Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポケモンスタンプラリ~

今年もこの季節が来ました。
子供たちは先日からウキウキです。


というわけで、今日はJRのポケモンスタンプラリー三昧の一日でした。
しかし、不快指数の高い超蒸し暑い天気に加え、一駅毎に階段を昇って改札を出てスタンプを押すために並ぶを繰り返す。



路線図なんて理解していない子供たちはお気に入りのキャラクターを指差して、「ここ行く~ぅ!」の連発。


「違うよ、今ピカチュウ駅だから、となりはヘイガ二駅だよ。」
と説明しながら、コンパクトに山手線をひたすら回った。
でも、山手線内はやっぱり混んでるんですよね。
しかも駅も狭い(><)


今日の最終目的地は巣鴨!
巣鴨にはフレンチパウンドハウスがある。
フレンチで美味しいアイスティとケーキ(^^)これだけを想像しながら子供たちの手を引き引きどうにか4時に終了。



友人のイモちゃんがシェフをしていたときとは、微妙にケーキの味わいも変わってしまったが、やっぱりウマい。



でも、胃の調子は相変わらずなので、生クリームにイチゴの果汁を混ぜてほんのり赤味を帯びたいちごショートのルージュ1個を大切に味あわせていただきました。上のいちごは子供たちに取られたけど(--)


しかし、子供たちは体力ついたなぁ、帰りの電車も全く寝ることなくポケモンの人形で遊びながら帰った。
来週も行くと言い出すのか?わからないけど、暑さ対策必要ですね。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/31(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

欝っぽい愚痴

夜子供たちを風呂にいれ、布団につかせたところでいつものように店へ向かった。


大通りの交差点を渡ろうとすると、救急車がサイレンを鳴らしながら赤信号を進入してきた。



私は横断を止めて救急車を見送ろうとすると、青信号の道路から白いBMWが救急車を急停車させてまで交差点に進入して走り去った。


「ホントに馬鹿な奴がいるもんだなぁ~。」


なんて思いながら救急車が通り過ぎた後、横断歩道を渡ろうとすると、こんどは二人乗りのスクーターバイクが「ドケドケ!」という勢いで歩行者を煽るように曲がってきた。



本当に馬鹿な人間が多いナァと思いながらも、そんな連中が高級外車に乗ったり、夜中に遊びまわったりしてながらそれだけ稼いでいるのに、真面目に働きながらも毎日生活に四苦八苦し、税金や家賃の滞納請求に終われるような日々を送っている自分が虚しくなってしまった。



「憎まれっ子世にはばかる。」
「正直者は損をする。」



実にピタッと当てはまるなぁと、仕事をしているのも馬鹿馬鹿しくなる。
確かに店に来る人たちとかを見ていても、どう考えてもズルイ人のが得な人生を送っているように思える。


これがキレイ事にはいかん世の中の現実なのかなぁと思いつつ、妻が亡くなり、子供達の父親になり、零細企業経営者になるに従ってズルイ事ってできない、自分に嘘をつけなくなってきている。
一生金儲けのできない人間で終えてしまうのかナァ。


(こんなことを書くといかにも自分が正直者のようだが、もちろん欲の塊、ズルイ自分も存在して、ピノキオの妖精のようにいつも葛藤しています。
でも、善の方がなんか勝っちゃうことが多くなってきたんです。)


そんな歪んだことを考えていると段々欝っぽくなるねぇ。(苦笑)
金は欲しい、本当に欲しいけれど、それが自分の人生で最も求めていることなのか?と考えると、それも自信がない。



どんな生涯を送りたいか?
「我が人生に悔いはなし」と言える人生を送れることが、私にとって一番価値ある生き方なのかな!?
  1. 2005/07/30(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

調子いい!?

書き足し、今昼食を摂って気づいたの。

にぎりが6貫食べられるようになった。

昨日までは4貫も食べると気持ち悪かったのに食欲2貫分増えたぞ(^^)




でも、まだクルクル寿司なら3皿分?イヤ、ネタの大きさが違うから5皿くらい?
とにかく、体調崩して1ヶ月ようやく1回に食べられる量が増えた。
きっと甘いもの解禁したのが刺激剤になったのだろう。(勝手な解釈)



ところで、明日で楽天ポイントが有効期限切れますってメールがきたけど、
別に買い物しなくたって勿体無いもんじゃないですよね!?
  1. 2005/07/30(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ちょっと独り言(^^)

昨日で納涼祭も終わり、さすがに疲れ父ちゃんは、
「明日はちょっと寝坊してもいいかなぁ。」


なんて、気を緩めて1:30就寝Zzzz(--)
なのになんでか今朝は7時起き。
あと1時間くらい寝てていいんだって自分に言い聞かせても目が覚めちゃった。


しかも、昨夜は|ちゃんのかかと落としで目覚めてトイレにも行ってる。
今?頭が重くて眠い感じ・・・。


ところで、今日はちょっと暴露。
昨夜の納涼祭最終日は、毎年恒例で○君の保育園のクラスの父母も集まります。


実は前の日記を閉鎖するキッカケとなった、盗察ママのピカチュウママ(仮称)さん昨夜納涼祭に参加。


ずっと知らない振りをしてたけど、実は察しがついてた(苦笑)
彼女過去に1回だけblogに批判レスをつけたことがあって、そこに動かぬ証拠を残していってくれたので、ずっと知ってた。



ってか、今回怒らせたママさんとどっちかだと思ってたんだけど、彼女が被害者になってしまったことで、1人に自然と絞られちゃった。
それを確定付けるために、更にPCを調べれば分かるけど、それは避けている。



とりあえず、私にも大きな罪があるし、なにより子供達の仲を最優先に考えたいからね。でも、この一件で被害者となったママさんは、納涼祭に来れなくてピカチュウママさんが来るというのは、なんか申し訳ないというか複雑な気持ちになった。


被害者ママさんは、私を見る度に恐い目線でチラッと見てはシカトを通している。もう一生許す気はないのだろう。私も一度はキチンと話を聞く場を持たせて欲しいと申し出たが、もう全て話して言うことないからいいですと言われたので、それ以上なにもしていないけれど、睨みだの無視だのそれはそれで、不自由な思いをさせてしまったことに申し訳なく思っている。



妻の命が奪われても、人は許すことができるのだから、今回も時間と共に和解できると信じているが、被害感情って人それぞれだし難しいのかな。


まだ、ピカチュウママさんがここを見つけてROMしにきたら、これからどんな態度を示してくるだろう。ちょっと興味あり。
私は彼女の存在がわかったところで、何も変えるつもりはないけれど。
変に被害者感情を抱けば、精神的に疲れるし、自分の交際範囲も狭くなっちゃうし、いいことなんて何にもないからね。



でも、こんな胸のうち公開していいのかしら?


  1. 2005/07/30(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

一仕事終了

昨日は胃カメラの結果が上々だったこともあり、
相変わらず食欲のない私は、昨日は検査後初めての食事は抜きにして
頑張った自分へのご褒美に、ケーキ屋さんへ直行!


