Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ママの思い出の品

昨日の晩の話なんですが、昔使っていたバッグパックを○君の
学童通学用に使えないかなぁと思ってクローゼットの整理をした。


そこは普段は開かずの扉。
ママの物が沢山しまってある。


子供達が普段触らない場所にいる私に気付いて近寄ってきた。
「ほら○君、|ちゃんこれママが使っていたカバンだよ。」


ブランドモンの高級バッグからナイロンバッグまで、私の1つの
バッグを探す間にママのバッグが次から次へと出てくる。


その中に|ちゃんが使えそうな小さなウエストポーチがあったので
それを渡した。子供達がそのポーチを見ている間に、私は奥にあっ


た黒い大きなナイロンバッグをそっと開けた。
このバッグは|ちゃんを出産する時に病院に持っていった妻の入院


の荷物一式が当時のまま入っている。
替えのパジャマや化粧道具、下着、タオルなど当時のままにしてある。


というよりずっと片付けられないでそのままにしているんです。
よく事故などでお子さんを亡くされた方が、子供部屋を手をつけずに


そのままにしておくのと同じ感覚かも知れない。
このバッグを片付けてしまうと、心の中で生きている妻までがいなく


なってしまうような気がして・・・。
久しぶりにバッグの中身を手にして複雑な気持ちになっていると、


ママのポーチを手にしていた子供達が、

「ねぇパパ、このバッグママのなの?」

「うんそうだよ。」

「パパはママに生きていてたら良かった?」

「・・・。」

「○君ママが生きてたら良かったなぁ。」

「うん、そうだねぇ。ママに会いたいねぇ・・・。」

「|ちゃんもママに会いたい!」

「ハァ・・・、そうだねママ会いに来てくれるようになむ~しようか。」

「うん。」

久しぶりに胸が締め付けられた。でも、こうしてママの思い出に触れさせ
ながら子供達の、家族みんなの胸の中でママを生かし続けなくちゃ(^^)


その夜私は案の定眠れなくなった。
夜中2時過ぎ胃も不快感を感じてきたし、私は部屋の灯りをつけてアルバム


を眺めた。出会ったときから、結婚式、旅行、○君誕生から3人家族の
思い出、1枚1枚全てのアルバムをめくって見ました。


いつの間にか姉さん女房の妻が若く見えるようになっちゃった。
本当に最高にキレイな嫁さんです。私もカッコイイ(笑)


いやぁ、妻が亡くなって5年も経つのに、まだこんな気持ちになるなんて・・・。



「死に別れより行き別れ」とはよく言ったモンですね。
再婚願望もありながら、妻の存在は永遠に共存している。


この辺の気持ちの割り切り方が死別の再婚の難しさなんでしょうね。
まあ、妻を思う気持ち、出来ることなら再婚もしたい、矛盾してる


ような気もするけど、どっちの気持ちにも正直に生きるしかないんでしょうね(^^)
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 00:00:00|
  2. 妻のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今年もポケモンスタンプラリー!

今日は夏休みに入ってようやく落ち着いた最初の日曜日
ということで、夏休みのお約束行事ポケモンスタンプラリー


三昧の一日を過しました。
気温30度せっかく座っても一駅毎に降りては駅の外に出て


スタンプの列に並ぶ。ダラダラ歩くと体力消耗してだるくなる
から今日は階段ダッシュなどを取り入れながら頑張りました(汗)

スタンプラリー

今日は携帯を忘れてしまって、すっかり依存してる私には
携帯を持っていないってのが妙に不安でした。


しかも折角の画像も記録に残せず(涙)
巣鴨もフレンチパウンドハウスでケーキを食べるのを目標に回り


ましたが赤羽から池袋に抜ける時に電車の中で、突然|ちゃんが
「あっ!見て!うきぶくろだ!!」


とデッカイ声で叫んだ。よく見ればサンシャインの広告ポスター、
「|ちゃんこれは浮き袋じゃなくて池袋だよ(苦笑)」


そう言えば、全国大会の時に雨の中会場まで移動するときに
「水溜りに入っちゃダメだよ!」と言った時に


「いけぶくろすれば浮かぶから溺れないよ!!」って言ってた。
色んな言葉を覚える時期だからねぇ・・・。


セロハンテープもセロタンヘープだし、未だにオタマジャクシ
もオジャマタクシーになってる。すごく惜しいねぇ・・・。



そのくせポケモンの名前は全然間違えないで随分沢山知ってるよねぇ。
でも、ちょっとかわいいからしばらく放っておこう(^^)
  1. 2006/07/30(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

説明

久しぶりに更新です。
みなさんご心配お掛けしましたm(__)m


・・・。
って書き出したかったけれど、毎日更新していた日記3日サボったけど
「どうしたの!?」とか誰からもメッセ来ませんでした(≧△≦)


まぁ仕方ないか(笑)
この3日間店が納涼祭イベントだったので超忙しい毎日でした。


ようやくイベントも終わり、全国大会からずーっと忙しかった我が家も
ホッと一息、ようやく夏休みの始まりって感じです。


肉体疲労が取れないまま今日はレスリングの練習でまたはじめての試み
が行なわれました。


パパママも参加で親子レッスン!
子供達の超ハードな練習を肌で体験してしまいました(汗)


タックルやスパーリングもやりましたが、ヘタレと思っていた我が子の
タックルもいざ受けてみるとスゴイ衝撃です。


まだまだチビだけど、こんなぶつかり合いをしてるんだなぁと改めて
勝負の厳しさを実感。ついでに日本一7連覇中の5年生のMのタックルも


受けましたが、これは普通の大人なんてすっ飛びます!マジで(汗)
そんな中まさに「オーッ!」って練習がありました。


タックルを切ってバックを取り身体を回してケサ固めという動作を
技を掛ける人がみんなに説明しながら反復するというもの。


複雑な動作が苦手で、且つみんなの前で発表も苦手な○君には最高の
練習でした。もちろん全然話せなかったので、みんなが説明してくれて


それに合わせて身体を動かす練習から始めましたが、一つ一つの動作を
言葉で確認することによって、動作そのものはスローモーションに


なってしまうけど、頭と身体に叩き込むのにこれ以上の方法はないと
感じました。これはきっと勉強や他のことでも役に立つかな!?


夏休みの自由研究にも通じるような気がしてきました。
さっそく試してみよう(^^)
  1. 2006/07/29(土) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

弁償させるべきか・・・!?

昨日も書いた通り○君はメガネをしていますが、このメガネ
ってのが子供の世界では色々トラブルが発生するんですね。


実は先週同じクラス同じ学童生活をしているY君が○君の顔
を蹴ってメガネのフレームが歪むトラブルが起こりました。


少し前にもメガネを取られて投げられたり、大人しい○君を
からかうのが面白いのかも知れないけど、宿題帳を隠したり


他にもいくつかトラブルが続いていました。
学校の先生はその辺は子供達同士の解決だけでそれ以上の


対応はありませんでしたが、昨日とうとう学童の先生がその
件について親御さんに注意をしたようで、早速お母さんから


お詫びの電話をいただきました。
そして新しいメガネを買って弁償したいと言われました。


私は子供に取っては好奇心の一種で珍しいものだったから
手を出したので、これから○君にとって大切なものなのだと


言う事を親子で話し合って学習していってくれればいいです。
と伝えたのですが、Y君のお母さんは弁償というところに


すごく責任のウエイトを感じていて拘っていたんです。
でも、こういうのって難しいんですよねぇ。


元々弁償やら何やら責めるの得意じゃないし、人に頭下げられ
るのも苦手なので、例え壊されても弁償しろなんて言うつもり


全然ないのですが、かといってメガネは高い・・・。(><)
ただ、厄介なのは今のところ2回ともメガネ屋さんで調整して


もらってとりあえず使える状態だし、しかし大きな歪みを何度
も直せばメガネの強度は弱くなって次は壊れるかもしれない。


万が一次に別の子がちょっとの負荷を掛けて壊れたとしても
それはY君が曲げた時にすでに弱っていたのかも知れないから


次の子に弁償なんてのも可哀相な話だし、かといって現時点で
本当に大丈夫なのか弱ってるのかもわからない。


所詮子供同士のトラブルだし、当然のリスクと思えば仕方ない
ものでもあるし、一般にはこういう時弁償しますって言われたら


お言葉に甘えちゃうものなんでしょうか?
ちなみに今のメガネ3,8000円もするし、そんな高額払わ


せるのも、自分でまた払うのも考えモンで突然悩みの種ができて
しまいました。


ちなみに保育園の時に曲げられた親御さんからは、最後まで
受け取らずにいたら、卒園の時に商品券を受け取ってと渡された


のですが、責任って別に物品補償ではなくて子供に理解させる
ことのが大切と思っている私には、物品補償で親御さんに責任


を果たしたと満足されても困る思いもあるので悩んでいます。
  1. 2006/07/25(火) 00:00:00|
  2. 子供の成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

やべぇ・・・超ショック

今日夕方○君の眼科健診に行った。
不同弱視という左右の視力が不揃いで、


片方の使わない眼の視力が極端に悪い状態ですが、
3歳からメガネで矯正して0.01から1.0まで


上がって安定していた左目視力が0.6になっちゃった(><)
確かにレスリングを始めてから練習中だけ外していた


メガネが前後でもサボるようになってしまったし、
油断してしまったお父ちゃんの責任だ(TT)


まだまだすぐに取り戻せるだろうという事なので
改めてメガネ頑張らなくちゃ!


