Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今度のレアお菓子は

ミルキーのペコちゃん10人きれいに出てる包み紙、ピノのハート形に続いて、


今回はハッピーターンのハート形をゲットしました\(^O^)/


これらのレアものに当たると願い事が叶うと言われてる( ^ー゜)b


でも、すでにミルキー、ピノ、ハッピーターンと3つも当ててるのに未だに大金が我が家に来る気配なし(-_-;)
スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今シーズンの流行一番乗り!

なんてことない風邪ひいただけです。
ここ2週間くらいアレルギー性鼻炎持ちの私は、

鼻がムズムズ始まって、先週には鼻水たらら状態になってしまったので、月初めから飲み始めた抗ヒスタミン剤に加え、


ステロイド剤も飲んで症状が治まるのをまってたら、今度はステロイドの影響で鼻水が減った代わりに鼻が乾き過ぎて、鼻が詰まって蓄膿になり始めた。


更には口呼吸で喉が真っ赤に腫れ上がり、咳と微熱が先週末から出始めて、なんとか土日乗り越え月曜日に耳鼻科に行ってきました。


今これまでの強い精神安定剤と抗うつ剤、睡眠薬に加え、鼻炎の抗ヒスタミン剤と蓄膿でステロイドを中止したかわりに、

器官と痰の通りを良くする薬と蓄膿治療の抗生物質と解熱剤を服用するようになりました。


かつてサプリメントオタクだったころより沢山の薬になっちゃった(苦笑)


そのせいか?今週はフラフラだるいし体が重いっす(-_-;)


ついでに、1ヶ月ちょいのストレス性過食と薬の影響で体重一気に6キロ増加。


ダイエット御破算です(涙)体重くてしばらく運動もできそうにないし、油断するとすぐイライラしながら6000キロカロリーくらい食べちゃう

はやく生活リズム立て直さなくては…・゜・(>▽<)・゜・
  1. 2006/11/28(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

○君の初学芸会

明日は○君の初の学芸会!
今日は生徒の鑑賞日で、明日が父兄鑑賞日なのですが、


土曜日も仕事でどちらかというと今日のが都合がつけやすい私は
今日同じマンション同じクラスでいつも一緒に学校へ通う□君のママと鑑賞してきました。


1年生の劇はアリババ・・・
○君の役どころは「町人9」・・・


・・・あまり期待できないかなぁ(苦笑)
劇が始まると脇役というか台詞も少ない半分くらいの生徒が舞台下で


並んで歌と一言台詞を立って言う。
○君も衣装配られた町人の白ターバン以外自由だし、


○君の台詞は「五人のおかげだ!」だけ(笑)
しかも、家でも口癖のように「アリババイリババオリババァ♪」って歌ってばかりだったから



当然舞台には立てずそこの列にいるはずと懸命に探しても真っ暗な体育館で一番
後ろのビデオ用保護者席から照明もあまり当たらない舞台下の○君はみつからない。


一緒に学校に行く3人の中で□君だけが赤いターバンで特別な衣装だから
□君だけでも見れればいいかと思ったけど□君もなかなか出てこない。


と思ったら、先に○君が舞台に出てきた(@▽@)
しかも、台詞が短いわりに5人に握手しながら舞台を一周しながら台詞を言ったりと動きも多くてビックリ!



1学期の国語の成績「オールがんばろう」で人前で大きな声で発言できない
○君がこんな大役貰って、しかもちゃんと大きな声で堂々と出来るなんて・・・


結局△君は見つからないまま劇が終わり、□君は最後にチラリと出ただけ、
仲良し3人組みの中で○君が一番出番が多かった。


もっと衣装いい洋服着せてやればよかった・・・(汗)


しかし、いやぁ~成長したなぁ~(^^)
今でもちょっとしたきっかけで、プレッシャー掛けられたりすると声が出なく


なっちゃうけれど、着々と成長してる姿が見れてよかったです!
明日は体育館いっぱいに父兄が来てもっと見るの大変だろうから、


仕事ギリギリで慌しかったけど1日早くゆったりしたスペースで○君の
晴れ姿見ることができて、仕事で凹む前にラッキーな1日の始まりです(^^)


夕方帰宅したらたっぷり褒めなくちゃなぁ!
  1. 2006/11/24(金) 00:00:00|
  2. 子供の成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

