Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

裁判記録(弁護士打合せ2)

今日は午後から弁護士さんとの打合せ。
10月18日に第二回口頭弁論(証人尋問)が決定し、いよいよ争点もはっきりしてきた。
先日被告弁護士から送られてきた準備書面について話した。

死亡原因について、被告はとうとう死因は肝臓の出血に絞り、肝臓が出血したのは搬送先の病院が子宮摘出の緊急手術の際にメスで切ったお腹を広げておく為に使う固定具が肝臓を傷つけたため出血したので、搬送先病院のせいだと主張してきた。

更に搬送が遅れてたために、重篤な状況にしてしまった過失についても、もしそれが原因ならその日のうちに死ぬわけで、一時的にも一命を取り留めたり回復傾向に向ったことから、被告病院の処置との因果関係はないと主張した。

被告はとうとう責任転嫁を始めたのだ。
この情報は当然搬送先の提携病院にも伝わるはずなのに、そこまで言うのかと呆れた。

被告病院の医師は「患者が決める病院ランキング」でも産科部門堂々1位の評判のいい先生で、私も感謝するところは多々あるが、まさかこんな主張をされるとは思わなかった。

裁判をやってみると本当にその医者の本質が見えてくる。でも、まだ恨みや怒りはないし、被告医師が自分の過失に気付いてくれると信じている。

判決後直接話し合いの場を持って、そこでどんな感情を抱くのか?
今の私には全く想像もつかなくなった。
スポンサーサイト
  1. 2004/08/30(月) 00:00:00|
  2. 裁判
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サンシャインの催事+店の大阪催事

今日は雨。ラブちゃんは昨日から熱を出して38℃キープ。
う~ん。やっぱり一日家でじっとしてるのが常識かな。
でも、Dくん元気だしお友達のゆうととも約束して今日は池袋サンシャインに「トミカ博」と「ウルトラマン博」に行くことになっていた。

家にいては元気にならぬ。Dくんまで腐ってしまいそうだ。
朝からラブちゃんお熱の割りにテンション高い。
「よし!行くべ!」
予定通りサンシャインシティへ行った。雨ということで混むのは分かっていたが車で出発。

案の定首都高は空いてるのだが、池袋出口は手前の護国寺からサンシャインの駐車場に入る車で長蛇の列。
「よし、北池袋まで行ってでよう」
しかし、熱のあるラブちゃんのことを考え移動の少ない車を選んだが結局池袋では駐車場が満杯で車作戦は失敗。
サンシャイン駐車場は3時間以上待ち。二駅先の巣鴨のお友達がシェフを勤めるケーキ屋さんまで行ってしまった。そこに車を止めさせて貰って電車で移動となった。

しかし、黙って美味しそうなケーキを素通りできない私達は、目的地へ行く前に休憩(-o-)

「さぁ、ケーキも食べたし出発!」私は14kgのラブちゃんを抱っこしながら傘を片手にDくんを後ろに歩かせて、今日はがんばりました。その甲斐あって子供たちは終始大喜び!

トミカ博もウルトラマン博も「まだ、帰らない」の大合唱。
お父ちゃんはラブちゃんをあまり歩かせたくなかったし、ウルトラマンは怖がったのでズーッと抱っこで腕はピリピリ状態ですが、やっぱり子供達の笑顔には変えられません。

不思議とお友達のゆうとがいたせいか、いつもお友達がいるとうちの子はお土産売り場に言ってもあまりおねだりをしない。
サンシャインまでの道のりは険しいけれど荷物が増えなかったのが唯一の救いでした。

===============================
関西の方に勝手なニュースですが、私の店のイベント部門が早速来月9月16日より一週間守口市の京阪百貨店8階催事場へ出店することになりました。
お近くの方是非覗いて見てください。
大阪では鮨ネタの好みも東京とは異なるので
『江戸前もやっぱり売りたいけど、売れないと意味ないからなぁ。』
と今からメニューに頭を痛めてます。

私も子供たちと行こうかなぁと思いつつ、お金がないオーナーでちょっと考え中(#-_-)
  1. 2004/08/29(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