レスリングで沢山の良いことを得ているけれど、
一方でこんなリスクも発生してしまう。


メガネというハンデを持っているわが子は、コーチたちと
じっくり相談しながらメガネ矯正と習い事を両立できる


ように考えていかなくちゃ!
  1. 2006/07/24(月) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

全国大会を振り返って

3日間の全国大会ようやく終わりました。
結果は160チーム1400人の参加の大会で
全国大会金メダル
15人エントリーの我がチームは4つの金メダル(^0^)/


*リーダー的存在の5年生M君は他を寄せ付けない完璧な試合
 を見せてくれ、見事4歳から連続7連覇を達成!

*3年生のKは柔道でも強化選手に選ばれる力のある子ですが
 前回の試合では雰囲気に呑まれてまさかの準々決勝判定負け
 を経験しましたが、今回はその精神力をカバーして見事に
 全国4連覇達成!

*1年生Rは、○君と同じく自分の感情を表に出さないけれど
 秘めた闘志が見事に試合で出て、お兄ちゃんの分まで頑張っ
 て連覇達成!

*同じく1年生のKは、Rとの同門対決を今回は避けて1階級
 落としてのエントリー、本当に減量頑張って毎日泣きながら
 練習した成果が出た。決勝戦では最初に2ポイント取られて
 泣きが入ったけど、そこからのKはすごく強かった。
 とうとう手に入れた全国の金メダル!
 心を鬼にしてきたママもとうとう涙が溢れ出ちゃったね。
全国大会集合

この3日間を振り返って、本当にレスリングってオリンピック
イメージだとあのユニフォームに恥ずかしさを感じてしまう


けれど、ご覧の通り我がチームはオッシャレィですし、
そんな見た目以上にすごく勉強になることがたくさんあった。


何百人ものギャラリーの目線が集まるマットに一人立って
どんな強い選手とも関係なく一人で立ち向かわなくてはならない


世界、実は子供同様に親も何回経験してもすごく怖いし、苦しい
んです。涙を流してしまいそうなのは親の方って感じ。(苦笑)


技術や体力だけが強くてもダメ、沢山のプレッシャーと緊張を
抱えながらも堂々とマットに上がれる精神力もないと、その力は


本番で発揮されないんだなぁって感じます。
まさに「心技一体」の言葉の意味を肌で感じました。
全国打ち上げ
夕方からは地元に戻って打ち上げ!
子供達も参加でしたが、3年生の金メダリストKも大人チームの


お姉さん選手の膝に乗って甘えたり、本当に無邪気な子供達の
姿に戻っていました。


ここのチームの子供達はこうしたスキンシップが沢山できて
みんな自分の子供、自分の親のように親子が交流持てるところが
いいんですよねぇ。
全国打ち上げ
それにしても、やっぱりスポーツ選手の飲みっぷりはスゲェよぉ!
そして食いっぷりも半端じゃない(><)


子供達もいつも以上によく食べたぁ(笑)
全国ケーキ
途中で7月生まれの誕生会もしてくれて、ケーキを差し入れて
くれましたが、切る暇なしで体重制限に飢えた子供達のエサ
になってしまいました(笑)
全国ケーキ食い1
全国ケーキ食い
余興はみんなで大胸筋ピクピク動かし自慢したり
まさに体育会系の飲み会でした(苦笑)
全国打ち上げゲーム
こんな楽しい宴席の中、ちょっとしたドラマも見ちゃいました。
1年生メダリストのKのパパが赴任先の福岡に帰るために途中で


帰ったのだけど、その時子供どうして遊んでいたKは、パパが
「じゃあな!」と声かけてもゲームの輪から振り返らないでいた。


パパがKの肩を叩いて握手を求めると、チラッと振り返った
Kの眼は涙でいっぱいになっていたんです。


まだ、2週間前に赴任したばかりだけど、やっぱり寂しいんだよね。
頑張ってパパに金メダル見せてやれてよかったなぁK(T△T)


最後に楽天で出会ったレスリングママにゃんさん息子さん大検討だった
ようですね。ちょっとでしたがお会いできてよかったです(^^)
  1. 2006/07/23(日) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

全国大会試合当日

今日は全国大会試合日。
|ちゃんにとってはデビュー戦。


|ちゃんどんな髪型にしようか・・・。
昨日は編み込みでしたが、今日は小さな三つ編みを沢山作ってみました。


昔の山本美憂っぽい!?(笑)

全国大会愛髪

さて肝心の試合ですが、|ちゃんは99番目の1番コート、
○君は97番目のお隣り2番コート。


午後1時過ぎいよいよ二人の試合が近づいてきた。
どうやら|ちゃんが先に1番コートで試合して、終了と同時に○君が始


まるかなぁってくらいのタイミングだったのに、いきなり2番コートの
96番の試合がすぐに終わってしまって最悪なことに全く同時開始


になってしまった。すぐに移動しないでビデオ撮れるように1番と2番
コートの真ん中でスタンバってたのに、最悪右向いたり左向いたり


結局どっちもまともに撮れない(><)
でも、試合はしっかり見届けました。


|ちゃんは相手の最初の強いタックルにビックリしていきなり泣きが
入っちゃった。


でも、|ちゃんパパや先生のところに来ることなく、泣きながらも
戦いきりました!

全国大会愛べそ

一方の○君は女の子が相手で、案の定自分から倒しにいけない。
でも、やっぱり○君もキャリアの長い相手に全く逃げることなく


戦い抜いてくれました。
全国大会玲

今日は勝ちはまだまだだけど、ひょっとしたら1ポイントでも取って
私への誕生日プレゼントにしてくれるかなぁ・・・なんて思ったけど


今回もお預けです(苦笑)
全国大会玲組

○君のポーズ写真の後ろにはプロカメラマンもスタンバってるし、
何百人という視線が集まるギャラリーに囲まれたマットの中心に


こんな小さな子供達が立つこと自体すごい度胸!
さすがに全国大会という異様な空気に、今日は年長さんで優勝狙えるくら


い実力のある子も、マットに立つことができず、ママにしがみついて号泣
したまま不戦敗となってしまった。


小さな子供達だけが1対1で向かい合う戦いの世界、二人ともよく頑張った。


来週の練習で子供達がどんな風な変化を見せてくれるか楽しみです。
  1. 2006/07/22(土) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

全国大会初日+○○記念日

とうとう来ました全国大会の日。
あいにくの雨天ですが、荷物沢山持って会場の駒沢体育館へ3人で向いました。


大学生の時以来かなぁ・・・。
久しぶりの駒沢。我が家からは車で30分と掛からないので今回は楽です(^^)

全国大会

今年は北海道から沖縄まで160チーム1400人くらいの子供達が集まって
会場は熱気ムンムンです。


今日の子供達の仕事は計量と応援。
昼集合だったので、午前中店の買出しとセッティングにつき合わせ、更に○君


美容室で中田カットに変身!
これでワイルドイメージになるかと思ったらやっぱり丸顔童顔優しく大人しい


性格は髪型では変りません(><)でも、レスリングの子供達の間で流行ってる
からそれはそれでいいか(笑)
全国計量

○君22.5kgで軽く24kg級計量パス。
朝からたらふく食べてもこの体重、22kg級でもいけたかなぁ・・・。

全国計量|

続いて|ちゃんも16.9kgで18kg級楽々計量パス。
二人ともクラス最軽量かも・・・(汗)


計量が終わるとチームの3年生K君の応援。
彼は柔道の強化選手にもなってる実力派ながら、前回の湘南大会では


気持ちが負けて優勝を逃したが、今日は2回戦まで順調に進みました。
全国KID

それと今日は会場にも甥っ子の応援に、山本KIDが来ていたり、
同じ木口道場の五味選手や他にも永田選手などの姿もあり、子供達以上


に親が真剣でした(苦笑)KIDの人気は本当にすごい!
でも、私的にはこれらの選手以上に↓この人の存在にドキドキでした。

全国デストロイヤー

レスリングの神様デストロイヤーさん。
もう80歳くらいになるだろうに、相変わらず鍛え抜かれた肉体ですごく元気。


アメリカからチームデストロイヤーのチビッコレスリングを率いて、スペシャル
ゲストできていました。


すごく優しい人で子供達の育成に対する情熱を感じました。


さてさて、実は今日は我が家の結婚記念日(^^)
そして私の37歳最終日。


去年まではプチフールケーキを持って夕方お墓に行って二人きりの時間を過し
ていたけれど、子供達の成長と共にそんな時間の過し方も変りますね。


でも、心の中では一緒に記念日迎えました。
そして妻の写真を大会会場へ、子供達の元気な姿を見せました(^^)
ちょっと切ない気分・・・。
  1. 2006/07/21(金) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

全然気がつかなかったぜぃ(><)

昨日親子で親友のSママから「明日はもう給食終わりだから弁当だよ!」
とご連絡もらって、今朝は慌しく弁当作りから始まった。


いつも通り同じマンション4人組みがロビーに大集合。
すると一番ワンパクK君が手提げカバンだけ・・・!?


