Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妻の高校時代の友人会

今日は妻の高校時代の友人達がお墓参りに来てくれました。

妻が亡くなってから、毎年命日前後にみんなで集まって妻と一緒の時間を過ごしてくれます。


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑キレイな花を沢山を飾ってくれました(^^)


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑一年ぶりの旧友との再会に妻も今日はHappyな気分になってるかな♪


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑お墓参りの後はみんなでランチ。

今年は地元の隠れ家っぽいレストラン、駅から近いのですが高級住宅街の中にあります。

急な階段をせっせと昇ってたどり着いたのが、


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑Cafe restaurant SAMASAMA

ビストロ系フレンチレストランです。


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑一階エントランスから長いアプローチを通って地下のレストランへ。


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑このお店は地元ではかなり古い、私の店の常連さんのフラワーデザインスクールが直営しているお店で

店内はさすが!と言わんばかりの花の装飾がなされています。


レストランの隣にあるフラワーデザイン教室は岡本太郎氏のデザイン建築という、どこまでもアートなお店。



つかさのブログ-京商豊美7年会

↑私達は小部屋に通されました。アラフォーレディース+うちのチビ共でピース!

つかさのブログ-京商豊美7年会

ランチはコースが3000円前後、セット料理が2000円弱と高級住宅街のマダムのランチにピッタリな価格設定となっています。


つかさのブログ-京商豊美7年会


↑こんな小さなスペースにも生花のアレンジメントが飾られています。

つかさのブログ-京商豊美7年会
↑私が食べたハヤシライス。

味は一口小さめに食べて、「美味い!」ってインパクトを与える味。


それは裏返せば、濃い味付けなので全部食べたときには少々重いくらいの印象になりますが、ランチというライトなボリュームを考えると、この方がお客さんには印象が残ると思います。


それにしても、さすがに自然光も全く無いダイクロハロゲンだけの暗い照明+手持ちだと、いくら開放でボケを入れてごまかそうとしても、やっぱり料理の撮影は無理ですね(苦笑)


つかさのブログ-京商豊美7年会

↑こちらはランチセットのデザートとコーシー。


つかさのブログ-京商豊美7年会
↑ランチの後は、我が家のパーティルームで時間の許す限り、妻を囲んでのんびりとお話会。

例年は、みんなの子供達も来るのですが、今年は予定つかず。。。


まぁ、もう中高生が中心で成人してる子もいるから、うちの子供達には大人とほとんど変わらないくらい

大きなお兄さんお姉さんですが、去年なんかも結構一緒に遊んでもらって印象深かったようで、


「何で、今年は少ないの?」とお兄さんお姉さんが来ないのを残念そうにしていました。

法要に関係なく、この仲間達はこうして皆で集まって同窓会をやろうと毎年妻の命日が近づくと来てくれます。



私もいつの間にか、そんな妻の友人達が来てくれるこの日が楽しみになっています。

中高時代の親友との交流なんてない私には、こんな素敵な親友がいる妻を羨ましく思います 。



来年は、お兄ちゃんお姉ちゃんも一緒に沢山で来てね!



EOS1DMarkⅢ + EF24-70F2.8 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 20:43:32|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

マナの誕生日から始まるオヤジの葛藤(4)

午前10時解剖を終えたであろう妻に会いに再び病院へ戻りました。

病院と言っても、今度は3階の救命センターでも8階の産科病棟でもない、地下の霊安室。



1階のエレベーターホールで殆どの人が上に行くエレベーターに乗り込む中、一人地下へ降りるエレベーターに乗って、霊安室へ行くと、廊下のベンチには妻の中学時代からの3人の友人が、まだ現実を受け入れられない様子で座っていました。


彼女達は出産直前まで妻と、「もうすぐ産まれるよ」とかメールのやりとりをしていたようで、娘の誕生を待ちに待っていてくれました。私が妻の携帯を見た時には、何通ものメールが届いていて、当時はその状況をとても話せなくて、



「ちょっと産後容態が良くなくて、病院に搬送されて入院してるから、元気になったら本人から連絡させますね。」とだけメールを返したきりだったので、その次に来た明け方の連絡が、まさか親友の死の知らせになるとは思ってもいなかったでしょう。



「実は・・・」とこれまでのお産の経緯を話していると、まもなく解剖を終えた妻の遺体が霊安室に戻ってきました。

病理解剖から戻ってきた妻は、解剖前の体温の温もりもなくなって、凍りついたように冷たくなっていました。



死後硬直が始まった身体は先ほどまでの肌の弾力も失われ、胸の前で組まれた手はカチカチに固まっていました。友人達はその変わり果てた姿に、声を荒立てて涙し、もう届くはずのない妻に懸命に胸に溜め込んでいたそれぞれの思いを語りかけていました。



お昼に葬儀社から迎えの車が来て、いよいよこの病院を発つときが来ました。

私達夫婦が病院を発ったのは、1階の玄関からではなく、薄暗い地下の裏口からとなってしまいました。



地下の裏口には遺体搬送車がすでに止められ、妻のストレッチャーが静かに積み込まれると、私はその横に乗車しました。車の後ろには救命センターや産科の医師、看護師が最期の見送りに来てくれました。



車が動き出すと、病院スタッフみんながこちらに一礼をして私達は見送られました。

私は車の中で家に着くまでずっと妻の手を取り、布を外して妻の顔を見ていました。



何倍にも浮腫んだ顔はすっかり引いて元の顔に戻っていました。

本当に全部のハードルを越えてあともう一息だったんだなぁと穏やかな寝顔を見ながら実感しました。



病理解剖の結果、死因は当初予測されていた、長期寝たきりによって結構不良が起こって血栓(血の塊)が脳や肺、心臓に飛んだ形跡もなく、心筋梗塞を起こした様子もない、ということでした。


ただ、肝臓はまるで外部から強い圧力を掛けられたかのように損傷が酷く、ボロボロの状態だった。

でも、全ての臓器は死んではおらず、快方に向かっていたようです。



死因は多臓器不全、つまり何が原因が特定できないため、このような死因がつけられました。

非科学的なコメントではあったのですが、妻の全身管理を担当してくださった女医は、



「きっと何度も緊急手術を乗り越えた上に、MRSAも乗り越えたんだけど、最後の最後でご本人も安心して気が緩んでしまったのかも知れない。」というようなことを言っていました。



全然科学的なコメントではないけれど、私もそれが一番自分にも納得できる死因だと思っています。

人間大きな手術を1回すると10年寿命が短くなるといいます。



だとすれば、6回の大手術を乗り越えた妻は60年分の寿命を使って、生きようと頑張ったことになります。

35歳の妻にすれば、すでに95歳になってしまうくらいの負荷が心臓に掛かっていた、



最後の最後で娘の初節句の報告を聞いて、安心したと同時に心臓が限界に達したのかなぁって思います。

妻がこの19日間に流した出血量は40000cc、人間には約5000ccの血液が流れてると言いますから、



人間8人分の血が流れ出たわけです。そして輸血も430単位25000cc以上の輸血という、この中核病院の歴史上最高の輸血を受けて乗り越えたわけですから、心臓や肉体への負担は60年以上だったと思います。



通常の人の場合1000ccも出血すれば死に至るそうです。輸血に関しても60単位を超えると定かな数字ではないけれど10%以下など生存率が大幅に低下してしまうと言います。



その常識を考えると妻が行き続けた19日間は、人間の限界を遥かに超えた、生命力でした。

それは明らかに赤ちゃんを産んだ母親だから出来たことなんだと思います。



「そこまで頑張っただけに、どんな形でもいいからとにかく生きて欲しかった。」

そんな無念が、家に向かう道中もその後もずっと自分の中で堂々巡りしていました。


(続)

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m
  1. 2009/02/27(金) 22:02:55|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

35-350でカワセミ試し撮り

オークションで売ってしまう前に、せっかくなのでEF35-350Lの修理後の写真を撮ってみました。

モデルは肖像権対象外で一番私が燃えるカワセミ君。


つかさのブログ-修理後カワセミ

↑これが修理前の前ピン状態の画像。


つかさのブログ-修理後カワセミ

↑ここからが、今回の修理後のレンズの画像。

羽のフワッとした部分までクッキリ写るようになり、木の幹や枝までなんとなくクッキリ度が違う感じがします。



つかさのブログ-修理後カワセミ

↑ダイブはどうしてもカメラを動かしながらなので手振れは入りますが、この瞬間が一番ワクワクしますね。

水しぶきだけでもいいなぁと自己満足に慕ってます(笑)


つかさのブログ-修理後カワセミ

↑こちらはかなりジャスピンに近づき、魚を加えているところが撮れました。

でも、着地点的を絞って、MFでピントを合わせておかない限り、動いたままは追いかけられないみたいですね。


でも、いつどこに飛ぶかも分からないカワセミの着地点に山はって、構えているのも短気オヤジにはしんどいなぁ。


つかさのブログ-修理後カワセミ

ハンティング後半になると必ずここで一休みしていきます。

完全にここのカワセミの行動パターン読んだり!



でも、もうすぐ新緑の季節になるから、木々に若葉が生えたら私の眼では、もう追えないかなぁ。。。

せっかく陽射しも強くなってシャッター速度も稼げるようになるのに、上手くいかないもんです。



と言いながら懲りずに、出掛けると思いますが(^^)

今度からはとりあえず、70-200LIS+テレコンというスタイルになるのかな!?