モンブランとショートケーキをアイスティーストレートと共にいただきました。
久しぶりのケーキ解禁、これだけは食べられるのね。


でも、やっぱり少しもたれたようで、夕食は子供のおかずを摘み食い。
とはいえ、この茹だるような暑さ、「水羊羹なんかが美味しいかなぁ?」
と思って寝る前に2つだけいただきました。


そして、今日は3日間の納涼祭最終日。
この2日間で前年140%。
今日昨年並みにいけば売上トップだ。
と思ったけど、最後はボチボチで終わってしまった。


しかも、店の月間売上は7月としては過去最低。(ToT)
不況の波から抜けられない・・・。
しかし幸いにして、家賃と従業員の給料だけはなんとか出たので一安心。


今日は大人しく寝ます。ZZZZ・・・。(--)
  1. 2005/07/29(金) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

胃カメラ

オエ~ッ!
 (>o<)

















今日の胃カメラを一言で表現。(ToT)









胃の調子が悪いのに、昨日から絶食で昨夜は寝れなかった。

今朝子供達を保育園に送ってすぐに病院へ。

9:30スタートで受付を即効済ませたのに、なかなか呼ばれない。



「今日は帰ろうかなぁ。」すぐにもう一人の私が呟く。

しかし、どうこう迷っているうちに時間がきて、呼ばれると早速口内麻酔。

最初にエグイ液体を飲まされる、



「うぅ~マズ~イ。」

慣れた看護婦は私のコメントを無視して「はい、次はこれ。」



と渡されたドロ~ッとした液を口に含むと、ピリピリ痺れてきた。

2分ほど口に含み、吐き出すと




「うぇ~マジ~ィ」


それもやっぱり無視されて、今度は喉の奥の麻酔と言い、苦い霧吹き5回噴霧を2セット。



「ゲホッ!ゲホッ!」

それも淡々と勧められると、最後に筋肉注射をしていよいよカメラ。

先週診てくれた女医さんのうしろ姿。

準備が整うと、こちらにきた。


「アレッ!?」

今日はマスクを外していた女医さん、
先週のイメージと違う・・・。(ToT)



でも、ここからは早い、一気にカメラを挿入されると嗚咽連呼しながらも胃の中をグリグリと見始めた。
更にカメラがどこまで入るのよってくらい奥に侵入すると、もうコードの残りがちょっとしかないじゃんってとこまで突っ込まれた。



お腹はカメラが動くたびに痛かったけれど、入ってしまえばもう嗚咽もない。
抜くときもスルスルって抜けていった。


「先生抜くの上手だね。」

サラッと出た言葉だが、若い看護婦もいる中でなんてことを言ってしまったんだと後で後悔。


とりあえず、全体的にビラビラの荒れ野状態というだけで、悪いもんはなかったようです。結果は2週間後だって。


  1. 2005/07/28(木) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

KO負け

昨日くも~の医療掲示板の書き込みにレスしたら、
「男にはわからん~」と「ナルシスト!」の禁句二連打を浴びて完全KOされてしまった(><)


43歳の人で高齢出産でのダウン症率についての書き込みだった。
1/100とクワトロテストの回答をすればいいだけの話だったのだけど、その人のダウン症率が60%以下だったら妊娠したくて、そうでなければ・・・という方に引っかかってそのレスをつけたら、エライ剣幕で怒り出して、「私にもそういう子が生まれたら現実を受け入れる力量はある。」と言っていかれた。


別にその人を攻めるレスをつけたつもりはないのだけれど、
なんか、天使ママさんになられた方とかうちのケースのような現実を振り返ったとき、確かに障害に対する不安は理解しつつも、変な気持ちになってしまって、お産って難しいなぁという感想を述べただけでしたが、最後にはシカトするように他の方にレスを残していった。


いつもなら、こんな言葉を返されようなら喧嘩腰になってしまうところだろうけど、今回はそんな気分にはなれなかった。


ちなみに我が家も|ちゃんの妊娠ではクワトロテストを行なった。
正直35歳で不安もあったから。
陰性反応が出て二人でホッとしたのも確かだけど、その後本当にこんなテスト必要だったのか?なんでこんなテスト受ける必要があったのか?と二人で複雑な気持ちにもなった。


その辺の気持ちも入ってたんでしょうね。
でも、私たちはそこで初めて、自分たちの元に来てくれた子供に、ハンデがあろうがなかろうが、最愛の子供であることに変わりは無いということを学習できた。


結果は子供ではなく、親にきてしまったけど。(涙)

  1. 2005/07/27(水) 00:00:00|
  2. お産については
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

命がけで守らなくてはならないもの

誕生日も結婚記念日も過ぎた今日、持ち上げるべき話題なのか?と疑問が残りつつも、先日の地震で私には金品(お金ないけど)を捨ててでも守らなくてはならないものが3つあることを再認識した。



それは○君、|ちゃん、そしてもう一つが手、「妻の手」なんです。
これは、結婚披露宴のときにみんなの前で作ったオブジェ。
ちょっと昔の話だけど、とんねるずの「ハンマープライス」って番組があったの覚えていますか?

手

あれで、よく芸能人のデスマスクとか身体をかたどって銅像を作ってオークションに出店していたの覚えていません?
ドローッとしたゴム状の粘性物質を型に流し込んで固めるのですが、その型とり剤、歯科の歯型を取る型取り剤を応用したものなんです。



あの型取り剤はアルギン酸ナトリウムという昆布から抽出される増粘多糖類をベースに作るのですが、私がサラリーマン時代に扱っていた商品の一つで、製造元が私の顧客だったために、商品PRを兼ねて研究室の方に来てもらって、披露宴でホントに披露したんです。



みんなの前で型を取ったあと、石膏を流し込んで一時間ほどで出来たオブジェを披露宴の後半で披露して、みんなにメッセージを書いてもらったんです。



幸か不幸かこのオブジェ、妻が亡くなった今、唯一残る原寸大の妻の姿。
この手には、手相やエンゲージリングはもちろん、指紋まで鮮明に残っている。


でも、真っ白な石膏のオブジェ、触るのが怖い。すごく汚れが気になるんです。
だから、記念日だけ恐る恐る妻の手を握るんです。


でも、離れ離れになってしまった後もこうして妻の手に触れることができる。
興味本位で作ったこの手のオブジェがまさか、こんな宝物になるとは考えてもみなかった。



子供たちと共に私が大切にしている原寸大の妻の手を紹介してみました。
  1. 2005/07/26(火) 00:00:00|
  2. 妻のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

業務連絡

今週は明日26日13時に観光ホテルに集まりましょう!
  1. 2005/07/25(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソレイユの丘+団地祭り

今日は朝から小雨が時折ちらつく曇り空。
お休みを楽しみにしている子供達を何をして過すか?


ちょっと気になっていた公園ソレイユの丘に行ってみた。
神奈川県三浦半島の先端、京浜急行三崎口駅からバスで20分という東京の人にはとんでもない場所。


よく晴れていれば、海水浴客で電車も車も大混雑が予想されたけど、この天気だしチャンスだなぁと思って、車で出かけてみた。

首都高速・横羽線・横浜横須賀道・三浦縦貫道と4つの有料道路を抜けるコースだが、横浜横須賀道が出来る前はこの道路はずーっと片側一斜線道路で、大渋滞のメッカでしたが、この道路の開通と、天気のお陰でスイスイ1時間で行ってしまった。



が、しかし問題もある。高い(涙)全部で片道2300円往復4600円の交通費。ただし、一般道より燃費が向上するので、一般道を使ったときとの差額は3000円くらいの負担かな?



さてさて、ソレイユの丘ですが、すごい公園ができましたねぇ。
プロバンス風の公園は農園・子供の広場・体験工房・相模湾を一望する露天風呂など見所満載。


プロバンス風っていうのがどんなものなのか分からない私は、とりあえずこの景色がプロバンス風なんだと納得したが、子供達はそれどころじゃない。




目の前の遊具に戦闘準備体制に入っている。
「遊んでいいよ(^^)」
の一声にすっ飛んでいった。
ソレイユ遊具

ここは無料の公園設備+有料施設が混在しているけど、やっぱりうちの子有料施設にも興味深々だった。


おもしろ自転車・ゲーム・ゴーカート・スワンボート・園内周遊SLなどあった。
でも、料金全部2倍だからキツイんですよねぇ。(汗)

ソレイユ自転車
更にゴーカートが2人乗りで、二人の幼児の父子家庭は乗ることができなかったために、スワンボートをねだられて乗ったが、これも父子家庭の影響が出た。



人力ボートのペダルに足が届くのはパパのみ・・・。
20分間耐久有酸素運動がはじまってしまった(><)
「もっとスピードだして!」という無情な子供達の言葉・・・。
20分後の太ももは久しぶりのいい張りを見せた。



疲労回復のために、しばらく子供達をジャブジャブ池で遊んでいいよと許可を出す。ここのジャブジャブ池のすごいところは、ちゃんと温水シャワーと子供用更衣室が完備されているんですよ。

ソレイユ池

冷えた身体に頭からお湯をぶっ掛けて、サッパリした子供達は、まだ遊び足りずに公園の滑り台で遊んで、なんだかんだで帰りは18時出発になってしまった。



これだけ遊べば車の中で・・・なんて思ったらとんでもない。
バッチリ起きていて家に着くなり、「お祭行こう!」

と近所の団地のお祭に行って、再び保育園の友達と遊びまわっていた。
  1. 2005/07/24(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

(@0@)すげぇ地震!