「おいKランドセル忘れたんか!?」
「今日はランドセルいらないんだもん!」


他のお父さんお母さんの顔を見てようやくわかりました。
今日は終業式なのね!(>▽<)


保育園生活をしてきた我が家は初めての夏休み。
全く気付かなくて、いつも通り時間割を揃えて教科書びっしり詰めて


登校させちゃった(TT)お陰で帰りは上履き、防災頭巾、お道具箱と
すんごい荷物になっちまった。


冷静に考えれば私も「明日はいよいよ全国大会!」ってずーっと分ってた
んだから、全国大会は北海道から九州まで全国の子供が集合するんだから


黙ってたって今日は日本全国終業式で明日から夏休みって分りそうなもん
なのに、それが全く繋がってなかった。


やっぱり疲れが溜まってると頭の回路が全然動いてないですねぇ・・・。
夕方は軽く最後の調整練習をして明日に向けて準備万端です!


あっ!初めての通信簿!!
今見ました。


1年生は2段階評価。国語関係はやっぱり「がんばろう」でした(^^)
まぁ、学校はあくまでも到達レベルでしか評価しませんからね。


到達目標が10だったら、どれだけ10に近い結果を残したかだけで
評価されるもんだから元々8の実力がある子は本人の努力が2だけでも


10までできて「よい」がつき、元々0の実力の子が頑張って6まで到達で
きても「がんばろう」としか評価されないような採点基準なので、今の○君


にはあまり重要と考えていません。
お父ちゃん評価では1学期の○君の頑張りはオール「良い」だぞ!(^▽^)/


初めて小学生活と向き合って、保育園がそれぞれの子供の努力と成長を大切に
するのに対して、学校では全てが完璧にできるかどうかで評価される。


スーパーマンじゃないんだから、何でも完璧なんて求めたら子供の心が壊れ
ちゃう。どれだけ一生懸命になってどれだけ成長できたか、世間がどんなに


点数を求めても、パパはそれで十分だな。
ビリの点数でもその子にとっての100点満点の頑張りと成長がみられれば


100点満点のビリでも結構結構(^^)
1年の1学期がゴールじゃないぜ!
  1. 2006/07/20(木) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

全国大会あと二日

いよいよレスリング全国大会まであと二日。
○君前回のデビュー戦より遥かにモチベーションが高くて本当に変った。


ちょっとくらい試合らしい試合させてもらえるといいなぁ・・・。
|ちゃんはチームで一番チビの軽量だから、スパでもいつも当り負けして


イマイチどこまで出来るか分らない。
でも、真剣に向き合ってくれればいいなぁ・・・。


明日1時間の軽いトレーニングをして金曜日は計量。
子供に減量はさせたくなかったので、1階級上で二人ともエントリー


してるから1kg以上の余裕がある。
これは不利なことなんですけどね(苦笑)

AACCシャツ

今日は先生から特別セールでチームシャツの販売をしてもらったので
さっそく全国大会に向けて○君は白と紺、|ちゃんは白と赤を購入。


二人ともさっそく試着したいと大喜び!益々やる気マンマンです。
にゃんさんの息子さんにもどうですか!?(笑)



エンジェルトトさんから教えてもらった間違い探し
とっても気持ちが引き締りました。


シャキッとしたい方は是非行って見てくださいな(^^)
  1. 2006/07/19(水) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

更なる成長を目指して頑張るぞ

極楽とんぼの山本なにやってんだよぉ!
折角掴んだ成功という人生パァにして愚かなことしたねぇ・・・。


ってそれはさておきです・・・。


昨日の日記では暖かい言葉ありがとうございます。
ちょっと自分でもビックリ何が起こったかって感じでしたが、


ずっと夜中に4~5回起きる日が続いてたし、目覚めてもスッキリした
目覚めができなかった。そういえばお風呂に入って「ハァ~」って言う


ような肩の力を抜くようなリラクゼーションをすっかり忘れてました。
今日も頭がしびれる感じがするし、目眩もある・・・・。


寂しさ苦しさ色んなストレスを確かに感じるし、ちょっと甘えられる人
がいたら本当に気持ちが軽くなるだろうけど、でもそんな人いないし


できないんだから仕方ない(笑)
どんなに孤独でも、どんなに大変でもこれが今の自分に与えられた人生


だから、これに負けないくらいに更に心身強くしていくしかないと思っ
てます。限界なんて誰が決めたわけでもない、自分が勝手に思い込んで


線を引っ張っちゃうだけなんだから、本来人間はみんな無限大の力を
持っているんだからね!今ここでブレーキが掛かってしまったのは


自分を更に強くする為のステップに過ぎない。まだまだオヤジは成長を
続けますぞ!(^^)


さて、実は今日学童にお迎えに行ったとき先生から
「○君今日はテーブルの上に乗っちゃダメと言ってるのに、テーブルに乗ったり、ブロックを投げたりしたんです。甘えたかったのかな!?」


と言われました。あの大人しい○君がそんなやんちゃぶりを見せるとは
ちょっと驚きましたが、先生に「すみませ~ん」と言いながら私は


「コラッ!○!!」と言いながら笑って頭を撫でました。
悪いことをしたことへの腹ただしさより○君が自分の気持ちを表現できたこと


の喜びを直感的に感じたんです。
実は先生の言葉の「甘えたかった」という言葉に「ハッ!」と気付いたんです。


今朝|ちゃんが起き抜けに私の上に乗って甘えていたのを、後から目覚めた
○君が発見して真似して乗ってきました。


ところが○君くらいになるとさすがに重くて、「○君重いよ!どいて!!」と
甘えさせなかったストレスが出たかな!?と直感的に感じて頭を撫でて抱き寄


せたんです。もちろんそれが原因なんて根拠全くないし、親ばかだと思う人も
いても全然OKです。


私が勝手にそう感じただけのことですが、それによって私が○君のその行動が
○君の「|ちゃんだけじゃなくて僕とも遊んで!」と解釈できることによって


時に○君と|ちゃんへの愛情の注ぎ方のバランスが偏ったかな!?って振り返
って軌道修正できることが大切だと感じました。


親にはこんなこと!?と思うことでも子供にとっては重大なことって沢山ある
と思うし、僅かでもそれに気付くきっかけが自分にできたことが今日の私の


大発見でした(^^)
  1. 2006/07/18(火) 00:00:00|
  2. 子供の成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

記憶が飛んでる!?

今目覚めました。
今日は身体がどうにもしんどくて、近所でのんびり過ごそうと思ってました


が、目眩と頭痛が結構酷くて、だんだん立ってるのも辛くなってしまい
午後は子供達を店に連れて行って偶然来ていた前勤めて貰ってい


たバイトのおばちゃんやジジババと遊んでもらっていました。
しかし、そこで座ってジッとしているのも思った以上に辛くて


3時過ぎに子供達を連れて戻ろうとしたのですが、その後の記憶が
ハッキリしないというか、家まで歩いてきたのがよく覚えてなくて、


横断歩道渡って、スーパー突っ切って本当に帰ってきたの!?って感じ。
そして私は部屋に入ってそのまま床で寝てたみたいです。


その間にばあちゃんとバイトのおばちゃんが遊びに来て、家で子供達は
遊んで貰っていたらしいのですが、全くわかりません。


別にこの連休中ハードな運動をした覚えもないし、ちょっと疲れが抜けない
なぁと感じる以外は何も変ったことがないのに、どうしちゃったんでしょう!?