しばらくは、撮るとしても200で我慢。花の季節なので、もうすぐにでもマクロが欲しいっす。



EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/27(金) 16:10:16|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

焼津団体戦選考試合

火曜日水曜日と二日間にかけて、来月末静岡県焼津市で行われるレスリング大会団体戦の代表メンバーを決める選考試合が行われました。


20kg、23kg、26kg、30kg、34kg、39kg、45kg、50kg級だったかな!?から各代表1名+補欠1名が選ばれました。選考は各階級毎の総当たり戦による勝率で決められました。
つかさのブログ-焼津選考

一応マナも選考試合させてもらいましたが、前回の試合同様24kg級トリオで総当りじゃ勝ち目なし。

でも、悔し泣きもして良い経験をさせてもらいました。


つかさのブログ-焼津選考

23kg級代表はこの水色パンツの2年生れみちゃん。

全国3位の実力は圧倒的です。


つかさのブログ-焼津選考

↑30kg級はこの3年生4年生4人による熾烈な争い。



つかさのブログ-焼津選考

↑本番さながらのスピード感溢れる動きに、気合を感じました。


つかさのブログ-焼津選考

前列が代表メンバー、後列が補欠メンバー。

去年はいない体重の階級は棄権でしたが、今年は2番目の勝率の子を空いてる階級に持ってきたりしながら、



去年絶対王者のまーが卒業してしまって全国で他を寄せ付けない伝説に残るような絶対王者はいないけど、

人数が増えて選手層が厚くなり、総力的にはAACC始まって以来の超最強チームで挑めそうです。



AACCの羞恥心の一人とされているゼロ君も、いつか一緒に戦えるようになって欲しいなぁ。。。


〈使用機材) EOS1DMarkⅢ + EF85F1.8USM

        
にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ  ← 是非ポチッと励ましてやってください。。。

  1. 2009/02/26(木) 20:54:59|
  2. 格闘技
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バク転の恐怖心を突破!

昨日のレスリングの練習は体操の練習でしたが、そこでゼロ君急にバク転が上達しました。

今日はEOS1DMarkⅢの10コマ/秒連射の威力をご覧下さい(笑)
つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん

つかさのブログ-ばくてん


実はこの画像は昨日カメラを持っていかなかったので今日の練習で改めて撮らせてもらったのですが、

昨日は先生の補助もワンハンドで殆ど手を触れずに回っていました。



今日は練習後ちょっと体力的にもヘトヘトだったかな!?

小学校3年生でバク転の恐怖を取り合えずゼロ君も突破できたので、あとは補助ナシで出来れば



いつでも優勝のバク転の準備完了だ!

いや、それ以外にもジャニーズとか!?それも優勝に匹敵する難関だわ(笑)



しかし、ロンダートも完璧でないのに、ここまで出来たとなると、早くロンダートからバグ転の

コンビネーションが出来るように頑張ってもらわなくちゃ。



もっと色んな運動能力が備わってくれれば、学校の体育でも一目・・・と思いきや、



今は小学校でバク転や倒立をしようもんらな怒られるんですってね。

万が一怪我をされたら・・・って学校側のリスクがそうさせるようです。



「これならオレ誰にも負けない」って自信を持てるものがないゼロ君。



このバク転一つにしても、どんなスポーツを中学高校とやっていくにも、こうした運動能力が育ってくれれば

色んなところで役に立つと思うので、自分の中に早く得意意識が芽生えて欲しいです。

〈使用機材) EOS1DMarkⅢ + EF50F1.8Ⅱ

        
にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ  ← 是非ポチッと励ましてやってください。。。

  1. 2009/02/25(水) 22:19:13|
  2. 格闘技
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

堂島ロール

今日はマスコミに取り上げられて、今や大人気の堂島ロール。

東京に進出したての頃、大阪の知人数十名に、「そんなに有名なの?美味しい?」って聞いたけれど



誰も、「そんなの知らん」という意外な回答が返ってきて、「なるほど、こりゃマスコミを使った戦略か」と

当時ビックリしたもんですが、その後人気は勢いを増す一方だし、手段はどうあれ、この味が消費者に



高く評価されていることは事実ですから、私もこの商品についてはとても高く評価しています。

なんたっていつもは川崎で買うのですが、時間が決められてる上に並ぶので、「銀座がすぐ買えるよ!」



って友達ママのアドバイスで、キャノン銀座に行ったついでに三越へ立ち寄ったら、地下1階の売り場から

エスカレーターの周りをぐるりと行列が一周していました。



土曜日の午前10時半、「開店から30分でこの行列とはスゴイなぁ」とビックリしたのですが、甘かった。

「最後尾はここですか?」と並ぼうとしたら、



「いいえ、只今堂島ロールはあちらの階段から2階へ上がっていただいて約3時間待ちとなります。」

というもっとビックリな回答をいただいてしまいました。



ロールケーキに3時間も並ぶ人が沢山いたけど、私はそんな気にはなれずその日は却下。

で、先日Kiss-Xを買いに行った時に川崎で丁度販売中で10人も並んでいなかったので、先日買えなかったという悔しさがあったがために、必要もないのに買ってしまいました。
つかさのブログ-堂島ロール

↑とりあえずブログのために時間ない中慌てて撮ったのですが、急いで撮るとろくなもんになりません。

クリームはみ出たままだし、紅茶はハッタリの冷たいウーロン茶です(爆)



先日川崎でほとんど並ばず買えた堂島ロール、実にこの店だけで1日3000本以上が売れているそうです。

単純計算でこの店だけで1日軽く400万円以上このロールケーキだけで売上かよ。月商にしたらいくらだよあせる



この不況に驚きです。しかも、この他に予約分があるんだから、日商400万どころじゃない!

これだけ儲かってるのに、さらに去年より値段が200円UPして1200円になってる(@@)



実に強気な商売、羨ましい(TT)

しかも、ケーキなんて原価率なんてどんなに高くても25%以下だ。



鮨屋はいっぱんには原価率45%前後でそれだけでも涙モンなのに、うちなんて60%近く原価率が掛かってしまって、非常に経営が危ない。それでも、「鮨は高い」と言われ売れないのだ。



そんな私から見れば、原価率歩留まりの良い小麦粉商売でこれだけのヒットを飛ばしてるのは、羨ましいを通り越して恐ろしい。仕掛け人のオーナーは、恐らく長者番付モンでしょう。



川崎のように限定数決めてもこれだけ売るんだから、限定数なしの銀座なんていったいいくら売れるんだ?

更に、あそこは余ったスペースにショーケースを置いただけの仮設ブースみたいな場所で、しかも三越からの



出店依頼のはずだから、ロイヤリティも他の店より安いとなれば、もう笑いが止まらない。

しかし、こうした商売は残念ながら短期決戦。



うちのように30年も40年も商売は続けられないでしょう。

でも、贅沢しなければ2~3年ブーム続くだけで十分一生遊んでいけるだけ稼いじゃいますよね!



怖いのはブームという夢の世界で有頂天になって、製造設備を拡大したりしてしまうと大火傷を負うかも知れません。かつては日本で一番売上の多かった鮨屋を経験している我が家は、最もそれを痛感しています。



このオーナーが自社工場なんて作らないで、全部町のケーキ屋さんに委託製造で作らせていれば、

これは相当財産残せますね。



それにしても、年を取るとかつては、「Mr.生クリーム」と言われた私も、みんなが美味しいと行列を作るロールケーキが重たく感じます(汗)





EOS1DMarkⅢ + EF85F1.8USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/24(火) 16:04:15|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

KDXでレスリング撮影をしての印象

今日試合の1日遅れで1DMk3が帰ってきました(^^)


つかさのブログ-KDX

↑記念にKDXと並べて1枚。

1DはKDXの3倍での重さがある上に、同じ1000万画素、しかも値段は10倍違う。



パッと見同じ画素数だし、軽量コンパクトで値段も遥かに安いKDXに軍配は上がりますね。

でも、この2機やっぱり使うと雲泥の差がありました。



今回のレスリングの試合では、どうやったらキレイに撮れるか、色々設定を変えながら使ってみました。


つかさのブログ-KDX

↑KDXで一番難しいのがこの手のクロスプレーアングルです。

AF9点で使ったり、AIサーボで追いかけると、手前の被写体にピントがいってしまいます。



これはワンショットで、AFを中央1点にしてマナにピントを合わせてから、好きな構図にしてシャッターを押したことによりピントはマナに合ったのですが、ご覧の通りシャッターを押す頃には子供達の腕が下がり、マナの姿勢がやや上に向き、わきの下から見えていた顔が隠れてしまいました。



つかさのブログ

↑これはAIサーボですが、審判が前を横切ったことにより、一瞬にしてピントを見失い見事ピンボケ


つかさのブログ

↑これはAF9点を使ってみましたが、やっぱりピントが手前の相手選手のお尻に合ってしまいます。


つかさのブログ

↑これは子供達が左右に回転したり動きが激しい時、AIサーボが追いつかず、手前選手のお尻にピントが来てしまいました。



って感じで、実は結構試行錯誤しました。

が、1Dを使う前まではこれが普通だと思っていました。


しかし、1Dを使ってからAFの精度やクロスプレーなどでも迷わないAFにより飛躍的にボツの写真は減っていました。



でも今回、私自身も1Dという上位機を経験したことで、アマチュア向けのカメラの弱点が見えるようになり

自分なりにカメラの苦手な点をカバー理解しながら撮ることができるようになり、実は1Dを使う前より失敗が少なくなっていました。



ただ、連射速度3コマはあってないような連射なので、スポーツにはNGで、これだけは克服できません。

それとボタンを押してからシャッターが切れるまでのタイムラグがKDXのが遅くて、シャッターチャンスがズレるような印象もありました。



でも、スナップなんかで楽しむ分には10倍の値段差の2つのカメラの優位差は、かなりなくなるかも知れません。

一般にカメラの新機種が出ると画素数や高感度、センサー処理能力など目で見えるスペックの向上で



消費者は、新機種への魅力を感じますが、1DとKDXはその目で見えるスペック上の差はとても10倍の価格差

があるようには見えませんが、なかなか数値化しにくいAF機能は格段に違いがあることを実感しました。



普及機はどんどん画素数やDIGICセンサーの向上など、カタログでも分かり易い数値化された部分でのグレードアップが進んで、1DMk3をとっくに追い越しているのに、このAF性能が採用されないのは、それだけこの地味なAF精度というのがメーカーでもエントリー機には取り入れにくい技術であり、画素数以上に価値のあるものだからなんだなぁと実感しました。