おぉ!揺れた揺れた。
免震構造のマンションがゆらゆら・・・ガターーンっときました。
外は救急車が走ってる。


でもTVは震度4かぁ。
地震に気付いたことのない、店からも電話がきた。


保育園の子供たちも心配だから、これからお迎えに行ってこよう。
でも、今夜人手不足でずっと仕事な私。
子供たちが不安がらないようにフォローしなくちゃ。


P.S.こんな地震の後で、店は混んでくれるだろうか。
  あぁ、しかも給料日前だぁ(ToT) 
  1. 2005/07/23(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

「不幸を売りにしている」かぁ~

何日前かに、主にROMで来てくれるりんご2004さんのサイトにお邪魔したときに目に付いたテーマのタイトル。


これは、彼女がブログを渡り歩いていたときに見つけた書き込みのようなんですが、↓こんな↓ふうに書かれていたんだって。

「最近シングルマザーと言う文字をやたらと見かける・・・
頑張っているのはわかるけど、それはシングルでなくても同じだし
死別は別として、自分の失敗(結婚に関して)を
それほど胸を張って言う事なのか?
不幸を売り物にして同情を買っているように思う・・・」



「私は死別なので該当者ではない・・・。」
なんて感じたのではないない!


しかしまぁ「シングル」=「不幸」という図式は誰が決めたんだろうね。


「しあわせは いつもじぶんの 心がきめる。」


blogを公開する以上、だれだって「私はこういう人間です。」とか
紹介するのは当たり前で、これは不幸を売りにしているのではなく、みんなありのままを公開しているだけの話。


双子ママなら「双子ママです!」って言うし、

妊婦さんなら「妊婦です!」って紹介する

シングルなのだから「シングルです!」という何が不幸なのか?



不思議な考え方をする人がいるもんだ。

そもそも死別だと可愛そうで、離婚だと恥という考え方も世間知らずというか、起伏のない人生を歩んでいる人なんだろうなぁと感じる。


と言いつつも、私も死別して間もなくは、

「別れたくなくたって別れさせられてしまった私からみれば、離婚なんて贅沢!」

なんて悲劇の主人公のようなアホなことを考えた時期は確かにあったから、そう強気に責めることもできないのだが。(汗)


でも、すぐ気づいたなぁ。私達同様離婚には離婚の苦労や悲しみがあることも。

そして、こうしてシングルとして生きることは、2人でやることを1人でしなくてはならない分作業が多いのは確かだけど、決して不幸なことではないし、

大変ったって限られた人生という時間の中で、沢山やることが増えるということは、それだけ人生密度が凝縮されるということで、
その分達成感や喜びが、平らな道を歩いている人より大きくなる。



その大きくなって自分だけでは抱えきれなくなった大きな喜びを公開しているのだと思う。



もちろん時には、その逆もある。



配偶者が身近にいると気づきにくいけど、夫婦って日常で苦しみや悲しみは二人で半分ずつに分け合い、喜びは二人で二倍にしながら生きている。


そんな普通の夫婦より、密度の濃い人生を送っているシングルは、それより大きな苦しみや喜びを抱えながらも、それを半分にすることも二倍にすることもできない。

だからblogで公開してみんなから沢山のメッセージをもらうことは、その代替行動にもなっているのだと思っている。


世の中のそういった偏見コメントに出会ったら胸を張ってそう言ってやりたい37歳ホヤホヤ父ちゃんの語りでした(--)
  1. 2005/07/23(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

もう1回おめでとうでいい?

昨日の日記ではみなさんの過大評価のコメントに、
素直に喜んで良いのか?
ちょっぴりプレッシャーを感じながらもやっぱりニヤけてしまった。



おめでたいこと続きですが、今日は私の誕生日。
とうとう37歳になっちまった(><)
(掲示板の年齢も書き換えなくちゃ)



2歳姉さん女房だった妻より2歳年上になっちゃったんだなぁ。
いったい私が何歳まで生きられるのか?はよくわからないけれど、
私が現世での暮らしを終えて、妻と同じ世界に行くときには、
とんでもないジイ様の姿になってしまって、35歳の姿の妻は私を迎えてはくれないだろうなぁと日々考える。



でも、自ら命を絶った人は、妻のいる世界には連れって行ってもらえないって言うし、素直にジイ様になるか!と覚悟を決めた。



誕生日だからって、別に今日はなにもすることないのですが、とりあえずお墓に行って2人の時間を過すのが最高の贅沢かな(^^)



妻への37歳の豊富の報告内容は決まった。

『安定』です。

・精神の安定

・肉体の安定

・生活の安定


生きる基本とも言えるこの3つの柱、今は全部不安定でガタガタだからねぇ。
  1. 2005/07/22(金) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

結婚記念日

今日は我が家の結婚記念日。
私の27歳最後の日に結婚式を挙げ、妻の20代最後の日に婚姻届を提出した。


平成8年7月21日日曜日、昨年も書いたが舞浜のシェラトンホテルで私たちは式を挙げた。


その年の6月に完成したガーデンチャペルでの挙式を予定していたが、朝から大雨。「中止かナァ・・・。」なんてブルーな朝を迎えた、


しかし、夏の陽射しが和らぐ夕方に挙式を挙げて、夜に披露宴を行なう予定にしていた私たちは幸運にも、昼には嘘のように晴れ上がり、無事に式を挙げることができた。


東京湾に沈む夕日をバックにガラスのチャペルで式を挙げ、夕方からは最上階のフレンチレストランサミットを貸しきっての披露宴。


クライマックスでは、高砂の後ろのカーテンが一斉に開けられてディズニーランドの花火を見ながらの会食。
9年経った今でも昨日のことのように思い出せるナァ。


今日は家の仏壇と遺影の周りにひまわりとカラーのアレンジメントや花束を飾って思いっきり明るくしてみた。


夕方からは早めに子供たちを迎えに行き、いっしょにお墓へ行った。
ここにもひまわりや黄色い花を沢山飾って、子供たちも懸命に掃除のお手伝い。


線香をあげて私はさりげなく子供たちに言った。



「○君|ちゃん、今日はねパパとママが結婚式した日なんだよ。」

「エー・・・」


○君はそういいながら笑顔でこちらを見た。


「結婚式ってパパとママがラブラブだからするんだよね。」

「う・・・うん。○くんよく知ってるね。パパとママラブラブだから、今もこうやってお墓にみんなで来て、おめでとうするんだよ。」

「パパとママラブラブになると赤ちゃんできるんでしょ。」

「そうそう、パパとママラブラブだから○くんと|ちゃんが生まれたの。」

「えー、○くんと|ちゃん赤ちゃんだったの!?」

「そうだよ!」

「へぇ~。」

「でもさ、なんでママ死んじゃったんだろう。お腹が痛かったの?」

「うん、お腹のここを怪我しちゃって血が沢山でちゃったの。ママ頑張ったんだけど、最後に疲れちゃったんだって。」

「へぇ、ママ頑張ったんだ。ママ死んじゃったからお星様に行ったんでしょ!?どうやって行くの?」

「○くん|ちゃん、ほら、お線香見てごらん。煙が出てるでしょ。」

「うん」

「この前田舎でおじいちゃん焼いたの見たでしょ。」

「うん」




「みんな死んだら、焼いてあげるの。そうするとこうやってお線香みたいに煙になってお星様まで飛んで行けるんだよ。それで、ママはお星様に行ったよって教えてくれるために骨を残してくれるから、骨はお墓に埋めてあげるの。」