全身バリバリ

土曜日レスリングでは子供達にちょっとした刺激で親子練習をしました。
たま~にやるんですが、子供達はお父さんお母さんを相手に張り切るし


何にせよ親子のスキンシップという観点からも非常によいコミュニケーション
の機会で子供達はパパやママが改めて偉大で強いと実感できたりもする。
oyako

と言いたいところだけど、38歳の肉体は20代の記憶通り動いてくれない。
ウォーミングアップの段階で、まずブリッジで腰をつってしまい、


構えの練習では子供達より先に足がガクガク腰は更にバリバリ(><)
画像のディフェンスの練習もただのトドの歩伏前進で、一本釣りされた


船上のかつをのようにピチピチとは動けていないのを明らかに自分でも感じる。
情けない・・・(涙)


それにしても子供にはデカイ口叩いて


「しっかりやれよぉ!」


と言ってるのにいざ自分でやると全然動けていないにも関わらず、
見た目地味な動きでほとんど汗もかかないような練習だけでさえも


ジワーッと全身から汗まみれになって、肉体特に腰がここまでギシギシと音を
立てて悲鳴をあげるとは、改めてレスリングのハードさを実感した。


オヤジはこれでも昔はアイスホッケーや陸上選手だし、20代だって
バリバリのインストラクターだったのに・・・・。


時は着実に次の世代へと流れているんですね・・・。
練習を終えて肉体に危機感を感じた私・・・


もちろん、風呂上りにはモーラステープを腰に貼って、少し早めにこっそり
仕事に行くフリしてヨーカドーに立ち寄ってマッサージチェアで腰をモミモミ・・・



万全のアフターケア体制で筋肉痛への恐怖感と戦いながらドキドキ一夜を明かしました。
でもって、日曜日・・・


案外平気じゃ~ん(^▽^)V
  1. 2006/11/19(日) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ただ・・・

花には人間のような
かけひきが
ないからいい


ただ咲いて
ただ散ってゆくからいい


ただになれない
人間のわたし・・・


相田みつをの作品の一つです。
「ただになれない」私も同じ。


ただ只管になるってものすごく難しい。
私はきっと一生できないし、できる人は世の中そういないと思う。


私が38年の人生で「ただ」を全うしてる姿を見せてくれた人物が一人だけいる。
それは私が一生を共にすると選んだ私の妻です。


|ちゃんを出産し子宮破裂を起こして3000ccの大出血と
心肺停止の状態で1時間40分後に搬送されて、緊急手術が開始され


たのは破裂3時間後。大量出血すると起こるDICという出血が止ま
らなくなる症状の中でも最悪の重症状態になりながらもその場は一命を取り留めた。


一般人なら1000ccの出血にも耐えられない、輸血も60単位を超えると
救命率が一気に下がると言われる中、灯油缶2本分に相当する40000cc



の出血と400単位の輸血に耐えながらその後19日間亡くなるまでの生死の境
で戦えたのは妻が「ただ」になっていたからだろう。


ある面会の日、救命センターの妻のもとへ行くと浴衣がはだけて胸が見えていた。
あれほど身だしなみに気を使い、いつもキレイにしていた妻からは考えられない姿だ。


妻のベッドはICU時も救命センターでもずっと入口の自動ドアの真ん前。
一瞬も目を離すことが出来ない最も重篤な患者さんは、一番人通りの多い


この入口の真ん前のベッドとなる。そんな人の目の最も多い場所でも妻は全く胸が
はだけてることには気付かない。


意識も無い。全く動かない。
これが生きることだけに全てが注がれている「ただ」の姿だったんでしょうね。


苦しみもがく姿もない、全く無表情だけど妻のその「ただ」になって戦っている
姿はどんな姿よりも鮮明に私の心の中に残っている・・・


そんな私もついに心疾患。
でも、うつの人とか今までは頭でしか理解できなかったけど、少なからずその辛さ


を心と身体で理解できるようになった。
死別、心疾患、交通事故、崖っぷち生活など色んな経験をしてみて頭で


理解するのと心で理解するのとでは全然違うことを痛感しているのももちろん
あるんだろうけど、心が歪んでしまっている今の私にはVBACのコミュとか


お産サイトでの書き込みを見ながら、立派なことが書かれていながらもその言葉
に偏屈な自分のせいでしょうが心を感じないことがよくあります。ごめんなさい。


その中にはよく「あかいふうせんを見た」という書き込みも多くあるけれど
私の言葉の中には「母児に優しいお産」をみなさんに伝える力がどのくらいあるんだろう


本当に命のために「ただ」になって新しい命を迎えることができる人は本当にすごいと思う。
そして私自身もいったいどのくらい「ただ」を理解して、「ただ」になれるだろう。