Kissのあの軽さと小ささは普段使いには魅力ですが、きっと2台持っていても、この馬鹿デカくて重く目立つ1Dに手が伸びてしまうんだろうなぁという気が不思議とします。



にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ  ← 是非ポチッと励ましてやってください。。。


  1. 2009/02/23(月) 22:00:59|
  2. カメラ/写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

関東甲信越大会

今日は子供達のレスリングの試合、関東甲信越大会が群馬県館林で行われました。
つかさのブログ-21関東甲信越
↑路面凍結もなく、道は順調、でも会場は寒い(><)

子供たちはすぐに熱気ムンムンでしたが(^^)


つかさのブログ-21関東甲信越

↑我が家の一番手は兄貴のゼロ君。

トーナメントのクジ運がとことん悪いゼロ君、今回もメダル圏内常連の強い子でしたが、そんな情報彼には

入れず、「一生懸命頑張って来い!」と送り出しました。


つかさのブログ-21関東甲信越
↑試合後まもなく足元を救われて、フォールの体制に持っていかれました。

結果はこの1回戦でフォール負けでしたが、最後の最後まで粘ってフォールから必死に逃げようとしている

姿から、彼の必死さがすごく伝わるいい試合でした。


つかさのブログ-21関東甲信越

↑今回はその悔しさが試合後の涙として現れました。

妻の死以来、なかなか気持ちを表に出すことが上手くできないゼロ君が、



大泣きするほどの悔しさを感じたことは、親としては胸が痛み

ますが、また一つ大きな心の成長の一歩を踏んでくれたと思います。



男の子のゼロ君には、今は勝つ喜び以上に負けから沢山のことを学んでくれればそれでいい。

大きくなってから、この経験が彼の人生で大きな力に変わればいいと思います。



それと、1月の試合で30kg級が超ギリギリだったため、今回は33kg級でエントリーしたのですが、

1月の正月太りはスッカリ解消され、今日の計量では朝飯ガッツリ食ってようやく30kgに乗っかった程度のゼロ君。


全然30kg級でよかったのに、元々実力がない上に、33kg級で更に一回り大きな選手と戦う結果となって

しまって、私の判断ミスがあったにも関わらず、よく頑張った!


つかさのブログ-21関東甲信越

↑さて、次は1・2年生24kg級出場のマナ。


つかさのブログ-21関東甲信越
↑互角の対戦相手の子に何度も頭を落として倒そうとしたけれど、力が足りなくてなかなか倒せない。

両者時間いっぱいの攻防を続けましたが、0対0でタイムアップ。



1ポイント先取の延長戦へ。

ここでも、ずっとマナの足を取ろうとする対戦相手の子と、中に入ろうとする対戦相手の頭を落としたり、がぶって自分の体制に持ち込もうとするマナの接戦が続きましたが、最後に自分の判断で首投げを決めて2ポイントを先取しました。



つかさのブログ-21関東甲信越

↑あまりの力の入った闘いに、最後の肝心な投げ技の部分は、「マナ行けーーーーーーーーーーっ!」

と父ちゃん叫んじゃって、シャッター切るの忘れました(爆)


つかさのブログ-21関東甲信越

2年生同級のレミも貫禄の一回戦突破


つかさのブログ-21関東甲信越

先日レスリング功労で地元区長から区長賞を受賞したkoutaもなんなく一回戦突破

24kg級トリオ、3人揃って1回戦突破です(^^)



つかさのブログ-21関東甲信越

↑マナの2回戦目、本人はかなり張り切って試合に臨みました。

相手はとっても強いチームの子。



つかさのブログ-21関東甲信越

↑赤ちゃんの時、ハイハイをしないですぐに歩いたせいか?マナは体幹の力がない。

そこに相手に正面からタックルを受けてしまって見事に飛ばされた。



つかさのブログ-21関東甲信越


↑ショックから泣きが入りながらも、必死に追加点を許すまいと頑張ったんだけど、この軸が弱いマナには

この踏ん張りもかなりの難問で、完全に力負けしちゃいました。

つかさのブログ-21関東甲信越

↑涙を流しながら相手の子と試合後の握手。

前回は、叱ったけれど、今回は前に出る気持ち、メダルが欲しいという彼女なりに立てた目標に向かう気持ち



がしっかり出ていたので、頭を撫でて抱き寄せました。

本人に試合後の気持ちを聞いたら、今回はメダルを取って小学校の先生にメダルを見せたかったんだそうです。



それが出来なくなると思ったら悔しくて涙がいっぱい出てしまったそうです。

マナは幼児期に運よく立て続けに4つメダルを取りましたが、本来相当対戦表の運が良くなければメダルなんて



取れるほど、実力はありません。でも、子供ってそんな自分の実力なんて関係ない。メダルが欲しい。

だから一生懸命戦うんだ。大人になると余計な先入観や損得勘定が頭をかすめるようになるのでしょうが、



子供のこの素直な欲求と、そのために精一杯頑張れる純粋さ、いつまでも持ち続けて欲しいなぁと思います。


つかさのブログ-21関東甲信越


↑今回チームで最後まで試合が長引いたのは、キャプテンけい。

6年生でキャプテンになってから、めきめきと身体が大きくなって実力がついてきた。



この決勝戦でも、終始攻めの姿勢で、後輩達に頑張っている姿を見せてくれました。

0対0の延長戦、結果はある一つの動きで、相手側チームから、「今うちがポイント取っただろ!」



と審判員に物言いを付け、驚いたことに審判員が、その物言いを素直に受け入れ自分達のジャッジをコロッとひっくり返して試合終了。



相手チームは、色んな大会で審判員など色んな仕事で貢献していて、うちのチームはそうした協力ができない

のも影響しているのかも知れない!?



「まぁ、どっちでもそれはいい、そんなギリギリの試合しか出来なかったけいがこれからもっと頑張ればいいんだ。と、その物言いに対してうちのコーチと先生は審判に不服申し立てをしなかった。」



そんな、采配を振るったうちのチームの指導者のいるチームにお世話になっていて良かったと思いました。


つかさのブログ-21関東甲信越
最終的に、今回我がAACCでは17名が参加し、10名がメダルを獲得しました。

こんなスゴイチームメイトと一緒に練習をしているゼロ君とマナちゃんも、みんなの胸を借りて、いつかメダル取れるような強いカラダとココロがつくられていけばいいなぁと思います(^^)


〈使用機材> EOS Kiss-X + EF70-200F2.8L IS USM

        
にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ  ← 是非ポチッと励ましてやってください。。。

  1. 2009/02/22(日) 21:46:19|
  2. 格闘技
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

平日の城南島(鳥編)

やっとこさ、城南島の撮り貯めシリーズ最終章です。

最期は、最近やらた出番の多い「鳥よ鳥よ鳥たちよ♪」です。


つかさのブログ-城南島鳥
↑一枚目からすんません!

完全にパクリです(爆)



arikaさんどうです?こんな感じじゃありません!?



つかさのブログ-城南島鳥
↑これは何て鳥でしょう?

砂浜でよく遊んでる姿を見かけます。


前ピンでデッキにピントがあってるところが、レンズの入院要因になりました。



つかさのブログ-城南島鳥

↑これは公園側にいましたが、キレイというか美味しそうというかとにかく魅力的だったので一枚ポーズ取って貰いました(^^)


つかさのブログ-城南島鳥
↑このあひるみたいなの、カワセミのいる近所の公園の池にもいるのですが、海水淡水両方OKなんですね。


つかさのブログ-城南島鳥

↑最後はどこにでもいる問題児です。

例えば↓「このポチ押すな!」なんて書くと押したくなる人いるみたいですが、私は素直に、「押してくれぇ~(^人^)」です。



EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/21(土) 15:12:55|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

満開!の河津桜とメジロさん

私の仕事場のすぐ近くの公園の河津桜が満開になったので、今年初の桜撮影。


つかさのブログ-河津桜とメジロ

↑クローズアップフィルターでも距離は制限されるけどマクロ撮れます。



つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑本日の狙いはただ河津桜ってのもいいんだけど、午前11時~15分間くらい毎日メジロがこの木にやってくるのを、何度か通ってる内にわかったので、ビンゴ!のタイミングでメジロと桜を撮ってきました。


つかさのブログ-河津桜とメジロ


↑なんて桜と相性のいい鳥さんなんでしょう。

つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑強風で寒かったし来ないかなぁと思いましたが、花の蜜でも吸うのですかね!?

必ず夫婦で来るみたいです。



つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑枝の先で風を受けている姿もカッコイイ。


つかさのブログ-河津桜とメジロ

↑渋谷のヤマンバギャルやアダモちゃんに負けないくらいスゴイアイライン


つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑もうちょっと優しい表情をしてくれると、もっと桜とマッチするのですが、目がキツイ。

ウグイスだったらもっと優しい顔なんですかねぇ!?


つかさのブログ-河津桜とメジロ

↑アイラインが垂れ目になってれば少しはかわいいのかな!?

つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑でも、ピンクとこのウグイス色がなんとも美しいし、これに光がバッチリ合えば、やっぱり素人でもいいなぁと思う絵になります。


つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑やっと夫婦を捉えました。

でも、もうちょっとキッチリ絞った方が良かったかな!?


こんな写真並べると、さぞ桜のキレイな公園!?

ってイメージするでしょうが、実は駅前のこんな公園なんです(爆)


つかさのブログ-河津桜とメジロ
↑ね、左が線路、右が歩道、公園らしい仕切りもなく、ただ線路沿いに長~い公園です。


つかさのブログ-河津桜とメジロ

↑ちょっと電車が通ればウルサイ!風もスゴイ!

