Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お前帰れ!バイチャ!

今朝レイ君の友達3号から電話が掛かってきて今日遊ぶ約束をしていました。

レイ君は午前のレスリングの練習のあと、午後から遊ぼうと約束して、区民センターで待ち合わせしました。



練習を終え、洗濯物を出してから、すっ飛んで雨の中遊びに行ったレイ君。

30分くらいして、帰ってきました。



「どうした?」と聞くと、「いや、別に・・・」

何かおかしいと感じ、頭をなでながらどうした?って聞いたら、



「区民センター行ったんだけど、1号と2号にお前いらない帰れバイチャ!って言われて、他のみんなも何も言わないから帰ってきた」って、泣きながら話しはじめました。




区民センターには1号から4号まで4人の友達が先に遊んでいたようで、そのうちの2人が言ったらしく、1号の母親は仲良しなので、すぐに電話して事情を話したところ、(かなり激怒してですが)1号と2号を連れて謝りに来ました。



話を聞くと、「3号がレイが来たら、あいつにDS借りて帰らせていいよ!と言ったので、一緒になって言った」と説明してくれた。「で、3号は来ないのか?」と言ったら、「あいつは、僕はいいですって逃げた」と言いました。



そこで、「ふ~ん」ってわけにはいかない私は、今度はまだ一度も話したことないけど、3号の家に電話。

爺ちゃんとお母さんにそれぞれたっぷり状況説明。



そっちのお母さんは、「本人帰ってないので、事情聞いたら注意します。」と最初答えました。

ずっと逃げの回答だったので色々言葉を交わしましたが、まとめると、「さっさと子供捕まえて謝りに来い!」と怒鳴りました。



そして、1号2号が帰ったあと30分くらいして、3号のお母さんが4号も連れて来ました。

3号の話によると、


・1号のお母さんが来て、「帰れって言ってないコは来なくていいよ。」って言われたから行かなかった。

・1号と2号が帰れって言って、僕は言ってない、一緒に遊びたかった。

・でも、1号と2号が意地悪してるのに、僕たちは何も言わなかった・・・


などという説明をしてくれました。

4人まとめてくれば、どれが真実かわかるけど、2人ずつ2組で来られると、高学年にもなれば自己防衛本能も働き、話は複雑になりますね。



と言うことで、どっちが正しいどっちが嘘ついてるなんてことまでは突っ込まず私はここで話はきりました。

ただ、2組の子供達には、



・お前達は、自分が同じことされたらどうなの!?悲しい気持ちになるんだろ!?


・身体の怪我は時間が経てば治るけど、心の傷はずっと治らないで残るんだよ。それが、大きくなったとき友情の亀裂にもなりかねないんだ。


・お前達もこうして怒られてきて怖いだろうけど、お母さんはお前達が人を傷つけたことでもっとドキドキ怖い気持ちで一緒に来てくれたんだぞ!そして、お前達が傷つけたのはレイの心だけじゃなくて、自分のお母さんの心も傷つけたんだからな。


・そして、自分がそうやって仲間外れにしたりすれば、必ず自分にその災いが返って来るぞ、その反対で友達に優しくすれば、必ずそれも自分に返って来て、困ったとき友達が助けてくれたりするんだよ。今回はお前達悪いことしたんだから、1回は必ず災いが返って来る日が来るから覚悟しておけ!



ってことだけ、子供達の胸をグーでとんとんと叩きながら伝えました。

幸いにして、レイ君はやられてもやることはないキャラのようで、暴力を含めて、本来男の子は頭を下げながら親は育てるモンって聞いていたけど、その機会は一度のイタズラしかない。



でもね、大人しい分やられる可能性はある。

外傷なら大して大問題にしなくても、心の傷に関しては相手が母親でも父親でも無関係で、ガツンと言ってどんな事情も無関係で自宅に来させてとことん話します。



それを知ってるレイ君、友達が怒られるのがイヤだから、最初は一切口にしなかったけど、今回も口下手だから上手い言い訳も出来ず、涙ながらに話してくれた。



あと2年もすれば中学生、そうなると益々この手の問題は暗礁に乗り上げてしまって、解決しにくい。

本当にこの手の問題は、子供の人生の極僅かな2~3年の間しか親も手を貸せない。



勉強もとっても大切だけど、やっぱり我家はココロと身体を鍛えるだけでいっぱいいっぱいかも知れません。

やらないように育てるのも大切だし、やられても耐えられる強いココロを鍛えるのも大切



じゃないと、自分みたいに小さなことでクヨクヨして立ち直れないちっぽけな人間になっちまう。

自分程度の人間には育てたくないですからね(笑)




つかさのブログ-仲間外れ




にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  

お陰様で上がってきました。応援お願いします(^人^)

スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 19:57:06|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<炊飯器の秘密!&11月の写真展 | ホーム | アマンドだ!>>