酒を飲まない私は記憶が飛んだのも、こんな風に倒れて寝込んだのも初めて
でちょっとビックリ、まだフラフラしてます。


ちなみに薬は飲んでません。今は気持ち悪くて食欲もないかなぁ(><)
やっぱり年齢なんでしょうねぇ。。。(涙)
  1. 2006/07/17(月) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

地元水族館+悲しいお産の書き込み

さっき本家サイトを見たら、最近奥様が出産で植物になってしまったという
方からの書き込みがあった。


文中に突然容体が変り搬送先の病院に駆けつけると、奥様が白目をむいて人工
呼吸器をつけられていた・・・とあった。


私の妻も血圧が30以下の心肺停止状態で搬送されたので、一命を取り留めた
朝は脳へのダメージもあり、顔面の神経も麻痺さいた妻の顔を見ているので


その時のご主人の様子が自分とダブって久しぶりに記憶が蘇ってしまった。
悲しいお産が消えることは本当にないんだろうけど、そんなお話しを聞くた


びに胸が痛みます。でも、彼は本当に強いなぁと投稿をもらった私も勇気
付けられました。



さて、すっごく話を変えてしまいます。


今日はお友達大集合でランチ後に近所の水族館へ行きました(^^)
身近な場所ほど足が向かないもんで、我が家も随分久しぶり。。。
オフ水族館2

オープン当時はすっごい人で、「いづれはローカルな場所だし暇になるだろう・・・」


なんて思っていたけどとんでもない!
水族館ってすごい人気なんですねぇ(@@)

オフ水族館

下は2歳児から上は小学1年生まで水族館は年齢幅がなくなります。
みんなそれぞれの感性で食い入ってみていました(^^)

オフ水族館1

今日一番心惹かれた魚君。
なんてブサイクなんだろう。ピグモンそっくり。


なのにこんなに魅力的。
そうかぁ・・・世の中にはブサイクでもモテる奴はいるんだなぁ。

頑張ろう(^^)
  1. 2006/07/16(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

合同練習夕方

夕方からは|ちゃんも合同練習参加
パンクラス・高田道場・木口道場と一緒で子供も保護者で溢れかえっていた。
合同練習3

スパーリングはさすがに他の道場はキャリアのある子ばかりで
今日は○君も|ちゃんもコテンパンにやられました。

合同練習4

|ちゃんは一番チビだから、相手のタックルの強さに圧倒されて
終始泣きっぱなし。


○君も全く相手にならない感じで、すぐに倒されてまわされてしまう。
でも、二人とも向っていく姿勢は最後まで消えなかった。


大体泣きが入ると小さい子は引いたり、親元に逃げてくるんですけどね(^^)
本当に強くなりました。
合同練習5

最後のスリアゲ100回もド迫力でした(@@)
練習後みんなで正座して反省会をしましたが、○君一言が言えずずーっと正座


のまま先生と根競べ。
とうとう世界ランカーの先生相手にKO勝利してしまいました。


まだまだみんなの前で気持ちを伝えるまで道のりは長そうです(涙)
  1. 2006/07/15(土) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

全国大会まで1週間

今日はレスリングの練習、全国大会1週間前ということで
午前と夕方2回行なわれ、高田道場、パンクラス、ビートファンク


木口道場の子供達が来て合同練習です。
レスリングママたちが面倒をみてくれるということで、今日は○君


も学童を休み練習参加、|ちゃんはちょっと心配だから保育園。
○君の楽しみは実は午前の練習終了後みんなでポケモン映画に連れ


て行ってもらうことになって、今日はまた気合が入っている(^^)
合同練習1
今朝、ビートファンクが合流しただけでもこの人数。
ちょっと狭く感じました。

合同練習2
準備体操の輪もいつになく大きな輪になっています(^^)
今日はマジ暑い!


明日は、力道山のお墓がある池上本門寺で走りこみの練習がありますが、
我が家はお休みですので、今日トコトン練習で汗をかいてもらおう!


しかし、こんな暑いと食欲減退商売あがったりって感じです。
蕎麦屋さん一人勝ち!


でも、鮨屋も藻塩を軽く降って巣立ちをキューッと搾った白身のにぎりもマジ美味そうです(^^)
  1. 2006/07/15(土) 00:00:00|
  2. レスリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

不良の仲間に入れたくない!?

5年生の娘さんを持つお友達ママさん、なかなか難しい年頃のようで
日々子育て格闘しているようなのですが、そろそろ中学校の事も考え


始めていて、「うちの子不良グループに入りそうだし、私立に入れよう
かなぁって思ってるんだけどどうかなぁ。。。」って話になった。


育児に関しても年齢も後輩の私が率直に感じて話したことは・・・


「悪い子に影響されて不良グループに入るわけじゃなくて、類は友を呼ぶ
じゃないけどやっぱり友達って似た者同士が集まるもんだし、私立に入れ
たって、本人が歪んだ心を持っていれば、その中でまた歪んだ者同士が集
まるんじゃない!?」と答えた。


子供を夜な夜な遊びまわったり、非行に走らせたくなければ、そういう子が
近寄り難く感じるような人格を形成しない限りは、どんなに金を掛けて


どんなに隔離しても自分の居心地の良い場所を求めてそこへ自然と行くだろ
うなぁってのが持論です。


例えば|ちゃんがレスリングをやって規則正しい生活習慣がついて、更に
それ相当の実力がつけば、そういう世界の子と不良グループの子達は同じ


環境にいても一緒にはならないし、同じ価値観のある友達や彼氏と付き合う
ようになるでしょう。


これは、人間社会全体を見ても、金持ちは金持ち同士交流を持つし、音楽好き
は音楽好き同士集まるのと同じことだと思っています。


だから私は今勉強そっちのけでココロとカラダを鍛えることを
重点課題にして子供達を見守っています。


先生が保護者会の度に、何言ったって気にしない気にしない。
私が設定した目標を確実にクリアしている子供達がそこにいればOKなのです。


みたいなことをお友達ママに伝えました。
勿論あくまでも持論なので人に勧めるような確信はないし、そう思うよ!と


話しただけ。でも、迷いながらも考えてたなぁ。
これから私も子供の成長とともに同じ事悩む時期が来るのかなぁ・・・。
  1. 2006/07/14(金) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

迎え火+動きがあった

今日は東京ではお盆です。
我が家のお墓のある寺院では、東京という窮屈な環境に配慮した形で


お盆を迎えさせてもらいます。
お坊さんは特別希望が無い限りは家に訪問することはなく、迎え火を


焚く事ができないマンション事情に配慮して、お墓で迎え火を焚ける
ように準備をしてくれます。


今年は夕方から無情にも雨。
でも、お天気如きでママのお迎え省くわけには行きません(><)


ちょっとタイミング悪く、かなり濡れちゃったけれど今年も家族で
お盆を迎えることができました。

迎え火

今年は「お盆はママが天国から降りてくる日」というのを子供達も
なんとなく理解できるようになり、興味に満ちて目を輝かせながら


お墓に手を合わせていました。父ちゃんはやっぱり今年もちょっと
胸が痛んじゃったかな!?(苦笑)


そんなお盆の初日にB家に動きがありました。
B母さんが学童で館長と話をされて、心は暗中模索ながらも動く気


になったようです。とりあえず都立梅ヶ丘病院という子供のメンタル
に関わる専門病院へ行くことを決めましたが、今から予約を入れても


9月にしか予約が取れない状況で、いかに世の中心の病んだ子供が
多いかを意味するだけに笑えない状況ですが、お母さんもそれなりの


決意でちゃんとしたところで診て貰いたいという思いがあり予約を
入れたようです。またその間も児童相談所などにも出向き、色んな


情報収集をしながら、アクションを起すつもりでいるようです。
とはいえ仕事は継続するようですが、返って突然どっぷり子供と向き


合って環境変化が大きくなるのもお母さんには大変だろうから、
それはいいのかなぁと思いました。


表情は固いながらも、B家の中で唯一私の話しに涙を流したお母さん
は相当悩んでいたようで、何日が考える時間はあったけどようやく


気持ちが動いたようです。
そして館長に家庭内の事情をかなり細かくお話ししたようで、


やはり相当複雑な事情を抱えた家庭環境にあったようです。
今、学童を休んでいるB君、すでに変化が出てきました。


毎日続いていた喘息発作が急に良くなり、家庭内での表情も穏やかに
なってきたようです。ただその分寝る時間が遅くなり11時くらい


になってしまったとは言ってますが、B君も僅かかも知れないけど
家庭環境の変化を感じてくれるようになってるようで一安心。


昨日の日記のみなさんのコメントすべて想定内でした。
私への忠告というより、今学校の親御さんの間で噂が広まっている


状況で、B君に対する他の親御さんの目がどういう風に向けられて
いるのか気になっていました。だから、みなさんのコメントを読ん


で、「やっぱり普通はそう思うよなぁ。。」って親御さんの気持ちを
僅かながらに理解できたような気がします。


だからこそ私はそうしたかったという思いがあるのですが。。。
私も精神的ハンデがある人と向き合った経験がありますが、


B君のような心が病んでしまった子がキレるには、特定の動機が
存在し、B君の場合は馬鹿にされる、自分の存在を否定されるような


事を言われた時にキレる特徴があり、逆にそれ以外や自分に愛情をく
れる人に対しては絶対に攻撃することはなく、穏やかな笑顔を見せて


くれます。だから、他人の愛情に触れて妬んでキレるようなことは
ないし、決してドラマのようなキレイ事に夢見たわけでもないん


ですよ。例えばエイズの人がいたら、エイズの知識がないひとは
近くにいるだけで感染するんじゃないか!?と避けてしまうけど、


ちゃんとした知識があれば恐れることもない、というように学校の
親御さんたちがB君を誤解して危ない子として見て、疎外されて


しまうのがすごく心配だったのと、B君同様に仲良くすることは
○君の心にとってもいいケアになると思っています。


もちろんいきなり遊ぶなんてことではないです。挨拶からだろうし
許す許さないのレベルでもない。


今回のことで更に確信したのは、○君は大人しいし、肉体的にも
弱っちいけれど、魂(中身)は半端じゃなく強いです。


下手にヤンチャですぐにトラブルを起す子ほど、魂はもろい。
弱い犬ほど良く吠えるんだよ!って以前友人から言われましたが、


自分の弱い内面を守るために、暴れたりするのかぁと納得したこと
があります。3人で歩く時にも、○君は2人が仲良く歩いて


一人になっても、普通に一人で歩けますが、他の子は一人にされる
と二人を妬んで親にワガママ言ったり、二人を蹴ったりします。


今回の件でも、他の子供に比べて○君はすごく冷静です。
本当に○君の魂の強さには、父もケツ捲くられる思いです。


勉強がついていけなくたって、プールに顔つけられなくたって
本当に父ちゃん息子に惚れ込んでます(^^)