生命保険

皆さん生命保険掛けてますか?
私は妻が亡くなってから掛けました(#--)
生前は息子の学資保険くらいなもの。
でも、それでも安い給料の中から引かれる毎月の学資保険料は大変でした。女性は帝王切開でも手術として保険が適用されるので、妊娠前に入っておくといいですよね。逆に既往帝切の場合は手術歴にカウントされちゃって加入が難しくなったり、色々問題があるようですね。

これまで私は日本の最大手生命保険会社2社の保険に入っていました。それには理由があった。店の広告費を保険に投資したのです。
ちょっと広告に載せれば数万という広告費。しかし、保険に入って担当の保険のおばちゃんに営業ついでに店の宣伝をしてもらう。

おばちゃんがおばちゃんにどんどん広がって目立たない看板立てるよりよっぽど宣伝効果があるし、保険のおばちゃん同士のランチ交流の場にもなる。父の代からそうやって店の広告を行なってきた。

しかし、今回それをなくしてしまうのを覚悟で私に転機がきた。

子供2人の学資保険と私の保険合わせると5万円くらい掛かってしまって給料もまともに取れないのに四苦八苦。払いが遅れれば勝手に立替されて利子付きで請求がくる。

「なんのために保険掛けてるんだ。」そんな風に思った矢先、ある外資系保険社員と出合った。
彼は「今の保険が本当に将来のために有効な掛け方がされてるか、入る入らないは別でキチンとアドバイスさせてください。無駄があれば当社を使わず今入っている保険会社で変えられればそれでいいので是非保険というものを知ってください。」と来た。

そして私は全部彼に証券を見せた。私の収入から見てどのくらいの保障を受けられれば家族が最低限の生活ができるか?今の時点ではこのくらいだが、1年2年と年をとればそれだけ保障額は減らしてよいはずだと、詳細に計算し、更に子供の学資も実は必ずしも学資で運用するのが得策ではない。学資の目的が将来への資金であれば○○で積み立てるようにした方が利回りが良い。

などなど病気などの保障がされるうえに、更に支払った保険総額以上のリターンがこうすればもらえるという説明をした。
私の生活により適正な保険の掛け方で無駄を省いた設計を見事に立てた。

しかし難しい保険の中身私の頭は6分理解が精一杯。
私は次回の打合せで現在入っている日本大手の保険担当者も同席させた。そして、彼にプランを全部話させた。

すると、保険のおばちゃんは太刀打ちできず、再び後日今度はFPさんを連れて、また話をした。しかし、彼の話しには全く弱点がない。そしてとうとう日本の保険会社さんは、自分のプランより優れていること。それより良いプランを紹介する力がないことを認めてしまった。

確かに日本の生保って「今月売上足りないからちょっと協力してよ。」とかそんな次元の商売である。素人目にはいい設計を紹介してもらったように思うが、多分ほぼ全員の人が保険を有効に掛けていないのかもしれない。

今回こうして日本の生保のおばちゃん達を同席させたことで、これからの営業がもっと変ってくれることを期待している。
おばちゃん達も「こんないいプラン私達には思い浮かばなかった。あれなら私もあっちに移った方がいいと思う。」と切り替えることを気持ちよく承諾してくれた。

とは言え全部を切り替えるのも情がない。もちろん外資のアンちゃんと相談して残せるものは一部残してプランを組んだ。
そして更に驚いたのは、全ての証券をそのあんちゃんは預かって、何かあったときに適切な利用方法で手続きできるように管理するというのだ。もちろんそれは会社の方針で担当が替わっても継続してアフターフォローをしていくという。

日本の保険会社もあぐらをかいてはいられない。
一人親になった今子供達の暮らしは絶対に守ってやらなくちゃいけないから、真剣に保険も考えた。

皆さんの中でも、是非見て欲しいという方がいらっしゃったら紹介しますのでメールください。
  1. 2004/08/27(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

最近のニュースを4連発

私が気になったニュースをちょっと紹介してみます。

(1)「出産時麻酔で意識不明」 夫が岩手県と医師を提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040825-00000004-khk-toh
 帝王切開手術の際、心肺停止に陥り蘇生(そせい)後も意識が依然戻らないのは手術の際に施された安易な麻酔のためと、宮城県唐桑町の女性(29)の夫が24日までに、岩手県と同県立病院の当時の担当医に、総額約1億9400万円の損害賠償を求める訴えを盛岡地裁一関支部に起こした。