寄って撮らなければ所詮は東京なんです。



さて、レンズと一緒に入院しているはずの私の1D。

代わりのカメラを貸してくれるあてもなく、オークションで2万くらいでKiss-Nあたりを・・・

なんて考えていたのですが、某量販店で見切り品のKiss-Xに出会ってしまい、あまりの安さに衝動買い。

さっそく試し撮りしてみたわけです。

っても、Kiss-Xは私のデジイチデビュー機種なので勝手知ったるや。。。と思いきや、すっかり使い方

忘れていて、なかなか設定も馴染めない(苦笑)



ピントもなんかやっぱり違うし、とにかく小さくてホールド感が安定しない。

Lレンズをつけるとかなり前重心になります。


そして驚いたのが、ボタンを押してからシャッターが切れるまでのタイムラグって言うんですか?

気のせいかも知れないけど、なんか違うんです。



子供達と親子カメラするために、1台あってもいいなぁと言う気もしますが、来週にはオークション出しちゃおうかなぁとも思います。安かったので上手くいけば1年メーカー保証付きだから買値より高く付く可能性大だし。



それまでは、ちょっとこのカワイイカメラにお世話になります。

でも、40D→1DMkⅢとランクアップしてしまった今、このカメラでレスリングなんてかなり無謀と思います。



連射なんてあってないような速度だし、今回はワンショット狙いで行くしかないって感じです(^^)

画素数私の1Dと同じ1010万画素だけど、値段は1/10、写りも比べると違う。

デジタルカメラは画素数だけじゃないって実感します。


EOS Kiss-X + EF70-200F2.8 LIS USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/20(金) 18:07:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

河津桜とメジロさん

東京でもこんな春っぽい景色が見られるようになってきました。

IMG_0092.JPG

IMG_0128.JPG

IMG_0173.JPG

でも、この桜やメジロ、青空の撮影場所がまさかこんな駅前の線路沿いにある、何もない公園とは思わないでしょ(^^)

IMG_0249.JPG
  1. 2009/02/20(金) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

平日の城南島(人)

季節外れの平日の城南島ってのも結構いいですね(^^)


つかさのブログ-城南島(人)


静かで、波の音だけが響いて・・・

つかさのブログ-城南島(人)


カップルには特に歩きやすいのかな!?



つかさのブログ-城南島(人)


家族でも、夏とは違ったほのぼのした空気が流れていました。

いいな、家族♪

EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/19(木) 21:47:42|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マナの誕生日から始まるオヤジの葛藤(3)

病院に着くなり医師から説明がありました。

『ずっと経過も良く、「来週からは一般病棟に移すからベッド空けて置くように」、と産科スタッフに連絡したところだったのに・・・』



「なんだ?また手術か?」私にはその意味がすぐに飲み込めませんでした。

これまで数々の合併症を乗り越えて、最後の山のMRSAも乗り切って、妻は妻に襲い掛かった全てのリスクを



乗り越えたというのに、3月4日に日付が変わったと同時に、突然心拍が落ちてしまったのでした。





「何度も何度も蘇生処置を行ったのに、全く帰ってきてくれないんです。」

毎日死と直面している救命医が目にうっすらと涙を浮かべながら感情的に私に懸命に説明しました。





医師等が最期を看取るための準備を整えて、1時に到着した私の面会が許されたのは午前3時でした。

私の目の前に映った妻の姿は、すでに医師も全てを尽くし、最終的に私に看取らせるために通常量の10倍の昇圧剤を投与して薬で心臓を動かしているだけの妻の姿でした。



自発呼吸に切り替わっていた呼吸は、再び機械による強制呼吸で一定のリズムで吸気と排気が繰り返され、

目を閉じたまま静かに眠る妻の周りは様々な医療機器の音だけが響いていました。



「もうダメなのか?」

「もう一度奇跡起こせよ!」

「死ぬなよ!」

「帰って来い!」

「子供達が待ってるんだよ!」

「退院して、暖かくなったらディズニーランド行こうって言っただろ!」



何を話しかけても、もう日付が変わる前の時みたいに目を開いてくれません。

30分、1時間と時間が経過すると共に、140拍以上あった脈拍は100を切り、80、70、60とゆっくりと落ちていきました。



「先生、もう本当にダメなんですか?」

私の涙ながらの問いに、医師も涙を堪え、隠すように頷きながら後ろに振り返りました。



機械と薬で心臓を動かされてるだけの妻に何を話しても聞こえないであろうことは分かっていたけど、

残された僅かな時間を私は話し続けました。



出産入院の前風邪を引いていたゼロ君の様子や、赤ちゃんのこと、友達のこと、出会ってからの思い出・・・

ずっと話し続けました。



それでも、妻の脈拍も血圧も一定の速度で下がり続け、全くそのペースが乱れることはありませんでした。

脈拍も血圧も0に近づいたころ、私は妻にハッキリ言いました。


「二人の子供達のことは心配しなくていいぞ、オレに任せろ」


そして最期に、私は妻の手を強く握り

「じゃあな、ありがとう。。。」、と言ってお別れのキスをしました。



3月4日午前4時49分妻の心臓は静かに止まり、永遠の眠りにつきました。




私は一緒に最期を看取った義父に頭を下げました。

妻が19歳の時に母親を亡くしています。義父にとって妻は義母が残してくれた大切な唯一の一人娘。



私はその大切な命を失ってしまいました。子供達の大切なママを引き止めることが出来ませんでした。


*****************************************


最終的な処置を終え、6時過ぎに私は霊安室に通されました。

まだ、僅かながらに体温が残っていました。



再び救命センターの担当医が来て、私に言いました。

「この病院でも過去に例がないくらい奥さん頑張ってこられて、あと少しだったのに残念です。」

「これは強制ではないのですが、出来れば奥さんの病理解剖をして、死因をハッキリさせたいのですがどうでしょう?」というものだった。



この19日間の間に6回もメスを入れて、既にボロボロの妻の体に再び死んでからもメスを入れることは

正直ためらいましたが、私はキチンと妻の戦った全てを知っておかなくてはならないと思い、解剖をお願いしました。



後で知った話ですが、救命センター医師は直感的に医療過誤を視野に入れ、私がいざ訴訟で戦うことになったときに、キチンと情報が残っているように病理解剖を勧めてくれていたのでした。



解剖が終わるのは10時~11時くらいになるということだったので、ゼロ君のことも心配だったし私は一度実家へ帰って身支度を整えようと思いました。



3月4日午前7時、病院から出ると眩しいくらいの青空が広がっていました。

少しひんやりした空気の中にも春が感じられ始めていました。



「この病院に搬送された時は、まだ真冬の寒さだったのに、いつの間にか季節が変わろうとしてるんだなぁ」

悲しいはずなのに、私はなぜか肩の荷が軽くなったような感じがし、大きく深呼吸をして駅に向かいました。




(あれ、今回で終わるつもりだったのですが、まだ話が切れなくなっちゃいました)


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m
  1. 2009/02/19(木) 21:36:04|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

平日の城南島(飛行機編)

撮りダメ、平日の城南島、船の次は飛行機です。

船も去ることながら飛行機もかなり忙しいですね。



山手線のように引っ切り無しでした。
つかさのブログ-飛行機

↑ピンズレレンズでスミマセン。

でも、離陸寸前の飛行機はマニアでなくてもカッコイイなぁと思います。


つかさのブログ-飛行機
↑これ実は飛行機よりも、この沈みそうなタグボートに目を奪われました。

これが普通なんですかね!?



つかさのブログ-飛行機
↑ポケモンも毎日何回か行ったり来たりしてるみたい。。。



つかさのブログ-飛行機

↑飛行機の腹って、カレイやヒラメ、コチと言った砂底の魚をひっくり返した姿にそっくりだと板前は気づいた(@@)


つかさのブログ-飛行機
↑月に向かって飛んで行け!
つかさのブログ-飛行機

↑いつか月旅行がこんな風に当たり前になる日が来るのかなぁ。。。

小さい頃のゼロ君は、ママが一番星にいるって信じていたので、きっとそんな飛行機があったら



当時乗りたがっただろうなぁ。

40のオッサンだって、そんな非現実的な想像働かせてワクワクするくらいですから(苦笑)


EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/18(水) 17:13:11|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一休み「あ~っ!」

先日カワセミを撮りに行った時、目の前で亀がこの段差を見事にジャンプで上がって甲羅干しした(ノ゚ο゚)ノ

それだけでもビックリだっつうのに、余裕かまして伸びまでしよった((゚m゚;)



亀がこんなに背筋伸ばして伸びしてるの初めて見ました。

それもこんな絶妙なバランスで(笑)


つかさのブログ

ずーっと、「変だなぁ」と思っていたEF35-350F3.5-5.6 L USMを昨日銀座のキャノンに連れて行きました。

どうやら予想どおり、前ピンっぽいです。


ということで、1Dも付き添いで一緒に1週間の入院となりました・°・(ノД`)・°・

こういう時サブカメラのない、アマチュアは不便ですね。



でも、日曜日には子供達のレスリングの試合なんだよなぁ。。。

カメラ借してもらわなくちゃ(汗)ってもレンズは結構借りることできますが、カメラはみんな1台体制だから



ちょっと気が引けたりもするんですよね(苦笑)



EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/17(火) 16:13:23|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マナの誕生日から始まるオヤジの葛藤(2)

(1)からの続きです。



その前に、前回のハートの花びらの花をちょっと引いて撮ったのがこの花です(^^)
つかさのブログ-バレンタイン花

つかさのブログ-バレンタイン花

写真のみの方はこちらで、是非ポチとお願いします(^^)