話し反れちゃったけど、これからはお母さんとも連携を取りながら
仲良くしていけたらいいと思っています。


それと、それとこのお盆中に子供達の夢の中にママ来てくれるといいなぁ・・・(^^)
  1. 2006/07/13(木) 00:00:00|
  2. 妻のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

私の構想

今日の練習は○君のモチベーションが非常に高くてビックリするくらい
頑張ってた。ダッシュ等の基礎体力トレーニングはもちろん、なかなか


力を出さないスパーリングも、タックルこそ少ないけれど、タックル切り
から後ろを取ってネルソン(首と腕を固めて仰向けに返す)からけさ固め


という基本中の基本の流れを、いつもの小さい子たちだけではなく、同じ
体格の曙の息子君などを相手にしても力負けせず決めることができた。
2006-07-12 21:38:33
そして、インターバルに私のところに駆け寄ってきて
「パパーッ○君強くなった?今度の試合勝てるかなぁ!?」と聞いてきた。


すごいすごい!「頑張って練習すればきっと勝てるよ!」と頭をなでて
抱き寄せた。すると○君満面の笑みで更にモチベーションあげて汗ビッショリ


ほっぺを真っ赤にして今日は最後の擦り上げまで頑張っていた。
あぁ、どうかこれからもこのモチベーションが続きますように・・・(^人^)


さてさて、昨日の日記のみなさんのコメント。
確かに事例を増やすということはリスクを伴うし、その間B君は改善しない。


でも、親の自覚がない以上は家庭環境の変化は望めないし、かといって
必要以上に説得することは、現在の親御さんの自覚状態では逆切れを


導きかねない。B君のケアをするどころか、


「誰のせいでこんなに大変な思いしてるのよ!」
「ったく面倒ばかり起こしやがってふざけるな!」


と言った具合に、周囲から親に向けられた重圧がB君へ向けられ
ないとも限らない。


これから行政や学校を説得して動かすのは、親を動かすことと同様に
ものすごく労力を要するし、正直気が重いし、カウンセリングも所詮


話を聞くだけに終わっては、期待以上の効果はないだろうし、
そういう意味で他力本願は体力を使うわりに効果を期待できない。


みなさんのコメントを読みながら、どうしたら最小リスクでB君のケアを
進めていけるか考えて、なんとなく自分なりの構想ができてきました。


今度休みの日に一緒にB君を誘って遊んでみようかなぁって思っています。
○君や|ちゃんと仲良く遊ぶことで、○君たちは3年生ってこんなことも


できるんだぁという刺激にもなるし、B君も私に子供達同様の扱いを受け
ることで、最初はいじめた子の親に恐怖を感じながらも、家族の輪に触れ


て、○君たちを面倒みるようになり心を開いていくキッカケになる
かも知れない。


「汝(なんじ)は敵を愛せよ」
聖書の言葉らしいが、高校生の時に通学電車で読んだ曽野綾子だか


三浦綾子だかの本(多分氷点!?)にあった言葉を今思い出しています。
悪い噂の流れるのは早いもので、もうB君の噂は水面下で1年生の母親を


中心に広がってきていて、「怖い、追い出したい」という声が出てきて
いることからも、被害者である我が家がB君と遊ぶことは、B君が救われ


ると同時に○君の心の中で将来、「パパはあの時僕とB君遊ばせたなぁ」
というのを思い出すときが来るだろう。


もし、ここでB家に制裁を与えてB君を避けるような振る舞いを見せれば
○君は将来自分の人付き合いでも、そうした線引きをして生きるだろうけ


ど、B君と仲良く付き合うという選択をすれば、○君は人生で人を恨む
ような生き方をしない子になるような気がしてます。


「汝は敵を愛せよ・・・」
この言葉に出会った時の2倍以上の年齢になってようやく、この言葉の


意味がわかりかけてきたです。
  1. 2006/07/12(水) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

校長の登場

みなさん沢山の言葉ありがとうございます。
愚痴も吐きたいだけ吐いたし、いい気分転換になりました(^^)


昨夜ほとんど眠れなかったので頭ボーっとした一日だったけど、
朝一で事件の詳細を知る唯一のお友達ママにも少し話ができて


自分の方向性も再確認できました。
今日は学校の保護者会だったので、さっそく終了後担任の先生と


少し話して、校長を呼び出してもらった。
すると校長はすぐに教室まで会いに来てくれた。


学校側の考えについても一通り説明を受けた。
学校でもB君をメインに何度か話を聞いて、今回の事件はB君の


心の問題が大きく関係していることを理解した。
そして、B君のお母さんと1度会って、その要因は全て親の育児に


対する認識のズレから生じていることも、私と同じ考え方だった。
B君の心の問題は、やはり親の育児に対する意識改革ということも一致した。


そして親にカウンセリングなど専門科の力を借りながら進めていくこと
の重要性を理解させなくてはという部分まで同じなのですが、


私と同じく親御さんがまだ心でその問題を理解していないという部分に問題を
感じていたようで、校長としてはそれをどんなに説得しても、今の段階では伝


わらないし、学校が家庭介入できる範囲の力では、あの夫婦には伝わらないと
いう考えから、しばらくはB君に目を光らせながらも、事例を増やしていく


中で親に気付かせて進められるのではないか!?という考えらしい。
つまり、犠牲が増えることを覚悟でトラブルが増えていくことで、親に認識


してもらって意識の改革をしていこうというのが校長の考えらしい。
確かに、私もどんなに説得しても無表情なB家の姿勢に行き詰まりを感じて


いただけに、それも一つの方法なんだろうなぁと感じていた。
ただ、首を絞められる子がこれからも出ることを覚悟でということに


YESともNOとも言えない複雑な思いを感じた。
しかし、学童は学童で説得交渉を続ける姿勢だし、両者がそれぞれの対応を


することで、幅広い対応になるのかなぁとも感じた。
とりあえず、校長もアポなしの呼びかけに対しすぐ来たし、教育者のプロとし


ての考えも尊重したいと思った。
結果的には、校長と担任にも私の考えに深く頷いてくれたし、好印象を与え


ているようだった。そして今回の事件は子供の心に対する理解と向き合い方が
両極端な家庭の間で起きたことに、不思議な因果関係を感じていたようだった。


B家はお母さんが一度謝罪したことで、この事件は解決したと思っているし、
とりあえずあと私ができることは、経過をみながら状況によって児童相談所


などに実情報告をしておくくらいかなぁって感じています。
でも、こうした首を絞める危険な行為をするリスクのある子がそのまま


特別な対応をしないまま今も学校にいるということが、父母の間で広がったら
そのまま暖かく見守って経過をみてくれるだろうか?という思いは残ります・・・。
  1. 2006/07/11(火) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

本 音

実は事件以来、なかなか眠れない日が続いています。
ってか寝つきは普通なんだけど、1時間くらいで夜中何度も目覚めちゃう。


神経が疲れてるとそうなるってお友達ママさんが言ってたけど、
そう言えば、妻が闘病中の気が張ってた時の状態もこんな感じだったかなぁ。


結構強気で立ち向かってるけれど、本当は○君が首を絞められて爪を立てた
指が頚動脈に食い込んで声も出せずに泣きながら苦しむ姿が何度も浮かんで


しまって結構キツイ。(><)
そして○君以外にも実は妻の死に顔までチラつく。


私にとって子供達は、妻の血が生き続けている存在でもあるから、子供の存
在、大切に思う意識が本当に強いし、子供が傷つけられることは、苦しみ


ながら最後の最後まで家族のために戦い抜いてくれた妻を更に傷つけること
意味するだけに、妻の姿まで浮かんじゃうのかなぁ・・・。


本当はこんなにも弱い自分にイライラして食べるのも辛くなっている。
なんとかこの苛立ちを紛らわそうと、何となく掲示板に書き込み入れたり


してみたけど、精神が充実していない時はそんな姿が文章となって出てしまう。
だったら、弱い自分を出しちゃえ!と思って日記に書いてみた。


でも、弱音ばかりを吐いてもいられない。
命にはリセットボタンがないんだよ!って痛いほど知らされた我が家に


こんな災難が襲い掛かってきたのは、B君の守護霊が彼を救って欲しいと
助けを求めてきたようにも思えて、だから大切な我が子が殺されかけた


というのに怒りより、彼の両親より先に彼の病んだ心を感じてしまったのか
なぁって思っています。


でも、いくら私にだってそれは難しいよ。
イヤだよ。もう忘れたい。


これが本音だよ。。。
  1. 2006/07/10(月) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

