来て何時間経っても産まれなくてお腹の赤ちゃんの心拍に異常が出て急遽帝王切開で出産しました。あの時、無理に自然分娩してたらどうなっていたかつかささんの記事を読んで改めて考えさせられました。
命をこの世に誕生させる事に自然分娩で産みたいと思う母親の気持ちも分かる。でもそこには大きなリスクがあると言う事をもっと知って欲しいですよね。母子共に安全な出産。悲しい出産が少しでも減る事を願います。私のお腹に残った帝王切開の傷跡は私にとって子供3人産んだ大切な証し☆
アイちゃんと同じ歳の娘を持つ私としてつかささんの子育てには頭が下がります。
  1. 2010/11/09(火) 23:16:21 |
  2. URL |
  3. まりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■もうすぐ出産

VBAC、迷っています。前回帝王切開でない人にも子宮破裂の可能性はあるし、帝王切開にもリスクはある・・・。普通分娩で産んでみたいという気持ちもありますが、それだけの問題ではなく・・・(それだけなら安全な方を選ぶのですが。)もう少し考えて決めるつもりです。

辛い体験なのに、他者のために公表しようと思えるつかささんに感謝です。ネットのコメントは、第三者として読んでいても鬱々としてくるようなものが多いですよね・・・。
  1. 2010/11/16(火) 22:01:26 |
  2. URL |
  3. ふみ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■Re:無題

>モモユマさん

遺族からすれば冗談じゃない!って気持ちですが、ビジネスとして日々何人もの分娩をベルトコンベア式にこなしてる医師にとっては、トレンドなんでしょうね。そして一人の命に執着してるヒマもなく、次のお産が来る。
難しい現実だと思います。
  1. 2010/11/17(水) 11:59:46 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

14 ■Re:Re:Re:大変でしたね

>ビーナスDLGさん

自分の将来を見てるようで、お義父さんの気持ちが良く伝わりました。
  1. 2010/11/17(水) 12:00:23 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

15 ■Re:無題

>✤ωishઌ✤さん

そうですね。
お産は、終着点ではなく赤ちゃんにとって人生の始まりであり、お母さんにとって子育ての母親としての通過点です。
まだまだ子供が巣立つためにやることは沢山ある。
産み方よりもっと大切な育て方にこだわりを持って欲しいです。
  1. 2010/11/17(水) 12:03:30 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

16 ■Re:無題

>ゆうはっちさん


ありがとう
そこは、VBACのリスクを考えるというよりは、希望を持とうという趣旨のコミュなので、負の情報に対しての反応は厳しかったです。
成功した人のレポは簡単に入手できるけど、死んだ人のレポは聞けないだけに、大切にして欲しかったです。
  1. 2010/11/17(水) 12:05:56 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

17 ■Re:こんばんわ

>まりんさん

リスクも勉強したと言いながらも、VBACしたい人の口から出る言葉は、これが現実なんだと思います。
私には人の命を救う力がもうありません、何が正しく、何が正しくないのか人の価値感によって異なるだけに、無事に生れればおめでとう!死んでしまえば、残念でしたねと言うのが精一杯ですね。
  1. 2010/11/17(水) 12:10:36 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

18 ■Re:もうすぐ出産

>ふみさん

よく、こんな下の記事まで来てくださいました。
仰る通りどちらにもリスクはあります。
ただ、自分で予防回避できるリスクと、どうにもならないリスク、即命に繋がるリスクと、救える処置が出来るリスク。
リスクにも色々あります。
確率も10人に1人だと安心で、1000人に1人だと危険なんて保証もどこにもありません。
みんなそれぞれ平等に白か黒の確率を与えられている。
その中で、自分が何を選択すれば、母体や赤ちゃんのために最善を尽くしたと後悔せずに産めるのか?それだけです。
お産は産めて当たり前じゃない、立派な医療行為です。立会いでビデオ撮ったりイベントのように思ってる人も少なくないけど、そんなお祭り風潮が進めば、自分の妻の死の直面をビデオに納めてしまう人も出てくるようになるんでしょうね。
  1. 2010/11/17(水) 12:18:59 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukasa880241.blog.fc2.com/tb.php/2107-b0d3937f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (139)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

* Photo's Cafe *

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。