『帝王切開のリスクですね。この患者さんは喘息の持病があり麻酔で合併症を引き起こしてしまったそうです。現在植物状態となっているようで、この巨額の損害賠償請求を求めたようです。
自然分娩でも帝王切開でもリスクは必ずある。お産は神秘的とか言ってる問題ではない。命がけのことだから自分でできる危機管理はしっかり行なって欲しいと私も訴え続けなくてはいけないと再認識しました。』




(2)妊婦の服薬に情報提供 厚労省がセンター計画
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040824-00000062-kyodo-soci

 薬をのむと赤ちゃんに悪影響が出ないか心配な妊婦の相談に乗る「妊婦とクスリ情報センター」(仮称)の創設を、厚生労働省が計画していることが24日までに分かった。

『妊婦さんがちょっと具合悪くなると薬もらうにも近所の医者ではみんな受け入れてくれないし大変ですよね。こういう制度ができると心強いです。』



(3)「パッチ・アダムス」、熊本市で講演 兄らは障害児施設慰問し交流 /熊本

 「笑い」で患者と交流する人間味あふれる医師を描いた映画「パッチ・アダムス」のモデルで医学博士のハンター・アダムスさん米国)が22日、熊本市で講演した。また講演会実行委のメンバーらが熊本市絵図町の重症心身障害児施設「江津湖療育園」を慰問し、子供たちと交流した。

『私もこの映画見ました。笑いはどんな薬にも勝る万病の薬ですね。』


(4)「世界一小さい赤ちゃん」、元気に成長 14歳に

ワシントン(ロイター) 米イリノイ州で1989年、体重わずか255グラムで生まれた女の子が、元気に成長して14歳になった。出生時の担当医師団が、米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」の最新号で報告している。

『この子はお母さんが妊娠中毒症だったため体重は軽かったけれど週数がある程度いっていたので、肺機能もなんとか完成していたため元気に育ったそうです。』
  1. 2004/08/26(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

お護摩+オフ会

昨日24日は一年一度の仏様のお祭の日だそうだ。そう言った仏事行事にまったくうとい私も住職に言われるまま参加して塔婆を立ててもらった。と言っても日中にお経を上げるので当然行けなかった私は塔婆を作っておいてもらって、夕方本堂に取りに行き、私と妻二人きりのお墓デートを楽しんだ。

久しぶりに香炉と墓を豪快に洗って煤をキレイに落とした。ピカピカに磨き上げた墓石は夕日に照らされてキラキラ輝き気持ちよさそう。

塔婆を立てて更に妻が好きだったカフェオレをお供えした。私が半分飲み半分をお供えして二人で一本のカフェオレを分け合った。当然妻が飲む分は減らないからちょっと寂しいんだけど、分け合ったとう気分だけでもその気になれたかな!?

 実はコーヒー嫌いの私でしたが、妻が好きな飲み物だし妻のための行事だから、「たまにはカフェオレ飲ませてやろう。」と買ったのだ。しかし、今回のはミルクの量が多いようで結構飲みやすかった(^^)

______________________________

と、ここからが本当の今日の出来事だが、今日はあるお方と2人オフ会をしましたのです。
仮称峰不二子。その名の通りボンキュッボンが自慢!?
おじさん顔も知らない人と二人で会うなんて、本当は苦手というかためらいはあったけど、折角遠くから上京された機会にとお声をかけていただいたんだから断れない。

ドキドキしながら待ち合わせの新宿へ行ったのです。
会うまでの時間なんとも言えない緊張感。
不謹慎ながら「テレクラで女の子とアポ取り付けたときのスケベオヤジの緊張感ってこんなんかなぁ」とか勝手な想像をしながらソワソワ小走りに待ち合わせ場所へ行き、峰不二子さんを見た瞬間。

今までの緊張が一気に消えた。何故!?
全然カドのなさそうな人で安心してしまったのだ。
1時間ほどのお茶タイムでしたが、頑張ってお目にかかって本当によかったです。全く関わりのないはずの人とネットという世界を通じてご縁ができる。なんだか不思議ですねぇ。

私も今度地方の誰かに会いに行ってみようかなぁ。
断られるかな!?
  1. 2004/08/25(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