相田みつをの言葉に「感動」という言葉があります。
人間は頭で理解しても動かない、心で感じて動くものなんだという意味です。


ですから、日本語には「感動」という言葉はあっても、頭では動けないので
「理動」という言葉はないと言うことらしいです。


残りの人生で私も本当の「ただ」になれる時がいつか来るかなぁ(^^)


  1. 2006/11/18(土) 00:00:00|
  2. お産については
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

深夜のアイスクリーム

夜10時仕事前にちょっと口寂しいオヤジ一人で31アイスクリーム!

2006-11-17 13:27:53
チョコレートクッキークランチ!?だかなんだかだったな
大きなチョコのかけらとツブツブクランチがあってんまい!!


オヤジが一人で深夜にアイス恥ずかしい・・・。
アイスクリーム苦手なのに過食状態のときはなぜか1つペロリといける
これも謎だ


なんて日記書いたら、山本KIDも31アイスブログに書いていた(^^)
http://blog.killerbee.jp/
同じオヤジなのにアイスを食べる姿からして違う。
なんなんだ・・・
  1. 2006/11/15(水) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

100点満点の一回戦負け

土曜日は子供達のレスリング東日本大会でした。
町田市総合体育館すごく地図でもややこしい場所だしローカルな体育館を想像してた
のに、行って見たら確かに道は田舎道だけど住宅街にポツリと近代的な大きな体育館


が存在感たっぷりで建っていてビックリ!
おまけに駐車場屋根付きで雨天でも傘いらずで会場入りできた(^^)


今回の戦跡ですが二人とも一回戦負け
|ちゃんの前回の銅メダルも幻か・・・


○君もやっぱり今回も勝たせてもらえないどころか1ポイントも取れず(涙)
ところが、私は今回の二人の試合内容に大満足でした。


二人とも最初から最後まで終始自分から攻めてタックルを決めることができた。
|ちゃんは後ろ足の踏み込みからのロケットタックルまだ小さくて歩幅が短い
東日本アイ
ために、相手の中まで入りこめず相手に状態を預ける形のタックルになってし
まって足を取っても引き付けられず、更には膝を立てられずうつ伏せに寝てし


まって折角倒しても形勢不利の繰り返し。
○君も似たような結果なのですが、試合が始まってコートに立ったとたんに


自分で両手でほっぺたをパンパンと叩いて気合を入れた瞬間目つきが変わった。
そして審判が静止する手を押して身体がどんどん前に出ようとする。
東日本玲
キャリア6ヶ月、7月のデビュー戦と構えが全く変わった。
低い姿勢から何年もやってる格上の相手にホイッスルが鳴ると一気にロケット


タックルを決めた。でも、その後がやはりどうしても相手を捕まえきれずに
バックを取られる。


これまでずーっと課題にしてきたタックルが半年にしてついに出来るようになった。
臆病で慎重派の○君が恐怖感に勝って相手に飛び込んだ。


更に二度三度とタックルを繰り返す。
相手に組まれても押し負けずに更に手を内側に入れ替えて相手の下に潜り込んで


タックルを決めた。○君の突進力に相手が尻餅をついて倒れるシーンもあった。
結果的にはその後相手をしっかりと掴まえることが出来なかったために、次の


展開に持ち込めず負けてしまったけど、闘志むき出しで前に進み続けた負け
に父ちゃん100点満点の大満足!


次は相手を捕まえて離さない!という練習課題ができました。
本当に進歩してる。成長してる子供達です。



日曜日の今日は区の大きなお祭りでした。
ここでも今年はレスリングの友達と過ごす一日になりました(^^)


クラッシックバレエへの道を諦めたオヤジ、ちょうど会場でやっていた
Jr.チアリーディングのデモンストレーションを|ちゃんに見せて


「|ちゃんもああいうカワイイスカート着てダンスやる!?」って聞いたら
「ヤダ!レスリングがいい!!」


と即答されちゃいました(><)
もう、娘の路線確定のようです(苦笑)


  1. 2006/11/12(日) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

もうちょい!