「そうかぁ、じゃあママはお星様にちゃんといるのね。」

「うん。」

「ハ~ァ、ママ会いに来てくれないかナァ。」

「ん?来てくれるよ。○くんと|ちゃんがちゃんと夜早く寝てお利口さんにしていれば、○くんと|ちゃんの夢の中に会いに来てくれるんだよ。だから、ママのお写真沢山見て一緒にお話しようね。」

「うん!」




子供たちの中には今でもちゃんとママに会いたいという気持ちがあることに悲しさよりも嬉しさを感じた。
そして、○くんが死についてかなり話が具体化して、彼なりの解釈ができるようになったこと、


|ちゃんも分かっているのかは別として、一生懸命に聞いて、「えーっ、」とか「しょーだよぉ」と言いながら懸命に理解しようとしている姿が愛らしい。



そんな会話をしてお墓を出ようとしたとき、○くんが最後に言った。

「あ、そうだ!パパがまた結婚すれば、○くんと|ちゃんのお家にママがくるんだよ!!」


「うぅぅぅぅ・・・・・。」

最後の最後で用意していた台本外の台詞にアドリブを利かせることができなかった父であった。

(画像掲載しようかなぁと思ったけど、ちょっと考えて見ます。)
  1. 2005/07/21(木) 00:00:00|
  2. 妻のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ただいまぁ~

「まずお知らせ、明日13時関係者はホテル集合です。」


さてさて、
病院に行ってきました。
店と同じビルにある総合病院。



とりあえず今日はバリウムはありませんでした(^^)
その代わり、


「食欲ないんじゃ、バリウム飲むのも大変だし、どうせ何か見つかったら飲まなくちゃいけないんだから、来週カメラ飲んでみましょうか?」


って女医さんの優しい問い掛けに
「うん」
って頷いちゃった(><)


白衣の魔法使いの言葉にまんまと頷いてしまったお父ちゃん(ToT)
まさか女医さんとは思わなかった不意打ちをくらってしまった。


別に若い女医さんではなかったのに、話しかけが上手いんだよねぇ。
更に触診もいつものオジサン先生のゴツイ手じゃなくて、女性の手でお腹を押されたにも関わらず


「痛てーーーーっ!」

って状態だったし、
更に「背中とか重い感じがしたりという症状はありますか?」


なんてまさにピタリと自覚症状にマッチすること聞くもんだから、こっちも完全にビビッちゃって今回は降参した。
もう、月末の更に年に1度の納涼祭イベントのある忙しい日に胃カメラデビューだ!



追記、夕方マンションに戻ると、地下のパーティルームではマダムが10名ほど集まり、周りには子供がワイワイ遊んでる。
更に、良く見ると胸には名札。
これってもしやオフ会だったかな?
結構あちこちでやってるのね。(^^)
何の集まりだろう・・・。気になりながら近寄れないお父様でした。
  1. 2005/07/20(水) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ちょっと行ってきます。

昨日の税金関係のテーマはいつもたくさんレスいただきます。
みんな色々あるもんですねぇ。


我が家は自営だからあの金額でも、個人捻出しなくてはならんだけにシンドイのですが、サラリーマンの方も差し引かれるから分からないけど、相当支払ってるんですよねぇ。


それと、公務員の方からのレスもごもっとも。
特に病院や学校なんかでは、本当に頑張ってる人たくさんいます。
私の妻がお世話になったのも都立病院、不眠不休の救命処置を何日にもわたり続けてくださった。なんか、公務員さんってその職種?によってか分かんないけどギャップがあるなぁと感じてます。



ところで病院ネタですが、体調を崩して1ヶ月が経過。
自覚するような苦痛は消えてるのだけど、食欲が戻らないんです。



ダイエットも運動もしていないのに、この1ヶ月で体重が勝手に5kgも減った。
オフ会で会った方、「エー----ッ!!!(@@)」


って声が聞こえてきそうだけど、マジで体重減ったんだって!
ただ、まだまだ貯蓄が十分あるからやつれて見えないだけです。


むしろ健康的に見えてきた。
しかし、殆ど日中は食べれず、朝豆乳1本も飲めば夕食までずーっと胃が重いままだし、その後の夕食も半分食べるかどうか?という程度で喉を通らない。


どうにかカロリーをということで、寝る前にお菓子を食べるのだけど、それでも体重が減ってきたので、仕方なく総合病院で胃の検査をしてきます。


食欲ないのにバリウム残さず飲めるかしら・・・。



ということで、本日は時間が取れないかもしれないので、明日21日13時に久しぶりのミーティングをしますので、関係者の方は観光ホテルに集合してください。
  1. 2005/07/20(水) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ちょっと政府は集金し過ぎや

今月も金欠崖っぷち生活から脱出できない琴吹家。
この今年の金欠には理由がある。


昨年マンションの資金にと売ったタンス株の売却益により、年収が2倍になってしまった。でも、そんなのぜ~んぶマンション費用の手付金に使っちゃったし、今の生活そのものは全くそのまんま。


売却で出た利益のうち消費税+手数料を引かれ、更に税金で20%引かれてるのに、今度は所得として計算されてしまい更に税金が掛けられる。
しかし、それだけではないのが家庭持ち。


せりかさんに言われて思い出した!
片親家庭の児童手当だかなんだかも却下されちゃった(><)


収入2倍のお陰で、子供たちの保育園の費用も2倍になってしまい、国民健康保険に至っては4倍になってしまった。
毎月そんな保険料払ったってそんなに病院通いきれんなぁ。


固定資産税だってガッポリ請求してくるし、自分で買った資産になんで税金収めないといけないのか?一番不思議な固定資産税?
相続税や贈与税もそうだけど、何重にも取れるように実に上手くできているなぁ。


って感じでなんだかんだで、生命保険もあわせると、月の引き落としが190,000円。更にマンションの管理費やら公庫の返済が始まると・・・。



あららもう大変。早く稼がなくちゃと思いつつも店の売上げは伸び悩み。
小泉さん曰く、そんな零細企業の悲鳴を聞いても、


「それぞれの自助努力でなんとかして欲しいですねぇ。」で終わってしまう。残念ながらマスコミで躍らせたりしない限り、安売り商売でも工夫どうこうでは客は取れない。



今年は当店のような昔ながらの商売を守り続ける店だけではなく、居酒屋なども含め、かなり飲食店の売上げは厳しくなっているようです。


今日は公庫の手続きで、住民票や戸籍謄本、印鑑証明を取りに区役所に行ったのだけれど、この証明書類だけで5,000円近く掛かった。
役所に提出する書類のために、何で役所から証明書類を買って、更に印紙をつけて役所に提出しなくてはならないんだろう?