オリンピックのウンチク第2弾

野口が女子マラソン金メダル取ったニュースがTVや新聞でもよく流れて、「彼女は苦労人だ」絶賛してたけど本当にそうだねぇ。選考されてから今回までの期間にあれだけの筋肉を女性がつけるのは並の努力ではない。土佐や坂本と比べても肉体改造の差は歴然だ。

しかし、その努力の中にワコールを監督と退社して失業保険を受けていたと書かれていたが、それは苦労か?と首をかしげた。
「働かずに最低賃金が補償されて幸せではないか!なにが苦労だ寝ぼけるなマスコミども!」と思ってしまった。

私なんざ店を継いで4年まともに給料とれたことなんて一度もないし、自営業では辞めたら収入はゼロはもちろん負債がつく。失業保険なんて贅沢なものはない。働いている今だって18時間労働で営業日が減っては給料も借金も払えないと盆正月の市場が休み以外はフル稼働。どう考えても私には羨ましい生活だ。

それはさておき、これまでの日本の活躍には本当に国民としてはオリンピックが楽しくて仕方ないくらい嬉しい成績ですね。
ただ、その中でもちょっと引っ掛かってることがあります。

銀メダルや銅メダルを取って不満そうな顔をしてる選手。
自分が全力を出し切れなかったことを悔いるなら良いのだが、いらないメダルなら棄権して欲しい人に譲ってあげればいいのにと思ってしまう。なんで喜べないんだろう。

金だって銀だって入賞さえできなくたって、自分の全力を出し切ることに意味があると思うんだけどなぁ。
確かにみんな金を目指してるのは分かるけど、それより大切なのは自分の能力を出し切ることだと思う。

と強く感じたのは今朝女子レスリングの浜口京子の姿を見て思った。あの子は笑顔で表彰台に上がり銅メダルを手にした。
そして、自分の力を出し切って頑張ったので嬉しいとコメントを残した。おじさんは今日から浜口京子ファンになってしまった。

あの親子は素敵な親子だね。オヤジのアクが強すぎて嫁さんにするにはちょっと怖いけど、なんであのオヤジからあんなにいい子が育ったんだろうと思ってしまう。小さい頃はプロレスで悪役しかも遠征続きあまり子供との時間も持てなかったと思う。

でも、ああして抱き合える姿とか見てると下手な親子より深い絆だもんね。きっとあのアニマル浜口ってハートの熱い真っ直ぐ生真面目なオヤジなんだね。だからあんなアホなパフォーマンスをしながらも娘は親父に慕ってる。尊敬する親子だわ。

それと、マラソンの銅メダルをとったアメリカの女性の笑顔。
あれこそが本当のオリンピックの姿だと思うなぁ。
だから、日本の土佐や坂本も高橋を選ばずに選考されたのは納得できないけど、全力を尽くしたと二人ともコメントできたことで代表に選ばれて正解だったかなぁと思う。

高橋が銀だったらあんな笑顔できたか疑問が残るしなぁ。
金メダルを取れずに不服そうな顔をしてる今回の選手が金をとれなかったのは、アマチュアスポーツマンとしての気持ちを忘れて、欲の塊になってしまった部分があるからかも知れないと勝手に思ってしまった。

「しあわせは いつも自分の 心がきめる。」相田みつをのこの言葉の通り競技に望む姿勢次第でこんなにも選手の態度が違うのかと感じた今日でした。
  1. 2004/08/24(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ニヤッ(^^ゞ、当たった。

昨夜のマラソンご覧になりました?
0時40分仕事から帰って家のTVをつけると女子マラソンがやってたもんでつい見てしまいました。

先頭集団で最初に目に入ったのは野口。
ものすごい均整の取れた身体にハリのある筋肉が目に止まっちゃって、「これは野口やるぞ!」と一緒に見ていたジジババに宣言。
高橋尚子が選考漏れしてことで不満のジジは「ふ~ん」と言いながらもあまり真剣に聞かない。

私も高橋尚子に絶大なる期待をしていた一人だが、今日の野口の身体は明らかに選考された当初と身体の輝きが違う。
即ボディビルコンテストに出られるのでは?というくらいバランスがとれている。更に際立つのが腹直筋と外腹斜筋。腹筋のバランスが非常に素晴らしくこの腹筋なら安定した走行ができると確信した。