今ジムです


子供達も最近は、自分で会員証を受付に『お願いしま~す!』って渡してロッカーキーを貰えるようになった(^^;)


Iちゃんは時々気づいてもらえなくてずーっと背伸びで会員証を提示してます…


明日はいよいよレスリング東日本大会
今日の練習は軽い最終調整のみ


こんな時私は体調崩してるぅ(ToT)


だいぶ眠れるようになったものの、朝目覚めると身体がガチガチに凝り固まってて、寝ながら身体が緊張してしまうようです


おかげで今日は一日中だるくて背中が痛重くて力が入らない


おまけに過食が始まっていて、もう3週間1日の摂取カロリーが6000カロリーペースが続いていて一気に体重が戻ってきた(汗)


でも気持ちが↓になる頻度が減ってるだけ精神的にはラクです


ちなみに甘党オヤジケーキを避けるためかりんとうをかなり間食に食べてますが、これも揚げ菓子で結構高カロリー。


なので今日は朝から家にあった黒糖の固まりを食べてますが、どうしょう…


もうすぐ一袋なくなっちゃう。
まさか自分でも黒糖1キロ食べられるとは思わなかった(汗)


ガリって食感もいいし、一回噛むとシュワーッて溶けちゃうからかりんとうよりヤバかったかもです。

明日までに体調少しでも取り戻さないと近場(町田市総合体育館)とは言え車運転大変だなぁ
  1. 2006/11/10(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

みんなの意外なレスに・・・!

ハァ、皆さんの意外なまでに肯定的なレスにビックリ中です(@@)
これだけ学校の勉強法とかけ離れたことをしてたらそれこそ


反論だらけと覚悟してたのに・・・。(苦笑)
とくにエドガーさんにはコテンパンにやっつけられると思ってた(笑)


でも、文字の勉強一つ例にとっても、下手でもなんでもとにかく集中
できる5~10分でまずプリントを埋める。


それから親子で、どれをキレイに書き直したら先生が100点くれる
ような宿題になるかなぁ・・・。って自分でどれがキレイでどれが


不恰好が探させて部分直しをさせるようにしています。
とにかく大きな雪だるまを作って、全体の骨格が出来たところで細部を


手直しして美しい形にするって、美術や工作の世界と似てますね!(驚)
1年生のうち、下手したら低学年のうちはずっと先生に評価してもらえない


かも知れないけど、○君にはそのやり方でコツコツやってみます。
そして勉強以上にレスリングの力を借りながら、大きな声で自分の気持ちを


伝えられる練習!これが勉強だけでなく彼の育児全体を通した一番大きな
課題にしてがんばってみます。(^^)


  1. 2006/11/09(木) 00:00:00|
  2. オヤジの子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昨日の続き

私の親友ピーママは、5年生の娘と1年生の息子のママさんですが、
エロくない意味で仲良く親子お付き合いさせてもらっています。


この親同士子育ての仕方全然違います。
ピーママは娘のルーを私立女子中学に入れたがっていました。


この学区域の中学(我が母校)がエライ評判悪く数年前に警察沙汰に
なったりで、そんな学校に娘を入れたら不良グループに染まってしまう


というのが理由です。
「やっぱり娘が不良にならないように母心としては私立に入れちゃいたいのよねぇ・・・」


って話を聞いて、悪い中学だってすごくいい子も通ってるし、その中学を
良くするも悪くするも次に入ってくる生徒次第なんだから、私立に行けば


良い子に育つってもんじゃない。
不良になるとしたらそれは親が子供の心を育てるのを怠けてしまった責任で、


私立に行こうが公立に行こうが、どう育てたかで類は友を呼ぶじゃないけど
その子供の居心地の良い環境(グループ)を形成する。


この動機で私立へ行かせようとするのは、母心じゃなくて自分が怠けた失態
の尻拭いか、自分の子供が信用できないって事を意味するんじゃないの!?