そして、区役所ではこの暑い中5時ちょっと過ぎに駆け込ん出来た人に対して、「今日の業務は終了しましたので後日お越しください。」と相変わらず天狗商売。



一般のサラリーマンは、サービス残業して懸命に働いてるのに、定時に片付ける姿をみて、これで安定収入得られるなんて・・・とちょっと切ない気分。



うわ~すごい愚痴ってしまった(><)


でも、嫌なことばかりではない。今日お昼にこのblogでお友達になった月夜の雲さんがお嬢さんとご来店。
クレラップ少女のようなヘアスタイルのお嬢さん。


これが超かわいい!
なんて表現したらいいのかしら?とにかくかわいい女の子。
カウンターでの鮨も食べなれている。


私も早くこの階級の暮らしができるように頑張らなくては。

  1. 2005/07/19(火) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ポケモンフェスタ2005

昨日のオフ会食べ過ぎで、その後夕食も今朝の朝食も、ランチも子供の残りをちょこっと摘むだけで精一杯の不健康父ちゃん。


「あ゛ーーーーーっ、今日も祝日で子供たちお休みなのね・・・。」
さて、今日は昨日にも増して梅雨明け宣言と共に猛暑。


プールで一日を過ごすということも考えたが、
「それはみんな同じことを考えている」=「芋洗い状態のプール」


という図式が完成してしまった私は、昨日今日で行なわれるお台場のポケモンフェスタに行くことを決意。
決意は大げさかも知れないが、イベント系はお金が掛かるので、今の生活ではやっぱりそれなりの決意が必要。


まず、午前中に子供たちを連れてお墓へ。
生花市場も3連休だから明日までは花は買いたくなかったけど、この暑さじゃ何日もお墓の花は持たないということで、品物が悪いとわかりつつも丈夫な菊を中心に臨時の仏花を買ってお墓へ。


花筒をきれいに洗って、線香をあげようとしたとき、墓地の門が開く音がして、「あら琴吹さん?」と呼ばれた。


振り返ると、妻の親友のCちゃん。
旦那さんや娘さんたちと一緒にお盆にこれなかったからと、連休最終日にわざわざこのためだけに来てくれたのだ。


Cちゃんは妻の実家と同じ団地で物心ついたころからずーっと仲良しで、お互い学童生活も一緒に過ごした、一人っ子の妻にとっては姉妹同様の友人。
妻が亡くなって3年以上経った今でも、こうやって家族と車で一時間以上かけて、妻に会いに来てくれている。


何人かの妻の友人は今でもそうやって来てくれているが、私がお墓でこうして会うのは初めてだった。後でメールで連絡を受けたとき以上に、実際にこうしてお墓で会えると嬉しい気持ちになる。


ゆっくりしたかったが、なんせ日陰もなければ気の利いた店もない炎天下ではそう何分間もいられず、子供たちもポケモンと騒ぐこともあり、早々とお礼を言ってその場を離れた。


お台場のポケモンフェスタは、駐車場で苦労するもの・・・と考えて、電車でお出かけ。しかし、会場に行くまでにあまりの暑さに親子共々ヘタレ気味。


だったのに、会場に着くや子供たちの眼はキラキラ輝き、会場を駆けまわる。幼児の二人にはTVゲーム類はまだ無理ということで、縁日コーナー
というゲームコーナーで遊ぶことになった。


各コーナーとも長蛇の列に備えてチェーンでルートが仕切られていたが、この暑さのためか、どのコーナーも列なし待ち時間0分。


ぜ~んぶ並ばないで遊べたのでした(^o^)/


ってこれがディズニーランドなら万々歳ですが、ここはポケモンフェスタ。全て有料のゲーム。
会場がガ~ラガラということは財布も予想以上のスピードでカ~ラカラになってしまう・・・。(ToT)


しかも子供が二人で料金も2倍。
幼児の子供はどんなゲームをやっても参加賞のステッカーばかり(涙)
なんだかんだと1万円の浪費をしてしまった。


各ゲームの景品を見る度に虚しさがこみ上げるけど、子供たちの顔をみると「笑顔の値段なら仕方ねぇナァ。」と思い、親子三人手をつないで会場を後にした。
  1. 2005/07/18(月) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

第一回オフ会開催

まず、本家の90000キリ番アクセス今夜にも達成しそうです。


さて、今日は私のサイトの初めてのオフ会。

参加者はたららさん、よよよさん、トントンママ&パパさん、babemamaさん、maxbeatさん、teshiさん、管理人琴吹つかさ+8人の子供たち。


もう一人参加を楽しみにしていてくれたnanaさんは入院が長引いてしまったということで今回欠席となった。


参加は本家サイトからの参加者と楽天blogからの参加者もいるということで、参加者同士の面識もない状態でしたが、オフ会企画実行委員会準備室室長のたららさんの協力もあり、



事前のチャット交流なども行なったことで、用意していた名札も不要というくらい、スムーズに会話が進んだ。
ちなみに事前交流のなかった子供たちは、もっとスムーズに遊びはじめた(^^)



私のサイトにはいくつかの顔がある。



*一つは、医療事故による死別サイトとしての顔。

*もう一つはシングルの育児サイト。

*そしてメインは既往帝王切開ママさん向けお産情報サイトという顔。



特に柱となっているお産情報サイトという顔を考えると、対象訪問者は帝王切開経験のママさん。


父親が情報提供するサイト、それも『母児に優しいお産』を最優先に考えるサイトという性質上、必ずしも帝切ママさんの心の傷やVBACへの期待に応えるサイトではないのだから、いったいどれだけの人が集まるのだろう?と少々不安だった。



更にもう一つの不安として、

通常のサイトは帝切サイトなら帝切ママ同士、

死別ならシングル同士

と同じ境遇の仲間同士が集まるのが一般的ですが、これだけの顔を持つサイトの性格上、


帝王切開ママや死別シングルさん、帝切未経験家族健在の方、病気と闘うママさん、お子さんのハンデを抱える方などなど、その参加者の暮らしも様々。



しかし、オフ会参加を募集すると、なんとも嬉しいことに大人9名子供8人もの参加があった。
会場はローカルな我が家の共同ラウンジで行ったが、茨城から神奈川まで遠方から何時間も掛けて集まってくれた。



せっかく色んな人が集まるサイトなのだから、異文化交流じゃないけど、同じ境遇という枠にとどまらず、それぞれ異なる生活環境にいるもの同士がお互いに理解し、交流できる場を提供できればと常々思っていた私の夢が一つ達成された。



死別父子家庭という環境にいる私は、本来なら死別サイトを開設して互いに同じ傷を持つ仲間同士交流をしているのが一般的な流れだったのかも知れない。



しかし私が選択したのは、自分の悲しみや傷を癒す方面ではなく、お産情報サイトという、既往帝切ママさんと母児に優しいお産について考えるサイトを立ち上げる選択をした。



でも、そのお陰でこうやって色んな人たちと交流する場をもてたことは、時には凹みながらもサイトを続けていて、本当によかったなぁと思った。


今度はリクエストの多い、関西オフ会か?九州オフ会?それとも経済的都合でまた東京オフ会になるかわかりませんが、異文化交流の輪が広がっていくといいなぁと実感した一日でしたよ(^^)



参加者のみなさん本日はありがとう&お疲れ様です。

たららch、家庭もてんやわんやの中、きめ細かい準備サポートをしてくださってありがとうございます。


今日は現物の私の姿を見せてしまいましたが、幻滅しないで、これからもお付き合いお願いしますね。
私も今回はみなさんの印象はノーコメントでまとめてみました(苦笑)



追記、今日は町内の盆踊りなのですが、なぜか食べてるだけなのに非常に体力を消耗してしまった私は、部屋一杯におもちゃを出して、更に今ちびまるこちゃん、サザエさんを見せて子供たちには勘弁してもらおうと試みています。
  1. 2005/07/17(日) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

チンチンのお手入れ

とうとうオフ会を明日に控え、なにもできてないわりに気持ちだけ忙しい私。
そんな記念すべきオフ会の日にも実は本家のカウンターが90000番になるかもしれない!