半分気を失いながらも結局最後まで見てしまった。でも、結果を見てニンマリ興奮してしまった私は今度は寝付けない。
仕方がないから、末次と室伏も見てしまった。

今朝はDくんが咳き込んで「オエーッ」と聞こえた瞬間に飛び起きたので目覚めは良かったが、なんとなく頭がスッキリしない。

おじさんになると徹夜もできなくなるんだなぁ。

しかし、話は戻るが3人とも入賞というのは素晴らしい成績でございますが、高橋尚子ファンとしては彼女が坂本の代わりにでていれば金銀を野口と争っていたのかなぁなんてどうしても考えてしまう。高橋尚子の筋肉もまたすごいんですよね。監督さんも言う通り土佐や坂本なんかとは比にならないくらいレベルが違う。
この筋肉美女争い見たかったわぁ。

今朝ラジオで知ったのですが野口も今回の完璧な身体に仕上げたのは野口の走り方がストライド走法といって、大股走りであるため、アテネのようなアップダウンのきついコースでは負担が大きく足がガタガタになるといわれ、「なら耐えられる筋力をつければよい。」と身体作りに励まれたそうだ。

彼女150cmの身長でありながら、ストライドは147cmもありそれで42kmも走っちゃうんだから凄い。

話し相手がいない私は思わず日記で書いてしまいました。
  1. 2004/08/23(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ずっと残したい赤ちゃん言葉

ラブちゃんもかなりおしゃべり上手になり、今朝も保育園に行く道中自転車に乗りデッカイ声で「キラキラ星」を英語でパーフェクトに歌っていた。英語の発音はパーフェクトなのに日本語はちょっと赤ちゃん言葉。しかし、Dくんの時とはちょっと違う。

ラブちゃんは「ごちちょーちゃまでちた・いただきましゅ」という
スタンダードなタイプ。でも、小さな手を合わせて「ごちちょーちゃまでちた。」なんて言われるとカワイイですよね!

一方D君は1歳半で保育園に入園してまもなく、口も達者になり色々な単語を話すようになったが、逆さ言葉いわゆる業界用語になってしまう。その始まりは風邪を引いてキッズクリニックに行ったとき。

「Dくん今日お熱あるから保育園お休みしておサルさん先生に行ってお薬もらっていい子にしてようね。」
「Dくんオネツだからオスクリ飲んで寝るよ」
「?Dくんおくすりだよ?」
「オォスゥクゥリッ!」
これがきっかけで、いぬのおまりやさん・エベレーター・テールブと5歳になった今も更新中。
最近ではエネグリー(エネルギー)・あやまとり(あまやどり)など高度な新ネタも続々登場している。

二人ともずっとそれじゃ困るけど、直ってしまうのもなんだか寂しいなぁと感じるこの頃です。
  1. 2004/08/18(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

お盆休み最終日

今日は午前中子供たちを区民プールへ連れて行った。
私は今シーズン初めてのプール。ラブちゃんも保育園以外ではこんなデッカイプールははじめて。

私はこの日のために新しいスイムパンツを買った。
これまで永きに渡り愛用していたビキニパンツがキツくて履けなくなってしまったため、今多くの方が着用している膝丈まである、どうみてもショートパンツというか、全然街で履いてもOKというようなパンツを買った。

今までスポーツジムで競泳パンツ+スイムキャップ+ゴーグルでバリバリカッコから入っていたスイマーの私には、どうも濡れた瞬間まとわりつくこのデッカイパンツは馴染まない。

しかし、夏休みの区民プールビキニパンツは殆ど見かけず、みんなこのゴワゴワしたパンツを履いている。下手するとサーファーみたいな上下ナイロンのスーツを着たおっさんもいた。腹も出たことだし長いものに巻かれました。

区民プールはDくんとは去年も来たのだが、その時はまだ水を怖がり30分も持たないで帰ったが、今回は違う。
浮き輪持参で2人共結構楽しそう。いわゆる○便プールという膝丈のプールで遊んだわけだが、そこには滑り台もあり、早速Dくんもチャレンジ。

しかし、高さと行く先にある水にビビリ、階段を昇ったり降りたり・・・。
「パパが下で待ってるから頑張れ!」の一言で10分後ようやく手すりをギュ―っとつかんで超低速スライドで成功!
デカレンジャーのゴーグルのお陰で目が痛くないことが分かると
「もう1回!」もう火がついてその後ばパンツが破れるくらい滑り台に首っ丈!