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


午前1時私はタクシーで夜中の首都高を飛ばして30分ほどの妻がいるERへ到着。

ムンテラの後手術の同意書にサインをして、さっそく妻の緊急オペが行われました。



意識も戻らない全ての臓器が不全状態の身体で、こんな大きな手術を2度も受けるなんて・・・

しかし、この手術でも妻は生きて帰ってきました。



なのに、多臓器不全状態で血圧も昇圧剤でかろうじて80/79、脈拍160/秒と言った具合に上と下の

血圧差もなく自分で呼吸することもできない、ただ医療機器の力で自力回復するまで命をつないでも



らっているだけの身体なのに、妻の心臓は全力で動き続けているにも関わらず、次々と試練は襲ってきました。

2日続けての手術で、次の日には少し落ち着いたと思ったら、再び今度は左の肝臓から出血をし、



また、緊急手術、そして今度こそ大丈夫と思われたにも関わらず、その次の日には今度は右の肝臓が

破裂して出血。出血性ショック、DICによる多臓器不全による合併症が次々襲ってきて、



結局9日で6回の緊急手術が行われました。

これだけ短期間にこれだけの手術をしたのは、この救命救急センターの歴史上最高の回数で、



それを乗り越えて帰ってきた生命力は、子供を生んだ母親だから成せた生命力だと医師も言っていました。

これまで、日曜日に両親やゼロ君と面会に行った時に、面会時間まで待合室で待ってる最中に携帯が鳴って



再び緊急手術で、せっかくの面会が緊張の時間に一変してしまったり、ある時は、朝の面会の一声で

「つかささん奥さん排泄がありましたよ!」と先生も興奮気味に伝えてくれた矢先だった



のに、病院のランドリーで汚れたT帯を涙を流しながら洗濯をしている最中に、無常にも携帯が鳴り、

呼び出され、これまでの回復もご破算になってしまったり、精神的に私もかなり打ちのめされました。



でも、妻の心臓が動き続ける限り、医師も「何度でも戦います。」と言ってくれた言葉に、私も輸血の感染リスクがあろうが、どんな後遺症が残ろうが全てを受け入れ、とにかく2人で生きて病院を出るんだという強い気持ちが湧いてきました。



妻のお腹の傷はすでに前回帝王切開の子宮下部の横の傷から、胸のほうに肋骨の手前まで縦に切られ、

更に、へその上で肝臓に向けて右と左にも切られ大きな傷跡が残っていました。



この病院に来てから、一度も意識を回復していない妻はそんな傷があることも、子宮がなくなったことも知らない。それどころか、これだけの大きなショックから、記憶がどこまで残っているかも定かではなく、自分が出産したことすら覚えている保証がない状態でした。



幸い、6回の手術を乗り越えてからは、どうにか出血も止まり、透析も24時間連続の負担の少ないものから

透析効果の高い一般の透析に耐えられるほどまで体力が回復していきました。



再び排泄も見られるようになり、完全に0だった腎機能も日に日に回復して尿の量も増えていきました。

そして、連続での麻酔やモルヒネの投与が終了し、10種類以上の点滴が吊るされていたスタンドも数種に減り、



吐血も下血も、鼻からの微出血も全て止まり、いよいよ回復方向に向かい始めた実感を持ちました。

でも、尿は出ても腎機能がまだまだですから、水分が体外に出せない分全身は浮腫み、顔は瞼が塞がり



鼻が見えなくなるくらい、2倍以上にパンパンに腫れ上がり、指先もパンパン、舌まで浮腫んで

いるので、見た目は全く妻とわからないくらいだし、とても快方に向かってるようには見えません。



でも、脂肪に蓄積された麻酔成分が抜けないため、ハッキリした意識回復はなかったものの、

朦朧とした中、時折こちらの呼びかけにうっすら目を開けて、口をパクパクと動かせるほどになりました。



2月末には希釈した液状食を胃に送り込むことも出来るようになり、医師も今度こそはもうすぐ一般病棟に

移れると確信したようで、私にも笑顔を見せてくれるようになりました。



が、その矢先、今度はMRSAに感染。



これは抗生物質耐性を持った黄色ブドウ球菌で、こうした重篤な病状で体力の弱った患者さんに感染する病気で、妻もなんとか体力がつくまで感染しないようにと、医師があの手この手で色んな薬を投与しながら、感染を遅らせてきましたが、ここへ来て感染してしまい、隔離病室へ移されました。



子宮破裂という一つのトラブルから、出血性ショック、DIC、心肺停止、となり、多臓器不全という合併症を伴い

もはや子宮の傷という、産科だけの領域ではなく、脳から循環器、呼吸器まで全ての病気と戦わなくてはならなくなってしまった。本当に地獄です。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3月3日、マナが入院している病院へ午前中行き、義父が買ってくれた、「小さな立ち雛」でマナの初節句を

祝いました。「ママ頑張って病気と戦ってるからね。」と話しかけ、ママの入院でずっと看護婦さんに育てて



もらって頑張っているマナを家族みんなで祝いました。

そして夕方の妻の面会で、「今日みんなで赤ちゃんの初節句のお祝いしてきたからね」って話すと



妻は、再びうっすら目を開けて何か語りかけようとしてくれました。

喉を切開して呼吸器をつけているため声を聞くことはできませんでしたが、きっと妻は赤ちゃんを産んだことも



今自分が子宮破裂を起こして入院していることも、もちろん自分が誰であるかも、全てわかっていると思いました。そして、日に日に増えるこちらの問いかけに対する反応に、明るい気分になり、久しぶりに晴れた気分で



帰宅しました。ママはずっといないし、度々目覚めるといなくなっていたパパに不安定になっていたゼロ君

を寝かしつけ、「明日の面会ではどんな表情を見せてくれるんだろう・・・」と楽しみにしながら、布団に入ると



再び携帯が鳴ってしまった。

これまでの電話でも散々胃が引き裂かれるような強い衝撃を受けてきたけど、今回は違う。



震えた。全身の血の気が引いていくのが分かった。

急いで目の前にあるものに着替え、外に出て急いでタクシーを止めた。



行き先を伝えたくても震えで上手く言葉がでません。

タクシーの中でもずっと震えが止まりません。



決して寒いわけじゃないのに。

背中から冷たい冷気を感じました・・・・






(もう一回つづきにさせてください)


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m
  1. 2009/02/16(月) 19:19:07|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誕生日翌日

誕生日翌日の今日はバレンタイン同様ポカポカ陽気という予報だったので、子供達外で遊ばせたい

とおもったのですが、私が案の定一睡も出来ず体調不良のため、いつもの同じマンションの仲良し



3人組で遊びました。ゼロもマンション内の友達と男同士で遊び。

親はラクです(^^)



さて、今日もEF35-350の試し撮り。

地下の吹き抜けテラスなので、屋外日陰に近い条件です。



F3.5-5.6の10倍高倍率ズームですが、やっぱり自分の納得いく画質には届きません。
つかさのブログ-35-350

↑露出アンダーにしたりISO感度上げたりしたけど、ちょっと暗いとシャッター速度がとにかく上がらないのです(汗)

Tv(シャッター速度)
1/60 秒
Av(絞り数値)
F5.0
測光方式
部分測光
露出補正
-2/3
ISO感度
800
レンズ
EF35-350mm f/3.5-5.6L USM
焦点距離
170.0 mm



つかさのブログ-35-350
↑テラス内のカフェでの写真ですが、そんなに暗いわけでもないのですが、これだけの設定にしてもTvはこんなもんですね。問題は画質。一見これはまともに見えますが、まつ毛とか細部を見るとやっぱり甘くて映りません。

Tv(シャッター速度)
1/40 秒
Av(絞り数値)
F5.6
測光方式
部分測光
露出補正
-2/3
ISO感度
1250
レンズ
EF35-350mm f/3.5-5.6L USM
焦点距離
250.0 mm


つかさのブログ-35-350

↑何やら相談する3人。う~んもっとシャープだったらなぁ。。。

Tv(シャッター速度)
1/60 秒
Av(絞り数値)
F5.0
測光方式
部分測光
露出補正
-2/3
ISO感度
1250
レンズ
EF35-350mm f/3.5-5.6L USM
焦点距離
100.0 mm
つかさのブログ-35-350
↑焦点距離問わずでなかなか難しいレンズです。

このレンズが使えるのは晴天の屋外のみですね。


Tv(シャッター速度)
1/20 秒
Av(絞り数値)
F3.5
測光方式
部分測光
露出補正
-2/3
ISO感度
1250
レンズ
EF35-350mm f/3.5-5.6L USM
焦点距離
35.0 mm


適正シャッター速度を保つというのは、すっごく難しいなぁと手振れ補正ナシレンズを持って痛感。

この画質の甘さはシャッター速度不足か、ピンズレか、レンズ解像度の問題か?


ハッキリした原因がわかりませんが、2週間の付き合いでしたが嫁に出す準備考えてます。

中古は大きな損失は少なく、色んなレンズの経験が出来て、それはそれで良いかもです(^^)


EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/15(日) 21:52:54|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マナの誕生日から始まるオヤジの葛藤(1)

こちらは前回のマナの誕生日の続きで、私にとって複雑な誕生日の裏側の話です。

今回は写真ではなく、ブログ状態ですから、すっごい長いし複雑ですから文字苦手な方は↓画像までで以下スルーしてくださいね。



つかさのブログ-バレンタイン花

つかさのブログ-バレンタイン花

つかさのブログ-バレンタイン花

バレンタインデーと言えばハートドキドキ

ってことで、知人からマクロレンズを借りて花びらでハートを表現してみました。



EOS1DMarkⅢ + EF100F2.8Macro USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m



では、「ことぶきつかさ」のココロの中に見える光景を少し公開します。

今日は世間はバレンタインデーですが、我が家にとってはマナの7歳の誕生日ラブラブ

マナが生れたのは平成14年2月14日午後7時5分、VBACという(前回帝王切開をした妊婦さんが普通分娩で



出産する方法)で生れました。分娩当日、

「3700g以上の大きな赤ちゃんなら、前回切った部分が破裂する危険性があるのでまた帝王切開をしてもらいますが、今見た感じだと3100g~3300gの間だから、十分経膣分娩で産めますよ。」



と主治医に診断してもらい、入院後の陣痛の経過も順調に進み、昼に入院・破膜、午後6時半に分娩代へ移り、それからわずか30分ほどでマナは無事生れました。



出産後の妻の出血量が多く、5分後には1000ccに達し、30分後には2000ccに達しました。

主治医も子宮の破裂を疑ったものの、よくわからなかったようで、私には「ちょっと出血が多くて今分娩台で休んでもらっています。」



と説明がありました。しかし、急激な血圧低下により寒さと吐き気を訴えながら、妻の意識レベルはどんどん低下していき、意識が消えかかると必死に悲鳴をあげるようになりました。