このところ、本家のキリ番ROMの方に素通りされてばかりだから、ぜひとも今回はどなたかに踏んでいただきたいです。
(自分で踏まないように気をつけないと(==))



ところで、エドガーさんと月夜の雲さんのお話し合いを拝見して
今日はチンチンのお手入れについて触れてみようと思います。


男の子をお持ちのお母さんは、お子さんのオチンチンのお手入れされてます?
私は、本家にもリンクしているのですが、紳也先生のホームページに出会ってから○君のお手入れを毎日お風呂でやってます。



って言っても、包茎予防でお風呂に入ったときに、軽く剥くだけなんだけど。
最初は2~3mm程しか開かなかった口も、ちょこっと頭を出すようになってきた。掛かりつけの小児科医にも診て貰ったら、

「5歳でこれだけ口が開けば順調ですよ。」って。
ムリに剥けば剥けるらしいけど、痛いし血がでるかもしれないので、子供が嫌がらない程度にちょっとずつ習慣つければいいって。


そもそも私が気にし出したのは、○君の保育園のお友達に一人割礼をした子がいて、「やっぱ早いうちのがいいのかなぁ。」と漠然と感じたのがきっかけ。


思春期に痛い思いしなくて済むように、ちょっとだけ手を貸しておこうと思って。
しかし、風呂場で一緒に|ちゃんも見ている光景はちょっと不思議(苦笑)
  1. 2005/07/16(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

びっくりしたこと

先日のケツの穴論争が、ものすごい専門的話題に発展し、改めてケツの穴は奥が深いと再認識しました。
エドガーさん、月夜の雲さんありがとう。


ところで、私の人生もうすぐ37年を迎えますが、この人生を振り返ってビックリしたことって思い出すと、どうしてもくだらないことしか出てこない。


○君のオイルプレイやトイレ遊び、新生児の|ちゃん踏んづけ事件、交通事故、妻の死など衝撃的なことが沢山あるにも関わらず、ビックリしたこと・・・って思い浮かべると、前にも書いたかも知れないけどまず出てくるのが、




○君が生まれる少し前くらいのある日曜日の朝、
目を覚まして妻と窓を開けて外の空気を吸って、目の前の道路を見たら、
マンションの前にマチャアキ(堺正章)が立っていた。(以上)





確かに妻と目を丸くしてビックリした、朝一事件だったけど、
別に芸能人なんて毎年何人も見かけるのに、なんでこれがビックリしたという思い出で真っ先に出てきちゃうんだろう。


実にくだらない人生を送っているようで、なんとも切ない気持ちになる。


みなさん人生でビックリしたことってどんなことですか?


  1. 2005/07/15(金) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

なんか年取った!?

日記書くとこの上になんだかゴチャゴチャついていると思ったら、
便利機能だったのね。

それは、そうと今日1週間ぶりに整形外科へ首の牽引に行ったのですが、
どうしても寝ちゃうんですよねぇ。


首吊りながらZzzz…(--)
療法士さんが首のベルト外すまで気がつかない。
「頚動脈が閉まって気絶したのかと思った。」
と冗談交じりに言われた。


その後、ヘンテコな吸盤みたいなのを着けて低周波みたいな電気を流している間も、1分経たない間にZzzz…(--)

これもタイマーが切れても気付かず、吸盤外したらキスマーク?じゃないけど見事に吸盤の跡がアザになって残っている。



私は性格的に枕がかわると寝られないくらいの神経質だったのに、今では目をパッチリ開いて、「絶対寝ない・・・」って呪文を唱えても気付かない間にすぐ寝ちゃう。


歯医者だけは昔から、口あけながら寝ちゃう不思議な習慣があったんだけど、今では医者ならなんでも寝てしまうみたい。
年を取ったのかなぁ。

目指せ!ナイスミドルのはずなのに、どこでも寝ちまう中年オヤジになりそうだ。このままではイカン肉体改造しなくちゃ(汗)
  1. 2005/07/14(木) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

お盆

今日東京では迎え盆。
昨日の夕方お墓に行って大掃除。
200弱のお墓があるけど、香炉とか全部バラして水道でマジックリンでゴシゴシ徹底して洗いまくるのは私だけ。(苦笑)


だって、お墓を泡だらけにしたくないし、香炉のしつこい煤は中途半端な掃除で終わらせたくない。周りの人も香炉が分解できると知って、「うちも・・・」って挑戦しようとしてたのですが、実は香炉だけでも10kgくらいあるので、オバチャンやバアチャンたちには到底持ち上がらないのでした。

****************************
今朝は、朝一で花を買って墓へ行った。
この期間だけは、ひまわりはお休みで魔よけの菊や道に迷わないように、行灯の役目をするホオズキなんかを活けた。


墓も花もきれいになり、午前中は線香をあげて、いつも通り妻が天国で幸せに過ごせますように、こちらにいる家族が幸せに過ごせますようにと手を合わせて、仕事開始!


午後からは、マンションの公庫ローンの手続きで渋谷の某銀行ローンセンターへ。普通なら入居前に手続きが完了して、入居月から返済開始が一般的だけど、うちは残金支払いも2ヶ月遅らせて、ローン開始も登記の名義変更などで三月開始の公庫を今月まで延ばしてしまった。


普通ならとっくに契約破棄状態だけど、なにごとも交渉と粘りでなんとか乗り切ってしまった。


さてさて、渋谷での手続きが完了すると、再びお墓へ戻って迎え火の準備。

家で盆棚を飾って、迎え火でお迎えするのが、普通なんだけど、なぜかこのお寺の檀家さんはみんなお墓にもお盆の飾りつけをして、迎え火をたくみたい。
住職もちゃんと迎え火の準備をしてくれている。


大体6時くらいからぞろぞろと人が集まるので、30分はやめに行って、ゆっくりと妻と話をしながら、今年もお盆を迎えることができた。
  1. 2005/07/13(水) 00:00:00|
  2. 妻のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ケツの穴の問題

昨日の日記のレスでむっちゃんが、
「私はケツの穴の小さい・・・。」と書き込んでくれた。


ずーっと前から、「ケツの穴の小せぇ野郎だ!」の捨て台詞に疑問をもっていた私。

「ケツの穴ってデカイ方がいいのか?」

でも、むっちゃんがケツの穴が小さいと聞いてなんとなく美的イメージが湧いた。
やっぱり小さめで閉まりの良いほうが、衛生的じゃないですか?




注)これはエロ日記ではありません。
  1. 2005/07/13(水) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

偏見に傷つく人の偏見

なかま姉さんのモヤモヤと私のモヤモヤ同じことか?似て否なることか?
よく分からないけど、姉さん同様くものレスに???を抱いていた私は、もう直接こんな書き込みしてきちゃいました!

*************************************


最近くもの掲示板を見て感じることは、みんなすごい勉強されているなぁとビックリしてしまうこと。

それともう一つ私が目に止まるのは、過激レスになってくるとよく見かける、

「あなたは経産婦ですか?」
「妊娠したことないんじゃないですか?」
「もしかして男ですか?」というような表現なんです。

ここには帝王切開への偏見で傷ついた人が集まっていますが、これらの表現って妊娠経験がない人や男性への偏見ではないのかなぁと感じています。

帝王切開の気持ちって、帝切をした人にしか分からないのかナァ?VBACのリスクも子宮破裂を経験した人にしかやっぱり分からないのかナァ?