コメント

1 ■いいおとうさんですね

私の子供が小学生のとき こんなに子供に心砕いていたかな 忙しいにかまけてしてあげてないと思う 反省してももうあとの祭りだけど
  1. 2010/10/30(土) 21:11:06 |
  2. URL |
  3. ビーナスDLG #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

つかささん、子供たちにとって良い経験をさせてあげましたね。相手の立場になって物事を考える力はとても大切だと思います。
将来、怒られた子供たちは本当の意味を理解してくれると良いですね。
  1. 2010/10/30(土) 22:54:02 |
  2. URL |
  3. maki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■無題

レイ君、辛かったでしょうね。
そして、つかささん偉いですよ。
事なかれの時代、うやむやに済ますことが多いですからね。
  1. 2010/10/30(土) 23:46:54 |
  2. URL |
  3. パパカメラ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■うん、なかなかできることじゃない

ですよ。
さすがです。つかささん。。。。

いずれにせよ、
このことで、レイ君と1号~4号の仲が
修復されることを祈ります。
(よくも親にちくったな、、、とならないように・・・)
  1. 2010/10/31(日) 01:25:37 |
  2. URL |
  3. tomokin9474 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■ええとうちゃんやなぁ

ワタシならそこまで言葉が出るかどうか・・・
相手の母親に電話、とかもビビッてできんかも。
自分の子だけじゃなく相手の子にもちゃんと言い聞かせられるってすごい。

幸い大ボケブラザーズはそういう状況に陥ったことがないから。
プーがやばそうだけどね。
女同士のドラマというか、そういうのが結構ちょこちょこある。
それもプーが悪いのが多かったり・・・(汗)
  1. 2010/10/31(日) 02:29:36 |
  2. URL |
  3. Snugglebutt #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■無題

我が家も、最近ありました(+_+)
えっちゃん、一文字の口して帰って来て、声かけた瞬間泣きだしました…
私も相手に伝えたけど、つかささんみたいに強く言えなかったなぁ(:_;)

今は、少しだけましになりました(´~`;)
  1. 2010/10/31(日) 09:51:34 |
  2. URL |
  3. 3キッズママ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■ふむふむ。。

そうなんですよね。。。

こういう問題って
想ってた以上に根が深い場合あるから・・・。
事が起こった後、
このお友達とレイ君がどうなったか・・まで、気になります・・・。
お友達も、つかささんが言ってくれたこと。
(なかなか親が伝えられない大切な事)
心に響いてくれれば良いですねぇ。
  1. 2010/10/31(日) 13:02:23 |
  2. URL |
  3. rin #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:いいおとうさんですね

>ビーナスDLGさん

商売人は現実なかなか子供と向き合う時間もないですよ。
父子家庭って特殊な環境にいるから目が届くだけです。
  1. 2010/10/31(日) 22:25:28 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■Re:無題

>makiさん

子供達の心に響かせることが出来るのは、思春期前の今しかないでしょうからね。
中学生からは、全部遮断されちゃうだろうし、そういう時期にイタズラして何かを思い出してくれればいいと願ってます。
  1. 2010/10/31(日) 22:26:54 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■Re:無題

>パパカメラさん

性格的にうやむやと泣き寝入り嫌いなんですよ(笑)
テロに屈するな!のアルベルトフジモリさんやジョージブッシュのように、この辺は行動的だったりします。
  1. 2010/10/31(日) 22:28:16 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■Re:うん、なかなかできることじゃない

>tomokin9474さん

よくも親にちくったな!は当然リスクとしてありますね。それに参る親子じゃないですが(^^)
レイ君自分の力に気付いてないだけで、十分自分を守るだけの心技体持ち備えてます。
人を故意に傷つけてはいけないが、自分を守るためなら何をしてもいい。結果、相手を怪我させちゃったら、父ちゃんが一緒に頭を下げに行ってやるから心配するな!って言ってます。
  1. 2010/10/31(日) 22:30:50 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■Re:ええとうちゃんやなぁ

>Snugglebuttさん

肝っ玉小さいわりに、こういうのってビビらないんだよねぇ(笑)
子供は社会で育てるって考えてる以上、相手の子でも親の前で思いっきり説教するし、場合によっては張り倒しちゃうんだ。
ヤバイオヤジかも・・・
  1. 2010/10/31(日) 22:32:43 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■Re:無題

>3キッズママさん

お母さん同士だとまた違うんだろうね
それぞれのやり方で、子供のために一生懸命になれればいいさ。
  1. 2010/10/31(日) 22:33:53 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

14 ■Re:ふむふむ。。

>rinさん

根が深くなるのは、6年生から中学生でしょうね。5年生はまだココロに訴えられます。
中学生とかも、結構叱ると 「すんませ~ん」って嬉しそうに謝ってたけど。
怒られなれてない子が今は多いから、子供にとっても正面からぶつかってくる大人は新鮮なのかも知れません。
  1. 2010/10/31(日) 22:35:55 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