それを見ていたラブちゃんも「やりたい!」と言い出すも、やはり2歳のチビにはまだ怖い。仕方がないので私が一緒に滑ることにした。

階段を上がり膝にラブちゃんを乗せて滑り台に座ると、なんとお尻が幅一杯一杯(ちなみに私はそれほど大デブではない。)
なんとか滑ると「もう一回!」これがあるから本当はやりたくなかったが、今日は夏休み最後の日パパも頑張った。

2時間半ほどでクタクタになり、クアハウスで温泉に入ってるジジババと合流となり私達はプールを後にしたが、日頃日光に当たらない私のTシャツの下の肌はスッカリかちかち山。少しは土方焼けが中和されるかしら!?
  1. 2004/08/16(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バイオリズムが下がった日

昨夜から今日にかけては私の運勢、バイオリズムは下がってるかもしれない。正月以来の店の休みで両親含め家族全員と昨夜家で過した。(狭くて返って疲れるが・・・。)

夜入浴中母が脱衣所で私の洗濯物を洗濯機へポイと入れたのがシャワーを浴びながらドアの向こうで感じられた。
それが悪夢の始まりだ。

風呂から出てポケットを探るとない!ない!ない!
ケータイがない!
もう、お分かりですね。洗濯、すすぎ2回、脱水されてしまったのです(T0T)
ケータイのデータがすっ飛んだ!お写真がすっ飛んだ!しかも私はケータイをスケジュール帳にも使っていたのでそれもすっ飛んだ!

そして今日は日曜日。ドコモショップもやってないから、データが生きてるか確認にも行けない。以前同じ失敗をした保育園のおかあちゃんが自分で電源入れなかったからデータが生きていたと言ってたので、今日はじっと電源を入れずガマン。
新しいケータイを買いに行っていいのか?どうか?も決断つかないまま明日まで待たなくては・・・。

更に今日は保育園のお友達とプールに行く約束をしていたのに朝から雨。ズーッと雨なんか降らなかったのに今日この日に限って雨でしかも明日はまた晴れ!これはどう考えても私のせい。私の運気が下がっているとしか思えない・・・。

しかし、それで大人しくするパパでもなければ子供たちでもない。
先日もらったポケモンスタンプラリーのノートを持って、今日最終日のポケモンスタンプラリーに行ったのだ。
駅にさえ行けば雨に濡れることなく、子供たちは沢山電車に乗れて、しかも階段上り下りもできていい運動になる。
ヒッヒッヒッ!エアピローも6個ゲット!しかもDくんきれいなお母さんとスタンプラリーやってる女の子と、何の抵抗もなくお友達になっちゃうからパパもちょっと得した気分になるし、上手いこと1日を過せたぜ(^^)
  1. 2004/08/15(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

8月14日という日

今日で「あかいふうせん」のサイトも公開して満半年、サイトの内容も少しずつ変化して良く読まれるページと死んでるページがハッキリしてきたので、ちょいとリニューアルした。

そしてラブちゃんが丁度2歳半になった。
ラブちゃんが生まれたときのDくんの年齢に並んだのだ。
こうしてラブちゃんを見ていると、まだまだ小さい。
こんな時にDくんはママとお別れになってしまったんだなぁとラブちゃんの姿を見ながらダブらせてしまうと思わず涙が溢れる。

当時のDくんこんなに小さいのに突然目の前からママが消えたにも関わらず私達大人の緊張感を察してか一言も「ママは?」と口にしなかった。ラブちゃんを病院から引き取り3人で生活を始めたときも、パパはラブちゃんにつきっきりで抱っこもしてやれなくなったのに、Dくんは一人ガマンしてラブちゃんのこと一緒にかわいがってくれたんだよなぁ。

どこへお出かけするにも、ラブちゃんが一緒になってからは一言も抱っことグズることなくずっとパパの横を歩いてくれた。
本当に優しくて強いお兄ちゃんになったね。
親が頼りないと余計にしっかりしたんだろう・・・。
なんて昨夜日付が変わってこの2年半を振り返り、今朝はDくん孝行してやりたくなり、市場が休みで休まざるを得ない今日からの3日間の連休、早速何がしたいか聞いたところ、