10日の日記

足底筋を痛めてもう2ヶ月になろうとしてるのに、まだ治らない。
毎日地面に足つけてるから安静にはしてないけど、もういい加減治って欲しいです(´□`)

明日は学校の保護者会だから、ちょっと学校の対応みて、これからのアクション考えようかな…。
  1. 2006/07/10(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

子供のヒーリング

事件後初めての日曜日どんな過し方をしようかと考えた。
子供の心が癒されるような過し方ってどんなんだろうって。


やっぱりそれってパパ・ママ・子供達家族が揃って団欒の時を過すかなぁって。


そんなわけで必要以上に遠くに出掛けたりとかもせず、近所の公園で遊んだり
子供の足の向くままに子供のペースで過してみた。

近所2

自宅脇の公園に行ってみると、普段なら遊んでるわけでもない保育園が一緒
というだけで○君と|ちゃんの間の年長さんの女の子と会うと妙に仲良く遊


んだり、この春先には登れなかった滑り台の斜面を駆け上がれるようになっ
ていたり、これだけ子供と接していても日々の成長には驚かされる。
近所

一方では家では殆ど遊ぶこともなく、処分間近だった恐竜の小さな人形が
公園に持ってくることで妙にリアルな人形に変身して、砂場で恐竜を戦わ


せて遊ぶ1年坊主。
「ガキーン!バキッ!!ドッカーン!!!」

なんて言いながら一人白亜紀バーチャルに入ってる。
まだ、こんな遊びもするんですねぇ(^^)
近所3

滑り台の上から兄妹でシャボン玉に夢中になったり、喉が渇けば
親子3人並んでジュースで「ホッ!」

近所1

こんな過し方が子供にとっては一番のココロの良薬なんじゃないかなぁ・・・。
金も掛からないし、必ずしも一緒に遊ばなくても、遊ぶ姿を見ていてやる。


ただそれだけで子供って安心するんでしょうね。
それは同時に親にも言えることかな!?
  1. 2006/07/09(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三者協議

今日は学校を除いた学童の先生とB家と話し合いをしてきました。
正直前途かなり多難かなぁ・・・。


学童の先生2名と今日はB君のお父さんも出席です。
お父さんが来たというのは、これまでの経過からすると進歩でしょう。


館長とM先生から最新情報を含めて再度事件状況の詳細と、これまでの
前歴や他の児童への心理的影響の説明があり、B君の心の問題について


かなりストレートな意見がありました。
B君のキレる状態は実は一度キレると2時間くらい先生がずっと後ろか


ら交代で抱きかかえていないと納まらないみたい。
キレる症状は真っ白になって、周囲の声も届かなくなる時や、今回のよ


うに挑発や逃げろといった言葉だけに、異常なまでに素早い反応を示す
場合とあるようです。そして後ろから抱きかかえると、興奮はして身体


は暴れるのですが、時折先生の方を見て微笑んだり、
「先生ゴメンね大丈夫?」と気遣う言葉を言ったりする。しかし身体は


興奮状態のままが続いて手を緩めると大暴れしてしまうという。
B君を止めに入ったM先生は保育師や障害保育など沢山のキャリアを持つ


ベテラン先生ですが、B君の今回見せた興奮状態の顔が今まで見たこと
もない形相で未だに顔が焼きついて夜中に何度も起き上がって布団に


座らないと落ち着かないような精神状態が続いてるそうです。
こうした彼のサインをキチンと受け止めて欲しいということを話していた。


私からも彼の無表情についたり色々心が原因と思わせる症状を見てきたこと
や、身の上話を含めてかなり重い話しをしました。



私が話すほど館長やM先生はボロボロ泣き出しているのに、実はこのご両親
も無感情か?と思うほど表情を変えない。


それどころか1時間半ほど話した中で、一度も夫婦間で相談したり合図を出
したり、お互いを頼ったりという行動がない。


かといって、こちらに対して反発するような行動もない。
私や学童の言うことが頭に入っても心に入っていかないし、彼らの言葉も


立派なことを言うのに心が伝わってこない。
カウンセリングについても、「こうした心理カウンセリングの効果は信じてない・・・」


と受けることは検討しながらも、半信半疑であることを述べている。
多分学校共々周囲の声を大きくして圧力を掛けなくては動かないのかもしれない。


しかし、それは親はいいとしても学校に通うB君にとってどうなのか?
また、学校に圧力を掛けることで、実は学校内の教室を間借りして運営して


いるだけに、学童を追い出したり、学童が校庭や他の施設を使える時間を制約
したりという方向に力が向く可能性もある。


これだけ学童が頑張って訴えてくれてるのに、問題の加害者や学校事の重大
さに気付いていない。


学童に悪い影響が出ないように圧力を掛ける・・・・・。
かなり難しいです。


多分このままだとB君は自分の本能と違う自分によって、ご両親、或いは
○君のような関係ない人に犠牲が出てしまうのかもという恐怖すら感じる。


そう考えると本当に切ないけど、できる事はしておくつもりだし、例え
報われなくても、琴吹家と学童の固い信頼関係が出来たという幸は


私達に残されるのかなぁって思っています。
これまでの文章で伝わったかどうか分りませんが、実はお父さんが出てきた


のは無感情ながら前進なのかも知れませんが、お父さんからは謝罪の言葉
はありませんでした。最初にペコリと会釈したのが本人にとっての謝罪なの


かも知れませんが・・・。また、当然お母さんが来た時も持ってこられても
困るのですが手ぶらでしたし、見舞い金含めて一切治療など金銭的な心配の


声もありませんし、それに気付いた学童スタッフも唖然として同じ土俵にも
いないくらい双方が噛みあわない現状なのかと呆れていました。


まあ、B家への印象が悪くなるほど、私と○君への学童の評価は上がるし、
元々B家へそこまでの期待をしていなかったので、私自身は全く気持ちの


変化はありませんが・・・。
  1. 2006/07/08(土) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

怒りと敵意

今本気で腹立ってます。怒ってます。超あったまにきてます。
私が怒りをぶつける先は学校かも知れません。


今日夕方児童館の館長と昨日のB君親子との会話について話しを
して明らかになったのです。


明日の話し合い学校は参加しないと学童に伝えました。
私ではなくて学童にです。


理由は、まだ学校として情報整理が不充分なのと方針が決まっていないから。
馬鹿ったれ!方針を決めるために話し合おうって言ってるのに(怒)


一昨日副校長、館長、私の3者で話したときに「これは学校、学童、個人が
それぞれ勝手なことをしてても解決にならない、縦の壁をとって一緒に解決
を目指すことが大切」


と説明して、納得したくせに・・・。
更に早期解決と子供への精神的負担を考えて、学童ですでに事情聴取ができて


いるのだから、この情報をまとめて情報共有していって欲しいと言ったのに、
学校は学校で更に事情聴取を実施した。


しかも、担任レベルと校長室に呼び出しと学校内でも横で共有せずに個々に
情報収集しやがった。このような恐怖感も消えないこの時期に、何度も子供


に怖い記憶を思い出させ供述させることがどれだけ子供の精神負担になるか
なんて全く考えてない。


明らかに、学童があれだけ情報収集したのに学校側がなにもしてないと後で
突つかれるのを敬遠してこれだけのことをしたという実績残しをしたいだけ


にしか感じなかった。事実ある子供は学童を欠席して、病院で「先生に話す
のが怖かった」と言ったという。


それだけのことをやって、折角両方の親のスケジュールを優先して、学童側
が調整してくれた話し合いの席を欠席すると学童に報告してすましている。


正直ガッカリです。学校側の権限者を徹底して潰してやろうと思っています。
ただ、それを友達ママに話したら、学校を敵に回せば○君が肩身の狭い思い


をするかもしれない。冷静にとブレーキを掛けてくれた。
でも、これってテロに屈するみたいで、どうしても納まりがつかない。


自分より立場が上の人間がこんなことしてるとなれば、尚更向っていきたくなる。



月曜日までに出方を考えなくては・・・・。


そして学童情報で、更に事件の詳細が分った。
B君が○君の首を絞めているとき、


『後ろから手を回して力いっぱい絞めたけど、手が回りきらず絞め
方が足りないと思ったから、爪を立て指を喉へ食い込ませて強く絞
めつけました。』
と話したらしい。


○君が死んだらもっと早い対応をして、軽症だとあまり騒がず、
動いたという証拠残しだけで済ませようとするだけでいいのか!?