15 ■無題

うちもあと数年も経てば、この手の問題はでてくるんでしょうね。
そのときにつかささんみたいにビシっと言って解決できるかどうか、自身がないです。
だからって、うやむやにしていい問題でもないし、うーん難しそう。
つかささん、かっこいいです!!
  1. 2010/10/31(日) 22:48:30 |
  2. URL |
  3. ゆうこりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

16 ■すごい

はっきりいってあげたことよかったんじゃないかなって、私は思います。
やった子のためにもね。
私も自分の子には仲間はずれや弱いものいじめは絶対あってはならないことって一番いってます。
ただ親としても、やられた場合なかなかゆえない時も正直あるんですよね…けど子供だけで解決できれば一番いいですが、できない場合は親がでていかないと、いつまでも続く場合もあるしね
それが難しい…相手の親もまともな親だったらいいですが、いろんな方いてますからね。
解決すぐにできてよかったですね。
  1. 2010/11/01(月) 11:33:25 |
  2. URL |
  3. ゆうちゃん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

17 ■Re:無題

>ゆうこりんさん

女の子は女の子のもっと複雑な問題が絡むのかも知れませんね。
男の子なら蹴り入れて怒鳴って終了だけど、女の子はそうもいかないですからねぇ
私もどう対応していいか分かりません。
  1. 2010/11/01(月) 16:59:41 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

18 ■Re:すごい

>ゆうちゃんさん

相手がまともかどうか以前に、自分もまともと思われてるか?不安です(笑)
でも、自分に正直に突っ走るしかないですよね。
「ちくったな!」とか仕返しが怖くて怯むようじゃ、育児なんて出来ません。
ここで怯めば、育児放棄したと同じだと思ってるので、やる時はとことん心に訴えかけます。
  1. 2010/11/01(月) 17:02:06 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

19 ■無題

まず、自分だったらつかささんみたいに言えただろうかって考えちゃいました。
おそらく言えないんだろうな…
レイ君、心の傷が深くなきゃいいなぁ。
最終的にはまたみんな仲良しな関係に戻れるといいですね。
  1. 2010/11/01(月) 19:14:49 |
  2. URL |
  3. モモユマ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

20 ■はじめまして

はじめまして。
「心の傷はずっと治らないで残るんだよ」という言葉、重く感じます。
うちの子はまだ低学年ですが、将来、こんな場面に出くわした時には、つかささんをお手本にしたいです。
  1. 2010/11/01(月) 20:07:07 |
  2. URL |
  3. kazunao1878 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

21 ■Re:はじめまして

>kazunao1878さん

ありがとうございます
何かかっこよく書きすぎたかな!?(笑)
自分がココロ弱い人間なので、この問題にはものすごい食いついてしまうんです(^^)
  1. 2010/11/02(火) 20:47:52 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

22 ■Re:無題

>モモユマさん

いいえ、絶対いえます。
だってお父さんだもん。
自分の子供本気で守るでしょう(^^)
  1. 2010/11/02(火) 20:48:31 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

23 ■ココロの傷は今も癒えません・・・。

すみません。
同じ記事で2度目の投稿です。
小学生の頃、こんなことがありました。
それは、高学年の体育の授業の時です。
その日は、みんなでサッカーでした。
運動能力、特に球技能力が低い私は、イヤだなぁと思いました。
クラスのサッカーの上手な2人がキャプテンとして、ジャンケンで1人ずつそれぞれのチームに入れることになりました。
案の定、私は最後に残りました。
最後のジャンケンにに勝ったキャプテンは、私の方を見て、「○○はいない方がいいけど、いれば何かの役に立つかな」と言い放ちました。
これは、私にとって屈辱的な発言でした。
当時の私は、臆病で、他人との争いを避ける子どもでした。
このことが、その後、中学、高校、大学、社会人になった今でもトラウマとしてココロに深く刻まれています。
このことがあって以来、チームプレイの球技に参加できなくなりました。
子どもの時の記憶というのは、大人が思うより深くココロに刻まれます。
当時の担任はそんなことにも気づかないと言うか、経験したことがない人だったのでしょう。
何のフォローもありませんでした。
子どもを育てている現在の私にとって、我が子にはこんなことでくじけてほしくないと思っています。
何かあれば、私は出て行くココロでいます。
  1. 2010/11/03(水) 01:05:51 |
  2. URL |
  3. kazunao1878 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

24 ■Re:ココロの傷は今も癒えません・・・。

>kazunao1878さん

昔ってそうやってチーム分けをやってましたね
最後まで選んでもらえない、それだけでも劣等感あるのに、その上から発言、スゴイ時代でしたね。
私も散々言われました。ネットの世界に飛び込んでからは更に強烈なの浴びたなぁ(^^)
でもさ、傷ついた分だけ人は人に優しくなれる。
多くのことを学んでいるのも事実です。
きっと子供は強く優しくなれると思いますよ。
  1. 2010/11/03(水) 19:16:14 |
  2. URL |
  3. つかさ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukasa880241.blog.fc2.com/tb.php/2103-721489b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (139)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

* Photo's Cafe *

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。