そして1時間後に医師は、ERへの救急搬送を決断。

「つかささん奥さんちょっとうちでは診きれないかも知れないので、大きい病院に搬送しますね。」と言われ、私とゼロ君は車で、後から病院へ駆けつけました。



しかし、一方で事態は深刻化していました。救急車へ乗せたと同時に妻の心肺は停止し、救急車内で気道確保、心臓マッサージが行われたようです。



救急病院では、搬送手続きもしないまま外で待っていた産婦人科スタッフにより、8階産婦人科処置室へ運ばれました。



ゼロ君と私は、まだその事態を知らないまま、産婦人科病棟へ。

しばらくしてから、私は救急病院産婦人科医に呼ばれて状況説明を受け、処置室へ通されました。




私の目の前に映った光景は、10名以上の医師とその倍以上の看護師が慌しく妻の周りを囲み、身包みを剥がされ、全身からチアノーゼが出て蒼白になり全く動かない妻の姿でした。



物々しい医療機器の警報音、医師、スタッフから伝わる緊張感、脳に酸素を送り続けるため気道・呼吸確保のために頭の方で処置を進めるチーム、輸血や心臓マッサージなど蘇生処置を行うために胸の周辺で処置をすすめるチーム、下半身で出血具合や産科処置を行うチームと3つのチームに分かれて、産科と救命センター医師が全力で処置を行っていました。



そして、数分後には電気ショックが用意され、電気がチャージされる甲高い音がピークに達すると同時に妻の身体が大きくうねりました。数回、ショックを与えどうにか心臓が動き始めたようです。



娘の誕生という大きな喜びから一転して、地獄絵を目の当たりにした私は、極度の恐怖感から

目の前にいる妻に声を掛けたい、叫びたいのに、声も出ない状態になりました。



私ができたことは、何度も何度も力を入れて震えを抑え、大きく呼吸してようやく、震えたか細い声で、

「ガンバレ!」とたった4文字の言葉を声に出すことだけでした。



妻はやはり子宮破裂を起こしており、2000ccの外出血の他、お腹の中でも1000ccの出血がありました。

人間の身体に流れている血液は5000ccほどですから、身体の半分以上の血液が流れ出てしまった状態だったのです。



普通の出血の場合1000ccも出血があれば、死に直結ですが、妊婦さんの場合は2000ccくらいの出血があっても十分生きられる力があるそうですが、さすがに3000cc以上の出血は人間の限界を超えています。



妻は処置室に運ばれたものの、非常に状態が悪く手術室に運ぶことすら出来ない状況で、

私が見たのは、蘇生して、なんとか手術室へ運べるレベルまで状態を持っていくところだったようです。



妻は心臓は動き出したものの、血圧は上が30にも届かないレベルまで下がっていて、心臓に血液がまわらず

空打ち状態になっていました。



大量の輸血が用意されましたが、妻の血管は極度の出血によりすでに塞がっていて針が通らない状態になっていて、心臓に近い大動脈に針を刺してポンピングしながら輸血を流し込む処置が行われました。



しかし、子宮破裂を起こして子宮動脈から出血している妻の身体は、入れた輸血がそのまま流れてしまう繰り返し。更に、大出血によるショックでDIC(藩主性血液凝固症候群)という血液凝固機能がなくなり、血がサラサラになってしまう状態になっている身体は、本来の粘りのある血液以上に勢いよく流れ出てしまい、止血が一向にできなくなってしまいます。



搬送から2時間只管輸血を続けながら、どうにか手術室へ移動できる状態になったものの、身体の半分以上は三途の川を渡った状況で、どこまで処置が出来るか?DICを起こしている身体にメスを入れることは、更に出血を増やす結果を導くため一般には禁忌ですが、とにかく破裂した子宮を摘出して止血処置をしなくてはならないため選択の余地はありませんでした。


******************************************************


手術は7時間にも及び、朝5時過ぎに妻は生きて手術室から出てきてくれました。

しかし、妻の手術は子宮を摘出する処置までは出来たものの、重度のDICが続いているため完全に出血を止めることができず、「これ以上は処置を繰り返しても無理」と医師が判断し手術を終えたに過ぎず、これからの本人の回復力次第という結果になりました。



ICUに運ばれた妻は、全く別人の姿になっていました。

神経が麻痺しているため顔は変形し、瞬きすら自分ではできないため瞳は涙が乾いて膜が出来ていました。



DICにより鼻や口、傷、膣などあらゆる部分から出血が見られました。

この段階では説明がありませんでしたが、医師も気道確保し酸素を送り続けたものの、どの程度脳にダメージがあるか全くわからなかったため、早く麻酔から目を覚まして状態を確認したかったそうです。



本来なら死は免れず、良くても植物状態というのが医者の予想でしたが、とにかく妻の心臓は動き続け、

返ってきました。そして麻酔が覚めるまでに、応援で来ていた救命センター医師が相当何回も顔を叩いて



神経の回復を図ってくれたようで、昼までには顔面の麻痺がかなり改善されました。

しかし、それ自体は快方とは全く別物で、生存率は1%も上がったわけではありません。



ただ、麻酔が切れ掛かった時妻が痛がる表情を見せたため、救命医も驚きながら「この患者さんは救えるかも」

と感じ、本来なら産婦人科に搬送された患者は産婦人科で診るというのが鉄則ですが、



病院の規則を超えて、特例で全身管理が行える救急救命センターへ転科し、3階の救命センターへ午後ベッドが移されました。



私も夕方には帰宅許可が出て、一時ゼロ君がいる実家へ戻りました。

ゼロ君実は、妻の出産直前から40度近い高熱が出ていました。



かなりナーバスだったようですが、9時にはどうにか寝付かせることが出来、私も一安心して店に行き、

仕事の整理を少しして、0時少し前に戻ってゼロ君の寝顔を見ながら明日に備えて寝ようと布団に入ると



突然携帯が鳴りました。妻が再び出血を起こしてしまったようで、腹腔内に血が貯まってるのが見えるから、

緊急手術を行うので、至急病院へ来るようにという内容でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちょっと苦しくなってきたので、(続く)ということで失礼します








にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m
  1. 2009/02/15(日) 01:30:37|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マナの忙しい誕生日

今日は世間ではバレンタインデーですが、我が家ではマナの7歳の誕生日。

しかし、世間の風習でこの日に生れたマナの誕生日は忙しい。


つかさのブログ-愛7歳誕生日
↑レタッチできないもんで、苦し紛れにこんな小細工でごまかしてしまいました(><)

ケーキはマナの希望でガトーショコラドキドキ


つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑誕生日でも日中はレスリングの練習とスイミング、精一杯カラダを動かしてます。

つかさのブログ-愛7歳誕生日
↑レスリングの練習後は、2年生のレミちゃんと男の子にチョコレート配り。

マナは誕生日に、みんなにチョコレートを配らなくてはならないのです(^▽^;)



つかさのブログ-愛7歳誕生日

マナが生れた7時5分に合わせて、家族で小さな誕生会の始まりです(^^)



つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑マナも今日が誕生日と知ってるだけに、朝からこの時間が待ち遠しかったようです。


つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑あまり上品な画ではありませんが、大好きなガトーショコラ豪快に食べました。


つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑こんな時にもTVについ目を奪われちゃうんですね。


つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑ばあちゃんからのプレゼントはリクエストの腕時計。

お兄ちゃんが時計の読み方覚えるのと一緒に、アナログの読み方をすっかり覚えてしまい、

急に腕時計への物欲が湧いたそうです。



つかさのブログ-愛7歳誕生日

↑パパからは太鼓の達人DS。

あんまりゲームにハマる子ではないのですが、このソフトは欲しかったようです。


つかさのブログ-愛7歳誕生日

ささやかに行われたマナの誕生日。

子供達はそれなりに楽しんでくれたようです。



でも、私は心から笑ったことがない。

毎年この日から複雑な想いとの葛藤が、私の胸中で始まります。ゴメンよマナ(_ _。)


EOS1DMarkⅢ + EF24-70F2.8 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/14(土) 20:42:06|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

|ちゃんの誕生日

巷でバレンタインの今日は、我が家にとっては娘の誕生日。
7歳を無事迎えました。


それは同時に私がシングルファザーになって7年ってことにもなります。
今の時代の子育てに最も苦労するのは金。


給料を貰える身以上に、会社を経営するものには厳しい風が吹いています。
今は1日1日をなんとか乗り越えられるようにと祈りながら迎える日々です。


*チョコレートの画像はいろんなブログでUPされてるだろうから
うちはバレンタインをハートの花びらで表現してみました。

008X0203.jpg
008X0211.jpg
008X0209.JPG
  1. 2009/02/14(土) 00:00:00|
  2. 子供の成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

平日の城南島(船編)

ほんの30分ほどしか時間が取れませんでしたが、平日の城南島一気撮りしてみました。

休日とは違った静かな公園でしたが、海はかなり忙しい様子でした。



と言うことで一発目は船!
つかさのブログ-平日の城南島 ↑全体ももちろん写せたのですが、やっぱり船首の水しぶきが魅力的でした。

つかさのブログ-平日の城南島
↑同じ時間に撮っても太陽の向きやコントラストをあげたりして雰囲気変わるもんですね。


つかさのブログ-平日の城南島
↑船と言っても結構色んなお仕事の種類があるみたいですね。


つかさのブログ-平日の城南島

つかさのブログ-平日の城南島
↑この船は「はとさん」なんですね(^^)


つかさのブログ-平日の城南島
↑城南島はコンテナ埠頭なので、こんな立派な貨物船も行き来します。

真ん中にいる人、よく見るとちょっと白いレンズが見えてます。多分航空マニア!?