なら、私がやすべーさんがサイトを運営する意味ってなんなんだろう?って感じてしまったんです。


私がこのサイトに最初に来た時には、VBACのリスクについて書くや、私の書き込みが厳しかったのもあるでしょうが、やはり

「男の人には、女の気持ちはわからないでしょうね。」
って言われたけれど、その時は私も性格上、
「母児が無事に生まれるために懸命になる母心は理解できるけど、イチカバチカでVBACしてみたいなんて女のエゴは理解できない。」って反論もしましたが(苦笑)


自分たちは、周囲の何気ない言葉や偏見に傷ついていながら、ひょっとしたらその傷ついた自分たちも、そういった人たちを偏見の眼でみてしまったりしているのかなぁと感じ、ちょっと書き込んでみました。


追記ですが、ちょっと論点反れるけど、現実には帝切への後悔や後ろめたさへの書き込みに、
「どんな方法でも命さえあれば・・・。」
「なんで母児が元気であるのに、それでも不満なんだろう。」

と傷ついている天使ママさんも実際にはいる。
偏見に傷つく人が、また違った立場の人を傷つけてしまう。仕方のないことかも知れないし、私だって同罪だろうけど、どこかで振り返る時間を持つ必要ってあると感じました。

***********************************

「あっ、これ私だ!」
なんて感じた人は、反撃してくるかも知れない。
でも、別にいいけど。
なんとな~く日頃から感じてることで、このテーマ2度目の書き込みだから、どんなコメントがつくか?それともレスなしで通り過ぎていくか?ちょっと注目してみましょ。
  1. 2005/07/12(火) 00:00:00|
  2. お産については
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レディースパワー

この土日は店の売上が足を引き、益々死人のように暗~い表情になってしまった。
しかし、昨日の晩暇ながらにすごい度迫力のお客さんが来た。
母親と娘で来たのですが、女性2名でお好みで18,000円も食べていかれた。



うちの定食が1人前1,300~3,000円ということから考えても
酒も飲まずにこの金額は、ものすごい大男並の食欲。
ちなみに私が好みで腹いっぱい食べても4~5000円です。



しかもこの母娘、お母さんが96歳!娘さんだって77歳なんです。
でも、別にデブじゃないし、本当に元気でしかもお洒落。
しかも、言うことがいい。



「最近疲れが溜まるのよねぇ~」と。

96歳でこれだけ食べて疲れるも何も、そりゃあ凄いですよ(汗)
先日来た老人ホームのお婆ちゃん達より更に年上で、これだけ元気で食欲旺盛なのに疲れているという。



この活力の差ってなんだろう。やっぱり凹まない性格なのかなぁと思った。
売上伸びず明日の暮らしもままならないと言うとき、凹む人もいれば、パワーが出る人もいる。まさに、このお婆ちゃんは凹まないお婆ちゃんの生き方がいつまでも若々しく、そしてこんなリッチな食事が出来るくらい人生を成功させているのだと思った。



36歳2児の父、96歳からエネルギーを貰ったのでした(^^)
  1. 2005/07/11(月) 00:00:00|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

なんだかんだで遊びました。

今日は全く予定立たずの日曜日でしたが、なんだかんだと遊びました。


朝一○君に、「パパァ今日何して遊ぶぅ!?」
「何がしたいかなぁ?」
「よし、マジレンジャーショーを見に東京ドームシティに行こう!」



マズイ、また金が掛かる。しかし、私は今日ジャスコでマジレンジャーショーがあるという折り込み広告をみつけていた(^^)

「今日マジレンジャーはジャスコに行くから、東京ドームシティにはいないよ。」
「へ!?じゃあ、ジャスコ行こう!」


と言うことで、近所のジャスコへ・・・。
開演は11:00と3:00だったので、午前の涼しいうちにと思って11:00へ急いで行った。


ジャスコ10:50ちょうど到着。
「ほら!始まっちゃうぞ!」と大急ぎで会場へ・・・。
結構前に座れ、ホッとしたところでアナウンス。
「まもなく11:30よりマジレンジャーショー・・・。」


「げっ!30分間違えた!!!」
朝の涼しさはどこへやらで、強い日差しが照りつけて始まる前にへたってしまいそう。子供たちに飲み物が欲しいと言われても、


「○君と|ちゃんジュース買ってくるから待ってて。」
と言っても、実はキャラショー苦手な|ちゃんはイヤイヤモード。
○君だけ置いて行っては席がなくなる・・・。


仕方なく断念。どうにかショーが始まると|ちゃん超ビビリモード。
この炎天下にベッタリ顔をうずめての抱っこ。
でも、マジレンジャーが出るとチラッと見ては、
司会のお姉さんの音頭に合わせて、



「マジレンジャーがんばれ~ぇ!!!!!!」と大声援。
これがドームだったら何時間待ちになっていたと思うと、
無料だし非常に得したと思ったらショーが終わると、



「これからマジレンジャーの握手とサイン会を行ないます!」


「エ゛ーーーーーーーッ!!!」


結局、また並んで写真の入った紙にカタカナで「マジレンジャー」って書いた色紙500円と缶バッジ500円購入(--#)
まぁ、大道芸の志と言うことですかね。


帰りはジャスコの駐車券を貰う為2000円の買い物ということで、食事をしようと思ったら同じことを考えているファミリーで超満員。
食事は諦め外で食べて、何か買い物をということで○君大きくなったので、新しい浮き輪を買っていけば・・・ということで子供服おもちゃ売り場へ。



浮き輪を買うはずが、ボートをねだられて+小型ボート購入、合計3000円也。しかし、この浮き輪とボートをきっかけに午後の予定が決まった。


区民プールへLet's Go!じゃ(^^)
家族では今年初プール。気温32度、最適な温度で1年ぶりに紫外線にさらした身体はかちかち山。


でも、今年は子供たち水を怖がることなく、いきなり滑り台からザブーンと勢い良く遊び始めた。プールでは2名の私の小中学生の同級生親子、しかし今更「よう!」なんてのも気まずく見てみぬ振り。


しかし、○君の保育園のクラスのお友達、これだけは避けられない。
ママさんに水着姿でこんにちはってのは、今年転園したばかりの話もしたことのないママさんだけにちょっと照れ臭く、○君がお友達と遊んでいるのを見てもらって、私は|ちゃんの滑り台の見張り役をやらせていただいた。



結局プールも閉館までいて、「あとは家でゆっくりするか。」と思ったら、
マンションのカフェでソフトクリームのリクエスト。
更に、喫茶休憩が終わると、目の前の公園でラジコンカーに自転車遊び。
良く遊んでくれました。



そのお陰で|ちゃんは食直後7:30に電池切れ zzz…。(--)
これからの季節やっぱり公園は暑すぎるみたいだから徹底して区民プールの方がよさそうですね。



  1. 2005/07/10(日) 00:00:00|
  2. 子供とお出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

支離滅裂日記

今日はテーマが飛びまくりかも!?


昨日暇暇日記を書き終えると、すぐに訪問履歴がパタパタと増える。
こっちに引っ越してきて、

「今度は身内だけでしばらく大人しくしてよう。」とテーマ投稿もせず、

当分アクセスも100件/日以内のペースで行こうなんて思ったら、開設4日目で100件超えちゃって、1ヶ月経った今では100以下の日がなくなっちゃった。




でも気になるのが、こっちに越してから日記の内容も身内にしか通じないような内容ばかりなのに、日記を更新するなりリンクしてない方が沢山来てROMってく。
後で来るなら分かるけど、どうしてリンクしている人たちより、早く更新したことが分かってあんなに沢山来るのだろう。


別にそれがイヤなわけではない、むしろ新しい出会いに歓迎なのですが、盗聴ならぬ盗読被害を経験したばかりなので、非常にナーバスです。
と、そんなROMの中の履歴に「めろん」という方の履歴を発見。


「あ!メロン会長ひらがなに改名したかな?」と行ってみると、お約束どおり勘違いでした。(苦笑)
ところがそこに行ったのも巡り合わせ。その方のプロフィールの『変形マスカケ』という言葉にピピッと来た私。




実は私はクッキリマスカケ。これ、手相の話なんですが、右手の何とか線と何とか線が繋がって横一本になってる相。
「だから何なんだ?」私は当然その意味も知らなかったので、めろんさんにメッセージを残したところ、すぐに回答してくれた。




『マスカケって天下取りの相と言われていて、カリスマ性を持つ人が多いみたいです☆
徳川家康もそうだっとか?波乱万丈な人生を送るけど、最終的には良い人生になるらしいです(^_-)v 』
 


だって。(^^)  天下取り! カリスマ! 良い人生。



別に手相の何とか線の名前もわからないくらい、占いに興味はない私ですが、こういう話を聞くと、その気になってしまう。
それに今メチャクチャ波乱万丈人生してるもんねぇ。
こういうのを聞くと凹みながらも明日を信じたくなるねぇ(ウンウン)