死亡事故だろうと、軽症だろうとB君の動機は同じだよ、
B君の心の叫びは同じなんだよ。


殺していればB君はすぐに救われて、殺しきれなかったB君は救われないのか?




  1. 2006/07/07(金) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

影 響

今回の事件では沢山のコメントをいただいていて私も全て眼を通して
いますが、全てにコメントを返せるほどまだ頭が整理されてなくて


返答を控えさせて貰っています。すんませ~んm(__)m


この事件が起こって以来、実はポチポチとその影響が色んな形で出て
きました。


○君はお陰さまで心身共に安定してますが、この事件に関係していた
他の児童には不安定になって学童をお休みしたり、夜泣きをして寝て


くれないという声も出ていています。
また、親御さんからも「B君は結論が出るまでお休みさせるべき」


とか、「正直もう学童やめて欲しい」などの声も出始めています。。。
世間が騒ぐというのは、学校や学童の対応にプレッシャーを与えるという


意味ではすごく大きな影響力になると思っているのですが、それが
B親子にとってプラスになるのかマイナスになってしまうのかという


部分で不安になっています。
勿論他の親御さんたちからそう言った声があがるのは理解できる。


正直私だって、○君が首を絞められ苦しむ姿を想像したら叫びたくなる。
私にとって子供達は妻が残してくれた大切な宝だし、それと同時に唯一


妻の血が子供達の中で今も行き続けてるだけに、子供達が傷つけられる
ことは、あれだけ苦しんでこの世を去った妻が更に傷つけられることを


意味するんですから・・・。
でも、今は私はあえて○君を先生の管理下ではあるけどB君と一緒に


過させるようにしている。
傷は正しい治療をすれば前より更に強くなるけど、間違った治療法をすれ


ば後遺症になる。臭いものに蓋をしたり除外することも、確かに治療法と
して成立し有効なケースも多いけれど、根本治療にはならずハンデとして


残る。だから、私は間を空けずに一緒にB君と過す時間を与えてみています。
幸い、B君も謝罪し、○君もそれを受け入れてくれているので、3年と1年


だから、元々接点が多いわけでもないから普通に過せているようです。
そんな私の動きとは裏腹に情報は一人歩きしていますが、


私が説明できる範囲では、親御さん達に説明することで、一応私のスタ


ンスを理解して貰っています。ただ騒ぎを隠して蓋をすることがいいとも
思えないし、これ以上大きな騒ぎになればB親子を追いつめる結果にも


成り得ない。私が考えていた以上に更に早い解決が望まれるのかも
知れないなぁって感じ始めました




  1. 2006/07/07(金) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

謝罪

夜B君のお母さんとB君が学童の先生、学校の先生とお話しをされた後に来られました。


私は子供達をS君ママにお願いしてマンションのラウンジで会いました。
先方はB君も同席なので感情論や話の内容には注意したかったので、


こちらからは意見を控えめにして、B母さんの話を聞くことにしよう
と思っていました。


B母さんは大人しそうな方で、お話ししてみて彼女はとにかく人を傷つけ
たことが申し訳なくて詫びずにはいられない心境だったようです。


B母さんの今の状況ですが、とにかく要因がどこにあるか自分では把握
していない状況で、先生方からも心的要因を指摘されて困惑している様子


でした。そして、家では祖父母にみてもらっているけど、大人しいし
そんな様子がなかったのでどうしていいか分からない状態のようです。


私はその大人しいってことこそが、祖父母に遠慮している、自分の気持ち
を出せないでいるサインなんだろうと感じました。


それは○君を育てて経験しているから。2歳半でママを亡くした○君は
情緒不安定にはなったもののすごくいい子でした。


でも私は○君が、これだけ生活環境が変ったのにママのことを聞かないの
は絶対おかしい、もちろん聞かれたら私は辛いから聞かれたくないという


思いもあったけれど、それを言わない○君をすごく心配しました。
そして申し訳ないけど、最初は|ちゃんは保育園や両親の力をフルに借り


て、○君と接する時間を徹底していました。
○君が「ママは!?」と言ってくれたのはママが亡くなって半年後でした。


それも毎週末連れて行ったお墓で、私の顔色を伺うように優しい声で
「ねぇ、パパァ○君のママは?」と言いました。


「ママはお墓、ここにいるんだよ。」とお骨のある辺りを指差すと、
「ママ、○君だよ!開けて!!」と懸命にお墓のお骨が収められている


石蓋を叩いてママを呼びました。
その時やっと私もホッとし、○君は○君なりにいろんな不安やストレス


と一人で戦っていた。○君はすごく優しくて強い子だから、○君なりに
パパや周りの空気を感じて不安なことも口に出さずにガマンしてたんだ


と確信して、それ以来今もずっと自分の気持ちを声に出して言うという
のを最大のテーマにして○君と向き合っている。


そんな経験があるだけに家で大人しいB君は大人しいのではなく、
必至に耐えてる、ただ○君ほど強い子でもないからこうしてSOSを


流しているのかもなぁと感じた。
それをB君の前でストレートに意見することは出来なかったけど、その


状況すら見えてないお母さんが今どれだけ不安を抱えてお母さん自身が
どれだけ苦しい思いをしているか十分伝わった。


問題はそれをどう気付かせるか。どこまでお母さんが向き合えるかなんだ
ろうなぁって。こんなに先が見えずに不安定な精神状態のお母さん。


子供が一番安心できる存在がこんな状態では、子供の心が安定するはずが
ない。やはり、まずすべきはお母さん自身の育自だろうなぁって感じました。


何だかんだで1時間ほどお話しをして、土曜日に話すべきことの整理が
ついてきた私は、最後に「これからお母さんも少し大変になるかも知れな


いけれど、一人で抱えることはないからみんなで子供のためにがんばろう。」
と声を掛けると、B母さんはガマンしていた涙が一気に溢れてしまった。


「しまったぁ(><)泣かしちゃったどうしよう・・・。」
かなり困惑しつつ、加害者の親の抱える罪や責任の重さやプレッシャー


B母さんの気持ちが伝わるだけに、自分まで貰いそうになっちゃったけれど
そこは踏ん張りました。


しかし、気がかりだったのはそんなありのままを見せたお母さんの姿を前
にしても全く表情を変えることはなかったB君の姿。


「B君お母さん頑張ってるから、B君もお母さんと頑張るんだぞ!!」
と背中を叩いて外まで送った。
  1. 2006/07/06(木) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

病院で心体検査しました

昨日の学童での話し合いの後、そのまんま○君を掛かりつけの小児科
へ連れて行きました。


最近は子供達もなかなか病気しないからご無沙汰でしたが、クリニック
へ着くなりまず、金曜日5名で予約貰ってラッキー(^^)V


ハイ、本題です先生自身4人の子持ちという根っからの子供好きで
すごく温厚な人ですが、首の傷と状況を説明すると表情が一変。


先生は心の相談員もしているので、B君の対応についても行政指導が
介入しないと解決しない問題だろうといつになく真顔で言ってました。


○君自身は大事に至らないようです。いつでも診断書が書けるように
して、学校の対応方法によっては先生の方から学校へ電話を掛けて意見


する事もできるからと言って貰いました。
診察後の薬局でも、スタッフは全員お友達状態なので、薬剤師の女性も


ビックリし、受け皿用意したいくらいに眼を丸くして真っ赤な顔をして
マシンガントークが始まり、まるで自分が怒られてるような気になって


しまいました(苦笑)



今回の件でB君の事情などを聞いて感じたことは、最近の少年犯罪


の増加は子供が変わったわけではなく、親が変わってしまった結果
なんだろうなぁというのを感じています。


ここ10年15年のレベルで見ても、キレる子どもが注目されてる
けれど、実はキレる大人が急増しているのを私は強く感じています。


自分の商売を振り返っても、同世代のお客さんの質がとにかく悪い
のが目立つし、クレームでも何でもとにかく凶暴だし威張るように
なりました。


その逆で表に出せずに陰湿な行動になるケース多くなってるのも事実ですが・・・。


そんな私たちの世代、共働きも常識になり生活スタイルも変わりました。
そして、夫婦それぞれが自分の時間を大切にするようになったり、


育児で自分の人生を犠牲にしたくないみたいな価値観を言う声も聞
かれるようになり、子供と心と心を向き合わせる機会をなくしている


家庭が増えていることなど、大人が大きく変わったことによりSOSを
発信する子供が増えたんじゃないかなぁって感じています。


B君の家もお父さんは単身赴任、お母さんも夜まで仕事、年の離れた妹
の存在、一人っ子の時期が長かったろうから余計に親の眼を引きたいと


いう本能がこのような事件として現れたのかなぁって。
共働きだから、片親家庭だから、そんなのが理由になってはならない。


○君が何かトラブルを起こしたときに、「あそこの家は父子家庭だから・・・。」


なんて言われる世間になって欲しくない。だから、B君のご両親にも
家庭事情なんて言い訳をせず、育児のために育自に目覚めて欲しい。


そのために今回は一奮起しなくちゃなぁって思っています。


土曜日に学校で話し合いが行なわれる予定ですが、その前に今日B君の
お母さんがB君と我が家に来てお詫びしたいと連絡がありました・・・。
  1. 2006/07/06(木) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