つかさのブログ-平日の城南島

つかさのブログ-平日の城南島

↑こっちは赤を強くして夕方っぽくしてみました。



今日は男っぽ~い写真になりました。

さすがにカワセミと違ってのんびり1コマずつシャッターが切れました(^^)



こんだけ被写体がデカイとさすがにピントが合います(爆)

EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/13(金) 18:54:00|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

またカワセミ撮りに行っちゃいました

EF35-350F3.5-5.6 L USMのレンズ性能を試すべくという名目もありますが、カワセミの魅力に取り付かれて

また、近所の公園にカワセミを撮りに行ってきました。



ここの公園のカワセミが何時にどの場所で狩りをするのか、大体行動が読めるようになりました。

カワセミの飛行ダイブはやっぱりワクワクします。


つかさのブログ-カワセミ
↑非常に敏感な鳥で、本格的にカワセミを撮る人はどうやら428クラスのレンズに1.4テレコンなど装備して

35mm換算で600-900mmと言った超高望遠で撮って、それを更にトリミングするみたいですね。



確かにこれは面白い被写体ですが、撮影に行っても1~1.5時間しか時間ないし、

鳥に本格的にハマる予定はないので、私はズームレンズで出来る範囲で楽しみたいと思っています。


つかさのブログ-カワセミ
↑手すりから手すりへの平行飛行の瞬間を捉えました。

SS稼ぐためにどうしても高感度設定になるので粗いです。


つかさのブログ-カワセミ
↑これは枝からのダイブの瞬間。

翼を閉じて水中の獲物へ特攻体制、瞬間を捉えるとこんなスゴイ体制なのですね。


つかさのブログ-カワセミ

↑翼を僅かに広げて舵取りしながら水中へ突っ込んで行きます。


つかさのブログ-カワセミ
↑ちょっとこのレンズ気になったのは、もしかして前ピン!?とも思ってます。

素人の私にはハッキリわからないし、キャノンSCで確認調整出すと12000円も取られてしまうので、諦めました。



が、1Dはやっぱりスゴイ!カメラにレンズ毎のピント調整が出来る機能が搭載されてるんですね。

ちょっといじってみてるんですが、あんまりよくわからない(;´▽`A``



あと、こうした小物の被写体に対するレンズの相性とか、高倍率ズーム故の解像度の問題などもあるのでしょうか?ちょっとトリミングしてもこんなに汚い画像になってしまうし、Lレンズと言ってもやっぱり10倍の高倍率というのは無理があるのかな!?



70-200とか3、4倍ズームと明らかに画質が違います。

とにかくもっと沢山色んなモノを撮って、経験積んでみようと思います。



EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/12(木) 20:42:19|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ゼロ君3年ぶりの再会

今日はレスリングの試合の日でしたが、我が家は今回不出場なのでゼロ君の保育園の友達とパーティ。

保育園から一人違う学校に入ったゼロ君にとっては卒園依頼、実に3年ぶりにみんなと再会です。



キッカケは、この中の友達の一人のひかちゃんがよく、「ゼロ君に会いたい」と今でもたま~に店に顔出してくれたりしていて、ママが遊ぶ機会つくりたいと言っていたのを別のママから聞いて、私の方から招待しました。



つかさのブログ-玲保育園の友達と

3年という時間は子供にとっては、大人の10年にも匹敵する長い時間だと思ったのですが、子供達はそれぞれ親から見れば見違えるほど成長した姿に変わったにも関わらず、昨日の友のようにすんなり仲良く

カンパ~イо(ж>▽<)y ☆


つかさのブログ-玲保育園の友達と

やっぱり「友達」という意識が芽生える前の赤ちゃん時代から6歳まで付き合った友達との絆は最強の強さなんですね。誰一人と忘れることなく、みんな和気藹々と楽しそうにしていました。(^^)
つかさのブログ-玲保育園の友達と

ひかちゃんは昨晩興奮し過ぎて、あまり眠れなかったそうですγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


つかさのブログ-玲保育園の友達と

今回はゼロ君が仲良かった友達+親同士仲良くしていた家族のみ、6家族と話しやすい人数だったので親も話に花が咲き楽しい時間を過ごせました(^^)


つかさのブログ-玲保育園の友達と

予想通り食事はほどほどで、子供達はさっそくゲームに外遊びに大忙しあせる


つかさのブログ-玲保育園の友達と

つかさのブログ-玲保育園の友達と

↑6家族の中でゼロ君同様、みんなと別の学校に行ったすーちゃんと厚く語り合ってます


つかさのブログ-玲保育園の友達と

つかさのブログ-玲保育園の友達と

つかさのブログ-玲保育園の友達と

↑9歳にして9年の付き合いの友人は、この先もずっと付き合いを続けて行ってくれるのかな!?



(余談)5DMarkⅡの高感度の美しさを見てしまうと、やっぱり1Dと言えどもISO3200の画質は厳しいですね。

EOS1DMarkⅢ + EF24-70mmF2.8L USM EF70-200mmF2.8L IS USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/11(水) 20:08:05|
  2. 子供の友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

登校

今日の写真は子供達の登校風景学校

うちのマンションは幸い550世帯の大きなマンションなので、同級生同士が1階で待ち合わせて一緒に登校します。


つかさのブログ-登校
↑ゼロ君たち3年生。

大分小学生姿も様になってます。



ついこの間まで幼児、ピカピカの一年生と思っていたのに、すっかりガキになってますね(^^)

彼らは4人で登校、1階のマッサージルームでTVを見ながら待ち合わせて、全員揃うとススーッと行ってしまいました。



つかさのブログ-登校

↑マナ達1年生の女の子は6人で登校しています。

ソファラウンジで待ち合わせ。


つかさのブログ-登校
↑時間を決めていたのですが、早い子はどんどん早く来るようになってしまって最初に来る子から全員が揃うまで15分くらいここで、みんなを待ちながらおしゃべり。


つかさのブログ-登校
↑女の子のランドセルはカラフルで可愛いですね。

4月から比べると1年生とは言え、随分ランドセルがしっくりしてきました。



でも、3年生は2人ずつ並んで歩くのに対し、1年生は横一列にGメン75状態ですо(ж>▽<)y ☆

この6人娘達が小さなグループに分かれるのは、前の中学生が歩いてる先の道路が細くなったあたりから。



走るチームとのろのろチームと別れるみたいです。

早いチームは学校へ着いて門が開くまで10分くらい待つみたい。



もっとゆっくり家を出ればいいのに、子供達は早く学校に行きたくて仕方ないようですo(^-^)o




EOS1DMarkⅢ + EF24-105mmF4 IS USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/10(火) 19:21:46|
  2. 子供達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

旬の鮨(春)

今日は新聞折込用の撮影があったので、春仕様の鮨をつくってみました。


つかさのブログ-春の鮨


「旬のお薦めにぎりと巻物盛り合わせ」 本当に鮨の写真は他の料理以上に苦戦してますショック!

85mm単玉で(Tv 2.5秒 Av F16)でもローアングルだと、後ろはこれだけボケちゃうんですね


つかさのブログ-春の鮨

↑縦の構図だと同じレイアウトでも奥行きが取れる代わりに、こんな感じでサイドが切れます

(Tv 2秒 Av F16)


どっちにしても、奥の巻き鮨はボケるので、ローアングルでは背景としてしか役割を果たしません。

ここで難しかったのは、やっぱり照度と背景の白トビを抑えたかったのですが、露出を明るめにすると



やっぱり白トビを抑えられませんでした。



つかさのブログ-春の鮨
↑こちらは春の巻き鮨です。(Tv3.2秒 F22)

漆器左側が光で反射してしまいました。窓際で撮ったのが失敗ですね。



これが先日のフォンダンショコラみたいなものだったら、全然問題ないのですが、鮨では漆器が光で反射するし

シャリが白トビしやすくなるし、でも艶を出したいし、1つのミスもごまかしが利かないなぁって感じです。


つかさのブログ-春の鮨
(Tv 2秒 Av F16 トリミング )
つかさのブログ-春の鮨 (Tv 5秒 Av F22)

この2点は握りですが、これも奥が光ってます。



撮れば撮るほどどんどん自分の欲求は高くなるし、自分の納得いく写真までどんどん遠くなりますね。

せっかく露出計も持ってるし、後々はちゃんと適正露出を計れるようになってMモードで撮ってみたいです。



今回はテーブルクロスを敷きませんでしたが、これはあった方が光を吸ってくれるし都合が良い感じがします。

rumikoさんのブログから、アレンジの技を伝授させてもらわなくちゃ!