とまで言ったこともある。



また、勉強の仕方も面白いくらい違う。
1年生の息子を持つ親同士、時に一緒に宿題をみると、ピーママはひらがな


や漢字の宿題をやっているときに、書き順が違ったり、字が汚かったりする
とその都度やり直しさせて、一つのプリントをやり遂げるのにものすごい


時間を費やす。まあ、これは当たり前ですよね。
1年生では文字を徹底して覚えて、更に覚えるだけではなくキレイに正確に


しかも書き順も間違ってはいけないというのが求められてますから。
でも、子供の集中力ってせいぜい10分~15分、それで全てを満たすの


ってこの不器用オヤジには到底できないし、ただでさえゆっくりの○君にも
大きなストレスになってしって勉強嫌いになっちゃいそう。


だから書き順やキレイ、正確はとりあえず抜きで、まず全部書かせます。
汚くてもなんでも関係ない、まずはとにかく字の形を覚えればいい。


そして一つの作品を作り上げたという達成感が得らればいい。
オヤジ同様不器用な○君にそんなに求めたらいつまで経っても、作品が


出来上がらなくて達成感が得られない。
ゴルフのスイングだってフォームの一つ一つを気にしていると思いっきり


振ることを忘れて、爽快感もなにも感じられず楽しさを感じられなくなる。
書き順やら正確さって字を覚えるとの一緒より、覚えてからキレイにして


行く方が近道な気もするし。
実際、私が書き順を正すのと○君が正すのでは明らかに私のが早く順応


できるだろうし。だから先生からやり直しが出たらそこで次に正確さに
ついて学べばいい。


先生にそんなこと言ったら「困ります!」ってオヤジにも×つけられそ
うだけど、○君は何でもパーフェクトに出来るメロンじゃないし、


まずは何を最優先にすべきか!?常にそこに重点を置いて様子を見ています。
そのくらいピーママとは全く違う育児をするけど、なぜかいいお付き合い


させていただいてます(^^)







  1. 2006/11/09(木) 00:00:00|
  2. オヤジの子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トマトとメロン

昨日の日記でぶろっこり~さんも似たようなテーマで日記書いたり
私のところにもROMの方から以下のようなコメントいただいたり


『お受験の勝ち組は教師には絶対になりません。私たちは、なぜ親がこんなにも学力ばかりにこだわるのかがわからないのです。生きていくための学力をつけて欲しいと思っています。でも親は、いい学校に入るため、いい職業につくため塾ばかりを大切にしている方が多いです。教員としてやりきれません。私たちは、毎日毎日心を大切に育てようとしています。わかってください。私も子供を出産時に亡くし、私は命が助かりました。つらくて仕事をやめようかとも思いましたが、命を大切にして欲しいと伝えようと日夜がんばっている教師です。いつも楽しみに読ませてもらっていますが、ひとことだけ聞いてくださいね。』


したので、ちょっと前にオヤジの子育てで連載したけど再び個人的
に思うことを書いてみます。


私もこの天使ママさんのコメントと同じ疑問を持つ一人です。
『なぜ親がこんなにも学力ばかりにこだわるのか?』


世の中って本当に学歴社会なの?

人間の価値って本当にテストの点数で決められてしまうものなの!?


私も親としては小学1年生ですが、キャリア○○年のベテラン先生相手に
個人面談でもハッキリ


「1年の1学期でみんなより進みが遅れていようが、テストの点が悪かろうが関係ない。今頑張らなくてはいけないことは心を育てることだから」



言って、結果先生には1年1学期で2段階評価にも関わらず通知表見事に
「がんばろう」の大行列をいただいた。


「さすがにそうは言ったものの(汗)」と一瞬引きつったけど、
1年生で習う学習内容は中学生や大人になれば誰でも出来るようになる
ことだし、小学校で習うこと


そのものが社会への適応を目的とした内容で、程度の差こそあれ遅かれ早か
れ身につくと思えば、人生80年の中で7歳のこのたった1年間という時間で


みんなよりちょっと覚えるのが早いか遅いかだけの話だ。
それより大切なのは、自分がトマトなのかメロンなのかを見極める心、


みんなの前で恥をかいても、どんな苦しい状況に置かれても乗り越えて行ける
強い心、様々な人生に耐えうる強い身体。


「ココロとカラダ」のが今の喧嘩してもすぐ仲直りして遊べる柔軟な心を持った
この時期だから頭より私には優先して育てていきたいと考えています。


自分がメロンなのかトマトなのかも区別がつかないまま、懸命にエリートになろう
とトマトがメロンの世界でメロンになろうとしても、ストレスを抱えて折角の


豊かな澄んだ子供の心が曇ってしまう。
そしてそれがイジメや万引きといった負の力となって出てしまったら・・・。


トマトはメロンにならずとも世界一立派なトマトになれば、どんなメロンよりも
評価される。


相田みつをの言葉を借りてしまいましたが、そんな生き方でいいんじゃないかなぁ
とオヤジは子供達にメッセージを送っています。


だからレスリングも、本人が好きだし、でも弱い。
だからって勝つことだけを望むが習い事じゃない。


みんなが見てる前で沢山負けて、沢山悔しい思いをして優しい心、強い心が育てばいい。
点数ではない一生懸命に生きること、一生懸命に打ち込むことそれが子供達にとっての100点満点です(^^)
  1. 2006/11/08(水) 00:00:00|
  2. オヤジの子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