そんな期待に胸を膨らませて寝た昨夜。今朝の目覚めも絶好調と言いたいところだが、やっぱり胃がいてぇ(><)
でも、気分的には良かったのか?今朝の○君の大事件も怒ることなかった。







今朝保育園に行く前に、○君「ウンチィ~」と一人でトイレへ。

トイレに入って間もなく、私が歯を磨いていると、トイレの流れる音。
○君のトイレにしては、ちょっと時間が短いしお尻は・・・。



「あれ!?○君自分でお尻拭けたの?」

と言いながらトイレに行くと、○君が床に転がりながら慌ててズボンを履いている。

「あ"-------っ!!!!!」

○君トイレのリモコンの、クジラの噴水マークに興味を持ったようで押しちゃったみたい。慌てて出てきた○君の服はビッショリでズボンが引っ掛かって上手く履けない。
更には、頭から全身ずぶ濡れで、髪も霧吹きをかけたみたい。



ウォシュレットの強度は最強に設定されている。
見事なまでに床も濡らしてくれた。
しかし慌てる○君の姿に、笑いが先行して怒れない(笑)



「○君ちょっと待て!お尻拭いてないでしょ。」
「・・・・。」


イタズラをすると○君は黙秘権を使う。というより話せなくなるんです。

「もう、ウンチ終わったの?」

「もうちょっと出る・・・。」





そう言って、仕切りなおしをすると、今度は婆さんが黙っていない。

「ちょっと早くしてよぉ」

孫に向って、早くトイレを出ろと熱く抗議。



「アホッ!自分がトイレ入りたいからって、早くしろって出るもんじゃないだろ!5分前まで誰も使ってなかったんだから、そんなにしたけりゃ早く行けばいいだろうが。」

と私が言い返すと、本当にふて腐れた。


○君、1歳ではお友達とトイレで水遊び、そして今回ウォシュレットとトイレに水難の相があるのかしら?
でも、親としてはこう言った形で水難が去ってくれるのは、返ってありがたいかな(^^)
  1. 2005/07/09(土) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

不況でヘタレても、沢山の支えに元気をもらっているんだね。

今朝はいつもより早くキリキリという胃の不快感で目覚めた。
昨日日記に書いたとおりに暇が的中。
どこもかしこも街中の店は静かで、私の店は老人ホームのおじいちゃんおばあちゃんの団体の予約が入っていたが、その予約以外では3名1組のお客さんだけ。



さすがに青ざめた。
予約があったから尚お客さんが取れなかったのか?それは分からないけど、その予約も年に1度、本来の店のコースの値段ではなく、全然低い予算。
ホームのおじいさんおばあさんが楽しみに鮨を食べに来てくれる、ホームのイベントで、うちの店の暖簾が鮨業界を代表する有名店になったのは、この年代の方達が現役バリバリの時代。



そんな感謝の気持ちも含めて、毎年低予算ながら精一杯の対応をさせてもらっている。もう、自力で歩けない人や飲み込む力も弱い人、認知症とかなり高齢の方ばかりで、細かい注文配慮が出されて非常に手間が掛かるが、介護師さんの手を借りながら嬉しそうに食べる姿はやはり予算売上げには変えがたい。



しかし、その奉仕活動も、こうもフリー客が来ないと命綱になってしまうなんとも情けない事態に落ち込んだ。
でも、うちはまだマシだったかもなぁ。昨夜同じビルにあるイタリアンの店では、無銭飲食が出た。30前後の男性が警備員に押さえ込まれ警察に通報された。
この不況に無銭飲食被害、イタリアンの店にしたら大迷惑だろう。


しかし、同時にその犯人も相当腹が減ってたんでしょうね。
更に、無銭飲食で入ったイタリアンでは飲食代も2~3000円程度の飲食で警察に突き出される。鮨屋や高級中華などもあるのに、無銭飲食に選んだ店はパスタ。
なんか余計に切なくなってしまった。



そんなモヤモヤを抱えての朝、ガラスの胃を持った今の私にはちょっとしたストレスで敏感に反応してしまうみたい。
でも、私には唯一こうやってblogを通じて沢山の人からエネルギーをもらったりできる場所があるので、それが何よりの救いであり幸せだと思う。


ここからは+αですが、今日ケータイメールの受信者ランキングを見て驚いた。
ここ最近急激にネット友達が上位にランキングしてきた。

これまでは、パテシエのいもちゃんや保育園の仲良しママさん、ネット友達のSさんが上位を占めていたのに、ここ1~2週間のうちに急に2名の強烈インパクトのオバチャンが食い込んできて、とうとうその一人が1位を獲得してしまった。


私の大切なお友達の上品なSさんが抜かれてしまったのは、ちょっと悲しいのですが、今のヘタレモードの私にはこのオバチャン達の勢いは活力に繋がってるんだろうなぁ。


どんなキャラであれ、沢山の人に支えてもらえることに感謝の気持ちでいっぱいです。
  1. 2005/07/08(金) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ビックリしたなぁ

今日は本家の掲示板の書き込みのレスに悩んでいるうちに、blogの更新がすっかり遅れてしまった。


ところで、今週は外食お勧めですよ。
とにかく暇(汗)
鮨屋だけじゃない。居酒屋・中華・そば・やきとり・焼肉全部暇。


つまり、外食消費が死んでいるのです。
当店の催事部隊は今、静岡県清水市のすしミュージアムに出店中ですが、
すしミュージアムのあるエスパルズドリームプラザは一日中異様な静けさで閑散としていると、職人から泣きの電話が入ってきた。


東京も静岡も同じ状況ですからねぇ、景気回復策がないからって、目線を逸らして郵政民営化がどうこう言ってる場合ではないの。
でも、消費者からすれば今がゆったり最高のサービスを受けて外食するチャンス。
中旬過ぎにはどの程度かわからないけど、いくぶん賑わいますからね。


そんな、売上げの伸び悩みに頭を抱えているときに、突然私の携帯がなった。
「06の番号・・・?」とりあえず家賃や銀行関係ではない。
こんなご時勢電話が突然鳴るとビビる。(汗)


「でも、大阪からってまさか・・・?」
クレジット会社がいくつか頭を過ぎる。(大汗)
出るの止めようかなぁと思いつつも、鳴っているのに気付いちゃうとやっぱり出ずにはいられない。


「はい・・・。」
「あ、もしもし琴吹さんのお電話でしょうか?」


明るい準標準語に限りなく近い、まるで金融系の窓口のお姉さんのような声。
「これは、まさかかも・・・。違いますって言おうか・・・。」


再び本気で悩んだが、かなり勢いのある女性の声に、
「そ、そうです。」と言ってしまった。


「あ、なかま姉さんですぅ~。」
「おおおおおおーーーーー!なんだぁ。」
一応半分悟っていたかのように、平常心で話したが内心は大汗だった。


「別に用はないんだけどな、声聞いてみたかった。」
勘弁してくれ、散々緊張しながら悩んだ心の中で葛藤していた自分が虚しくなった。でも、姉さんの声可愛い系20代のピチピチギャルの声。(声ですよ声)



姉さんの携帯は記録しているので、電話着たら「なかま姉さん」って表示されるはずなのに、会社の電話で掛けてきやがった。(怒)
チャットし放題、遠距離携帯電話し放題、冷房掛け放題、この関西OLは会社がオアシスになっている。


今日は姉さんに完敗。(><)


それはそうと、今日は七夕で子供たちも保育園で作った短冊と笹を持って帰ってきたので、さっそくベランダにつけたが、残念ながら今宵は厚い雲に覆われた空。
乙姫と彦星殿は雲のカーテンを閉めて、二人きりの夜をお過ごしのようだ。
年に1度の再開だもん誰にも邪魔されたくないわな(苦笑)

でも、あとで子供たちと一緒にベランダにでてみよう(^^)



  1. 2005/07/07(木) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (139)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

* Photo's Cafe *

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。