状況把握

みなさんありがとう。
本来は一人で悩み一人で結論を出していかなくてはいけない死別シングル


という立場でありながら、こうしてブログを書くことによって普通の家庭
のように夫婦でお互いの意見を出し合って決断できる。すごく心強いです。


さて、今日は午後早めにお迎えに行って学童館長、現場にいた学童M先生
副校長先生の3名と話してきました。


今日学校の各担任や学童の先生がそれぞれ関係生徒から状況確認をしてく
れて、その報告をしてくださいました。


B君の「○君が殺せと言ったから首を絞めて殺そうと思いました。」とい
う証言と、「そんなこと言ってない」という他の児童達の食い違いは


現場の状況検証からどうやらこういうことだと分ってきました。


○君の学童は学校の敷地内にあるのですが、ちょうど下校時間になって
学校から学童に移動する間の時間に事件が起きました。


校庭で学童外の児童が遊んでいたボールがB君のところに転がって、
それをB君が蹴ってその児童にボールを返してあげたところ、


「お前蹴り弱いなぁ」と言われて、B君がキレてその児童にB君が襲い
掛かって児童の首を絞めた。その現場のすぐ近くで遊んでいた○君達


1年生3人組は危険を感じ、「危ない逃げろ!」と言ったS君の声に
B君が反応してこの3人に襲い掛かり、逃げ送れた○君が掴まって


B君に背後から乗られてかなり長時間首を絞められたようです。
その状況を見ていた3年生のI君がB君に駆け寄って、


「1年生をいじめたら可哀相だろ!やるなら俺にやれ!!」と仲裁に
入ってくれ、そこでB君は○君の首から手を離してI君に襲い掛かった


瞬間に学童のM先生の姿が目に入って御用となったようです。
興奮していたB君はどうやらこのI君の言葉が○君が言ったと勘違いして


いるようで、現実はたまたま喧嘩の現場の近くにいた○君が流れ弾に当
たってしまったようです。


B君はやはりお父さんが単身赴任お母さんも夜遅くまで働いている家庭
環境で近所に住む祖父母に面倒を見てもらっている環境にあるようで、


妹がいるようですが、家では妹に噛まれたり首を絞められたりしてるよう
で、学校でもしばしば死にたい、自分は生きていても仕方ないという


言動は聞かれたようで、以前にもそのSOSを見逃すな!と親御さんと
話し合った形跡があるようです。


普段は大人しい子ですが、自分が馬鹿にされたりすると異常なまでに
興奮してキレる特徴があるようで、同じような前歴が何回があるようです。


大体状況が見え、改めてB君も被害者なんだなぁという事を感じました。
今日の話し合いで私もB君が怒られても表情を変えないことなども話し、


保護者同士がゴメンなさいと言って済む問題ではないことを強調し、
学校の責任、学童の責任という枠で考えずに一体となって解決方法を


考えることと、B君の親がどこまで意識改革をしてくれるかお話しを
聞きたいということと、今の状況では被害者感情としてB君と同じ環境で


息子を生活させることは怖いし、正直このままでは一緒にいて欲しくない
と言いました。


○君が首を絞められて苦しみ涙を流す姿を想像すると、被害者感情、怒り
が湧きますが、冷静にB君の心の叫びに手を差し伸べられるような根本解


決が私の要求であることを伝え、土曜日にB君のお母さんも含めて学童、
学校立会いの元話し合うことにしてもらいました。



この後は病院に行った結果を書きます。


  1. 2006/07/05(水) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

続報悲しい事件

22時ちょっと前にB君のお母さんから電話がありました。
○君がレスリングの試合で相手に倒された時は、涙が止らないくらい


感情が荒れたのに、今回命に関わる事件にも関わらず私はかなり冷静です。
3分ほどお母さんと話して明日以降学童と学校の校長副校長、それぞれの


担任を含めて話し合う予定なので、少し動きを見てから直接二者で話すか
学校関係者を含めた中で話し合いをするか決めましょうとだけ話して切った。


私はB君のお母さんから電話が来る前に、お母さんの出方次第でどう対応
しようか考えていました。


・自分の子供の起した事件に動転してただ謝ってきたら。。。


・実態がよくつかめてないけど、とにかく反省してる態度を取ったら。。。


・こっちも悪いけど、お宅にも責任はあるみたいな事を言ってきたら。。。


今の時代子供も分からないけど、親だって個々に色んな自分の常識持ってる
から、一方的に被害者感情持ってると何言ってくるかわからないですからね。


結果、B君のお母さんは2番目に近い感じだったかなぁと言う印象だったの
で、今回の対応にしました。


被害者感情剥き出しで恨み感情をぶつけるのもいいのかも知れないけれど、
ふざけるな!ごめんなさい。だけの話では済まないと感じたことがあったんです。


夕方B君と直接話した時に、学童の先生からB君は時々精神的に不安定になると
聞いたので、様子を見るために少しずつ圧力を掛けて話したのですが、とうとう

「今日親にちゃんと自分で○君の首を絞めましたって話すんだぞ!」
「自分のしたことでお母さんやお父さんがどれだけ悲しむかちゃんと見ておけ!」

くらいキツク怒鳴るところまで言いました。


しかし、B君泣き顔を見せるどころか、全く表情を変えなかったんです。
その瞬間、彼が首を絞めた時も今も彼は全く無感情だと感じて今回の根の深さ


を感じたんです。
親御どうしの二者レベルの話で済む問題ではないことを。


それに、彼や親に怒鳴ったところで、彼が深く落ち込み後悔するのか?
逆に復讐感情を持ってしまうのか?その怖さも感じました。


これからしなくてはならないことは、双方の心のケアと二次災害を防ぐという
こと。


もちろんB君の家庭でのこれからの話し合いや躾けも大切ですが、家庭だけで
躾ければいい問題でもないし、社会全体で子供を育てる必要があるという点か


らも、私も子を持つ親としてB君と向き合っていかなくてはと感じているので、
B君家に感情で戦うとう形ではなく、とことん戦うつもりでいます。


良くも悪くも大切な命を亡くして裁判をした経験があるだけに、怖いくらい
冷静で先の先を考えようとする癖がついてしまったのかもしれませんね。


と言いながらも、事態の重大さは別問題にして今日も通常通り子供達をレスリ
ングに連れて行った父です・・・m(__!)m



ちなみに事件の報告を聞いたとき○君の傷を見て、私が言った言葉が
「何でタックルして相手倒さなかったんだ!」でした。


それに対して○君、「だって地面固いところでやったら痛いじゃん。」って
相手が怪我することを気にしてた。


確かにそういう躾けしてきちゃったのですが、これからは適切な護身、防衛
手段についても注意しながら説明していかなくてはって感じています。


とりあえず今日一日首を触ってくすぐったりして、○君の様子を見ています
が、ヒリヒリする、声が出し辛い以外は特に問題なさそうです。


あとは寝てる間の様子を少し見守ってようと思います。
  1. 2006/07/04(火) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

悲しい事件

今日学童で○君が3年生の男の子に首を絞められた。
幸い人のいる場所だったので、すぐに先生が駆けつけて大事には


至らなかったが、○君の首には手で締め付けた跡がアザとなって残った。
先生が駆けつけた時○君は呼吸が詰まって涙を流していたとのことだった。


学童にお迎えに行った時に、その首を絞めたB君に会って理由を聞いた。
首
「○君が殺せるもんなら殺してみろと言ったので殺そうと思いました。」
と蚊の鳴くような声でB君は言った。


○君や○君と一緒に遊んでいた子たちの証言では全くそんなことを言った
覚えは無く、詳細もかなり違っている。


まぁ、どっちが正しいという問題は置いても、問題なのは彼が殺意を認めた
事にある。


彼の家庭はお父さんはずっと出張状態で、お母さんも夜まで働いているので
精神的に不安定になることがしばしばあるとのことだか、だからと言って


それが理由になって仕方ないで終わる問題でもない。
今回は偶然人のいる場所だったけれど、1対1の密室であったら取り返しの


つかない事態になっていた可能性もあるし・・・。
9時に親御さんから電話を貰うことになっていますが、未だ連絡は来ない。。。


私の取るべき行動を今のうちに考えておこう。
  1. 2006/07/04(火) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (138)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。