文部省に届いた手紙

さっそくプチオフ動いてくれてるみたいでありがとう。
日常生活普通に送れていますが、なにせ感情↑↓が激しくて、


これが心の病気なんでしょうね。だからオフ当日も急に人と会うのが
イヤになったりどう感情が↑↓するかわからないという不安も抱えています。


すみませんm(__)m


さて、今朝ワイドショー?で文部省やら学校、担任等に宛てたイジメを訴
える子供からの手紙が公開されていた。


担任の先生も助けてくれなかったら、先生もイジメをした共犯者です。
明日までに助けてくれなかったら死にますというような手紙を出したようです。


死はその子の本意ではない、懸命に誰かに手を差し伸べてもらうのを求めて
いるんでしょうね。


いつの時代もイジメは問題になってきたけれど、今それがイジメによる自殺
の急増が背景にあるのか!?連日ものすごく多く深刻に取り上げられるよう


になりました。
イジメはある意味人間社会では絶対存在するものであるのは認めざるを得な



いことだけど、今のイジメは命に直結しやすいだけに深刻で社会も本腰
で教育改革を訴え始めようとしている。


私は個人的にその教育改革のあり方って、これが100%イジメ解決に
直結することではないけれど、一つは今のお受験システムを変えることに


あるんじゃないかなぁって感じています。
今の親御さんの勉強に掛ける情熱はスゴイっす。


うちのマンション一応高級志向でプチ金持ち風の家庭が多いせいか!?
高学年は殆どがお受験準備で毎日塾で土日は試験。



そんな生活のストレスに、子供は特定の子の家にピンポンダッシュを
したり、万引きしたり、頭はいいけど心が全然育っていない。


まさに、上に伸ばそうとばかりして根っこが育たずフラフラ揺れる木
という感じです。


お受験がこうして存在する限りは偏差値教育は消えないし、点数で人間
が評価される以上、親に競争を乗り切る心を育てられないままにその競争


に送り込まれて、ストレスを抱える子供は競争が激化するほど増え続ける。
そうしたストレスの吐け口の一つが勉強の遅れた子や個性のある子を標的


にするという形で現れるのも今のイジメ問題の要因の一つかなぁと
個人的に考えています。


だから今のお受験システムも私立学校が学力テストの前に心理テストを
行なって、心が育っていなくてはどんなにテストの点が良くても、学力


テストを受験できないシステムにするとかしないと、本気で道徳教育、
心の教育を重要視してもらえることもないだろうなぁとTVを見て感じました。



  1. 2006/11/07(火) 00:00:00|
  2. オヤジの子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オフ会お知らせ+フジメグ学校公開へ

先週の○君の学校公開に女子総合格闘技界で日本を代表するPRIDE準優勝
ジョシュ・バーネットのトレーニングパートナーでもある藤井恵選手が来てくれました(@▽@)
学校
って○君のレスリングの先生なんですが、○君の授業風景を見に来てくれました。
私は仕事中でご一緒できませんでしたが、○君大好きなレスリングの先生が


学校に会いに来てくれたと先週かなり嬉しそうにしていた。
わざわざ生徒の学校公開にまで足を運んでくれる習い事の先生ってそういない


し、本当にいい指導者に恵まれたなぁと実感です。



さて、近々に「あかいふうせんプチオフ」を開くことになりました。
ちょっと心身ヘタってる私のために、ふうせんの仲間が協力してくれることになりました。


今回はぶろっこり~さんが会の進行まとめ役を引き受けてくださいましたので
詳細は本ブログトップページで紹介しておりますぶろっこり~さんのサイトへ


お問い合わせください。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

  1. 2006/11/06(月) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

砂山

今日は○君の親友も誘って蒲田のタイヤ公園でのんびり過ごしてます。


子供達は砂山に水路を作って水を流して夢中で遊んでいます。


親はのんびり見てるだけ…
あぁ、ほのぼののんびりいいわ~


って言いたいとこだけどなかなかどうして
のんびりなんてやることなくて体が余計にウズウズする(≧∇≦)