撮影する座敷が狭いからEF50mmF1.4かL単欲しいなぁとか沼の誘いがありましたが、カメラがAPSHになった

お陰で85mmでもなんとか狭い座敷でも納めることが出来るようになったので、やっぱりこのレンズをメインに使っていこうと思います。



今年も鮨の写真どんどん進化させていきますよ('-^*)/

EOS1DMarkⅢ + EF85mmF1.8USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/09(月) 19:52:57|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マナと海のお誕生日会

今日は2月生まれのマナと海ちゃんの合同誕生日会です。

朝からコストコに行って買出し車



お昼前から続々とお友達が来てくれました。
つかさのブログ-愛美真鈴誕生会
↑今日の主役は左マナと真ん中海ちゃんです。もうすぐ7歳になります。


つかさのブログ-愛美真鈴誕生会
↑仲良し3人娘



つかさのブログ-愛美真鈴誕生会

↑沢山の料理が並び、子供達もハイテンションににってきました。

マナにとっては、初めての友達を招待してのお誕生日会だから、すごく喜んでくれました。


つかさのブログ-愛美真鈴誕生会
↑3人掛かりでペットボトルのフタをなんとか開けました(^^)



つかさのブログ-愛美真鈴誕生会


↑ピザにスシにケーキにフルーツに焼肉にと、どう考えても食べきれないほど買い込んでしまいました(汗)

つかさのブログ-愛美真鈴誕生会
↑私は基本的には男の子の子育てのが好きだけど、女の子のこういう一面もかわいいですね(^^)



つかさのブログ-愛美真鈴誕生会


↑みんなから貰ったプレゼントを嬉しそうにあけるマナ。

家であげるリクエスト通りの高いプレゼントもいいんだろうけど、友達から貰ったプレゼントを開ける表情のが生き生きしてるかな!?(笑)

つかさのブログ-愛美真鈴誕生会

↑大好きな 「しゅごキャラ」 のカードを手にしてご機嫌のマナ


つかさのブログ-愛美真鈴誕生会

海ちゃんも大好きなスティッチににっこりです(^^)


つかさのブログ-愛美真鈴誕生会

↑お腹が満たされると、今度はテラスでドッチボール

大人たちはビールにワインに好みのお酒で楽しくおしゃべりビール



2日も続けて豪遊してしまいまい、メタボが更に進みそうですが、実はまだまだ今月は予定がアリアリです

まあ、重なる時は重なるもんですよね(^^)

EOS1DMarkⅢ + EF24-70F2.8 L


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/08(日) 20:27:11|
  2. 子供の友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今日は練習お休みで・・・

今日レスリングの練習は、近隣のチームが出稽古に来てくれて4チームの合同練習だったのですが、

ちょうど学校の新年子ども会と重なってしまって、志の低い我が家は練習を休んで子供達を学校行事に参加させました。



その分昨日練習頑張ったそうです。


つかさのブログ-練習

↑これでもうちょっと強ければ、マスコミもアイドル系チビッ子レスリング選手で注目してくれるかも知れないのになぁ。。。


つかさのブログ-練習

↑相変わらずヘナチョコな兄でしたが、それなりに頑張っていました(^^)


つかさのブログ-練習

つかさのブログ-練習

最後の前後ブリッジ100回も鼻がマットにつくまで頑張って、クビの筋肉が完全にパンプアップしたようです。


つかさのブログ-練習
↑上級生達も、「まぁまぁかな・・・」とお許しがでたかな!?




(余談)

で、私は子供達が学校に行っている間に、銀座に堂島ロールを買いに行って、

ついでにカメラのクリーニングとEF35-350のピントの相談をしました。



1Dの方はショット数も調べてもらいましたが、ナント2800ショットしか撮ってないようです。

既に私が1000ショット以上撮ってるので、相当ショット数の少ないカメラを手に入れることができたんですね。



で、明日のマナの誕生日会に出そうと思った堂島ロール。

こいつが10時半に三越に行ったら、すでに行列が地下の売り場から2階まで繋がっていた。



「2時間待ちです。。」と言われた瞬間、即諦めました(><)

本当に人気がここまで一人歩きすると、面白いように売れますね。



マクドナルド以上の高収益を上げている企業になったでしょう。



夜は、マンション展望ラウンジで行われた子ども会ならぬ、大人会に参加。

マナのクラスのママ11人に私1人参加させてもらいました。



マナのクラスのママ達は父子家庭の我が家に対してすごく協力的で寛大で、

こんな会にも誘ってくれて本当に感謝です。



しかし、この世代のママになると年齢差も若い人と最年長では一回り以上違うんですね。

私のように2子の親(アラフォー)は、上の方に属してしまうのです(汗)



とっても賑やかな会話の中にも時々ジェネレーションギャップが・・・(汗)

私も、「○○ちゃんのママ、佐良直美に似てるよね!?」って話したら、30台のママ達にはドン引きされてしまいました(汗)



その後は通じる40台で、「たのきん、殿きん、クリキン世代だよね!」で盛り上がりましたが(苦笑)

分かる人kazukenさんくらいかなぁ。。。



〈使用機材> EOS1DmarkⅢ + EF70-200F2.8LIS USM

        
にほんブログ村 写真ブログ スポーツ写真へ  ← 是非ポチッと励ましてやってください。。。

  1. 2009/02/08(日) 00:37:54|
  2. 格闘技
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

公園で見た弱肉強食

前の猫ブログの続編なのですが・・・

今回のはかなり生々しいです!
イヤな方はスルーしてください!

つかさのブログ-弱肉強食


↑うむ・・・なにやら獲物を発見した模様です。

そう、カワセミを狙っていたら一匹の猫が急に姿勢を低くして殺気だった空気を感じたのでカメラを向けました。

つかさのブログ-弱肉強食
↑でも、カワセミを逃がしてはいけないとカメラをカワセミに戻した瞬間 「バサッ」 と音がしたらこの通り

ハトを捕まえたようです。



この目はもはや癒し系にゃんこの目ではなく、ライオンと同じ野獣の目です。


つかさのブログ-弱肉強食
↑クビを噛まれても、まだ羽をバタバタさせるハトにも同ずることなく、静かに餌を食べられる場所へ移動。。。


つかさのブログ-弱肉強食
↑ワイルドに獲物を食べていました。

右端には、餌の残りを求めてカラスが様子を伺っています。



つかさのブログ-弱肉強食
↑公園のにゃんこっていつも散歩してる人から餌を貰って、日向ぼっこしての~んびり過ごしているのかと思ったら、やっぱり野生の掟どおりなんですね。



あんまりにも生々しくてビックリしたのですが、冷静に考えればこれが自然界の弱肉強食の姿。

カワセミが魚を捕って食べるのと同じことだし、そっちはアートのように見ることが出来て、こっちは残虐とか



言うのは人間の勝手な妄想で、生きるためにもう一つの命が奪われる。

熱帯魚やトカゲなんかを飼っていても自然に見られる光景です。



魚や昆虫が食べられるのは平気だけど、ハトが食べられるのはかわいそうなんて言う発想は、牛豚鳥の肉は食べていいけど、鯨は食べたら可哀相だって騒いでる一部の偏見集団と一緒になってしまいます。



命の火を灯し続けるために、別の命が犠牲になる。生きるってスゴイことなんですね。

頭ではわかっていたけど、ちょっとビックリしました。



日向での~んびり昼寝しているのもにゃんこも、狩りをしているにゃんこもどちらも本当の姿。

にゃんこも全ての生き物全部、こうした陰陽両方の姿を理解して好きになってあげなくちゃですね(^^)


EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/07(土) 13:49:14|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

公園の主

昨日の平和の森公園の続きです。

こういう自然公園のような広い公園には、毎日のように訪れている人がいて、



そこで顔馴染み同士集まっているんですね。

そんな公園の主さんが実は、「こっちにカワセミがいるよビックリマーク」って教えてくれました。
つかさのブログ-公園の猫

なんかのんびりした時間を過ごされているのが羨ましくも感じたり。。。


つかさのブログ-公園の猫

公園の主は何も人間だけに留まらず。

ここには沢山の猫がいます。



つかさのブログ-公園の猫

↑カラスが美味しそうに見えたのでしょうか!?


つかさのブログ-公園の猫

↑でも、さすがに知恵はカラスのが上と猫も理解しているようで、攻撃できません。


つかさのブログ-公園の猫


↑野良猫って今ではこんな青い目をした外国猫さんもいるんですね。

つかさのブログ-公園の猫


↑結構迫力あって子分を連れていました。

つかさのブログ-公園の猫

↑ライオンや虎が猫科だって言うのがこの公園に来て実感するシーンがいくつかありました。

一つがこれ。


猫ってこんな高い木に登れるんですね(@@)


つかさのブログ-公園の猫

↑木の上での姿は、「やっぱり野生動物なんだなぁ」という風格が漂ってました。


つかさのブログ-公園の猫

↑「でも、どうやって下りるんだろう!?華麗にジャンプするんかな!?」

なんて思っていたら、しばらく困った様子で、最後はケツからずり落ちてました。



ちょっと、虎やライオンとは違うキャラかも・・・・

いえいえ、そんなことはありません。次にスゴイものを見てしまったんです汗



EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/06(金) 21:07:18|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カワセミがいるなんて(@@)

今日試し撮りで近所の公園に、実はメジロを撮りたいなぁと思っていったのですが、メジロは現れず。。。

その代わりにビックリしたことにカワセミがいました。



東京羽田に近いかなり商業地にも関わらず公園と言う限られた自然の中でカワセミが生息してるんですね。

カワセミは水辺にずーっとウロウロしてるので、一度見つければ何度となく止まってる姿をみつけることができるんですね。
つかさのブログ-カワセミ

つかさのブログ-カワセミ

つかさのブログ-カワセミ
↓でも、それじゃ他の鳥を撮るのと何ら変わらない。

カワセミと言えば、水へのダイブっしょあせる



そして、1DMark3と言えば高速連射でしょヾ(@^(∞)^@)ノ


つかさのブログ-カワセミ

つかさのブログ-カワセミ

つかさのブログ-カワセミ

つかさのブログ-カワセミ


ところが、装備が整っていても腕が整っていなかった。

いつ飛ぶかわからないカワセミをずーっと見ているのは、短気オヤジにはしんどい。



しかも、どこにでもとっさにレンズを向けられるように一脚を外して手持ちだったもんだから、5分もジッとしてると

さすがにこのシステムでは腕が疲れてきます。



で、撮れたのがこんなお粗末な写真だけでした。

実際に撮って見ると難し過ぎる(><)



カワセミがいつ、どこに飛ぶのか全くわからないし、飛んでからファインダー覗いても合わせられないし、

かといって枝のカワセミにズームで寄って構えていれば、飛んだ瞬間見失う。



基本的にどうやったら、カワセミダイブって上手く撮れるのでしょう?

知っている方いたら教えてください。



あと、今日は曇りだったこともあり、シャッタースピードが稼げなくて、Tvで1/640に固定し、露出は1段落として

ISOをオートにしました。そしたらほとんどがISO2000~3200になってしまってノイズがかなり目立ってしまいました。



でも、この野鳥撮影ってこれからレスリングや子供を撮るのに非常に良い練習になりますね。

EOS1DMarkⅢ + EF35-350F3.5-5.6 L USM


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ  ←是非、こちらのポチもよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2009/02/06(金) 00:43:56|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (138)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。