まだメスを入れてない家の掃除したいところあるんだよなぁ…
  1. 2006/11/05(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

酉の市

今日はレスリングの練習が試合一週間前と言うことで近隣の交流ある3道場と合同練習。


練習時間が昼間になったので先生方のフォローをいただきながら、うちの子供達も学童と保育園を休んで参加しました。


今日は山本KID徳郁も息子の練習を見にきていてジム内でもちょっとした騒ぎになっていました。


今日の練習は見ていないのでこの辺にして、練習後は早々酉の市に連れて行った。


もうこんな季節なんですねぇ

酉の市と言うとほんの十数年前まではコートが必要なくらい寒かったのに子供達は半袖w(゜o゜)w


温暖化すすんでるのかなぁ…


それにしても子供達ってホントに縁日好きですねぇ(^-^)


体調も優れないので夜の人混みを避けたかったので午後2時くらいの酉の市は人も少なく子連れでも歩きやすかった。


縁日と言ってもお金を触った手でそのまま食材を触る屋台の食べ物が私はダメなので、食事は蕎麦屋で縁日では殆ど雰囲気を楽しむだけ(苦笑)


子供達はみずあめと宝くじくらいしか買ってもらえなかったけど、それでも楽しそうでした(^^;)
  1. 2006/11/04(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人生50年

先日自転車に親子3人乗ってレスリングに向かう道中Iちゃんが、

『ねぇパパも死んじゃうの?』

って聞いてきた


『うんいつかは死んじゃうね』


『いつ死んじゃうの?』

『Iちゃん達が大人になったらかなぁ…明日かも知れないし、今すぐかも知れないよ』


『えーやだやだダメ』


子供達が突然そんな話をした。そして死についてIちゃんよりは理解している○君がパパがいつ死ぬか話しはじめた。


『パパは○君が大人になったら死んじゃうから、Iちゃんは高校生かな!?』


あんまり本人は理解して言ってる言葉ではないが偶然にも2歳差の兄妹どうやら○君が20歳、Iちゃんが高3で私が死ぬらしい。


50くらいで死ぬのかぁ、と思ったら長いような短いようなひょっとしたら丁度いいのかな!?


とその数字のキリの良さに妙に納得できて、ずっと抱えている胸の苦しみが一瞬ふと楽になった。

再婚するなら短いけど一人ならそれ以上生きるの辛いなぁって感じで子供達の直感に運命をみたような気がした。



『50になったらもうラクになっていいんだなぁ…』って思ったら肩の荷が少し軽くなったような感じがして、


『50までなら頑張れる』って気持ちになった。

その歳で自分が本当に死ぬのか生き続けるのか実際にはわからないけど、今の自分には50くらいで一区切りつけて人生を考えるのは悪いことではないみたい。


50までって考えたら50まで生きてみたくなった。50までに何がどこまで出来るか興味が湧いてきた。
  1. 2006/11/03(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鏡面磨き

1年半ぶりに家中のワックスを塗り直した。


一応2~3年耐久性ウレタンワックスだけど、使う頻度の多い部屋ではその半分の耐久性って考えた方がいいのかなぁ…


ゆっくりしていられないくせに、仕事とかとにかく集中力がなくてってわりには掃除だけは結構のめり込んでできるみたい(^-^)


早く心の中も澄んだ輝きを取り戻さねば…(苦笑)


前の日記にオフ会やりましょうって書いてもらって嬉しかったです


顔馴染みだけでプチオフくらいならと考えたんだけど、


PCに向かう時間もかなり短いし、会をまとめる力がないのでちょっと難しいかなぁってところです(涙)
  1. 2006/11/02(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

学校公開

昨日から3日間○が一年生になってから2度目の学校公開


今ちょっと様子を見に来たら、今日の1、2時限はせいかつの時間で先日拾ってきたドングリでコマを作る授業だった


どの子供達も楽しそう
ドングリの色付けも手の方が?ってくらい派手にやってました。


いつも授業中静かな○君も友達と話しながら懸命に作ってた


そして完成したコマを持って私の前で回しながら、


『○君国語とかよりこういう勉強のが好き』


とは、やっぱり私の遺伝子が強いかなぁ(^-^)
  1. 2006/11/01(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (139)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

* Photo's Cafe *

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。