『トーキョードームシティにデカレンジャーショー見に行きたい!』と迷いない返事が返って来た。
「よし!何でも聞いてやる覚悟はできていた。連れて行ったろう。」早速暑い中行きました。

半年前のアバレンジャーショーは本物の登場で、パパもらんるちゃんに見入ったけど、今回は本物はいない。
うめこもジャスミンもいないのでパパには盛り上がりに欠けたけど、Dくんは大満足1日だったようだ。
が、一方ラブちゃんはそういうかぶりものが怖いお年頃で終始パパに抱きついたまま。本当に暑かった(×_×)

その夜もビデオに撮ったショーを部屋で鑑賞。マジでレンジャーにハマッテルDくんです・・・。
  1. 2004/08/14(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Dくん誕生日で指全開!+オフ会

今日はDくんの誕生日と「くもといっしょに」というサイトのオフ会が重なった。

今回の会場は私の店からダッシュ15秒の所だったのですっ飛んで参加できた。このサイトは私があかいふうせんを公開するようになったきっかけのサイトで帝切ママさんが今年もズラリと揃った。

去年も顔を合わせた管理人のYBさん、YKさん、KBさんも1年のギャップを感じさせない若々しさだし、久々にママさんエネルギーをいただいた。
_____________________________
さて、本日はDくんの5歳の誕生日。
半年前のラブちゃんの2歳の誕生日ではアンパンマンの絵デコケーキを作ってもらったところ大喜びだったので、今回はデカレンジャーケーキを用意した。
キャラデコアンパンマン

プレゼントはデカベースロボの予定だったが、ここ最近新キャラ登場のおかげでデカスロットルになった。5,000円近く安くなった。

しかし、子供の誕生日、Dくんのだけ買えばいいってもんじゃない。バレンタイン生まれのラブちゃんも買わなくては喧嘩になる。

ラブちゃんは最近プリキュアマニアにかなりハマッいる。
そうなるとやはりカードコミューン。先日赤ちゃん本舗で買い物をしたがDくんのはあったのだが、ラブちゃんのはメーカー欠品状態。

そうなると諦めるのが普通だが、私は意地でも手に入れたくなる。
早速地元百貨店のおもちゃ売り場で働く知人にメールした。

ちょうど数個メーカーから入荷があったばかりと言うことでなんとかGET!しかし、問題発生。

Dくんのデカスロットルより1,000円くらい高い(#--)
主人公のDくんより高いプレゼントってわけにはいかない。

急遽Dくんにもう一品。ロックマンのおもちゃを買った。
さて、保育園にお迎えに行くと、今日は保育園でも沢山お祝いしてもらったようで「パパァ!」と嬉しそうにDくんが抱きついてきた。

早めにお迎えと思ったけど結局いつもと同じギリギリになってしまったので、足早に帰って食事をすませ、ささやかな誕生日会。
キャラデコデカレンジャー

デカレンジャーケーキにはバイキンマンが感激したときみたいに目をキラキラさせて感動し、「パッピバースデー ツーユー♪」と兄妹で合唱。今年はロウソク消しもラブちゃんに先を越されることなく自分で消せて大満足(^^)

「Dくん何歳?」と聞くと手のひらを全開にして「ゴサイーィ!」
指を折ることなく元気一杯手のひらを広げる5歳は、これまで以上に元気100倍のようだ。

この絵デコケーキ、非常に子供たちのリアクションはいいのだが、問題は食べるとき。前回のアンパンマンはどうやっても顔が真っ二つになり、子供たちの悲鳴が止まなかった。

しかし、デカレンジャーは小顔だったため顔だけ上手くカットしてD君にサーブ。「ラブちゃんはおてて!」と仲良く分けた。

そして、毎度ではあるが甘いものがあまり好きでない2人は中のイチゴだけ食べて、パパはスポンジと生クリームをいただいた。

元々スーパー甘党の私はケーキの1ホールくらいはちょろいものだったが、私も年なのか?過去最高に太ってるせいか?2人分のケーキを食べるとムカッとしてきた。

そんなパパの表情を感じることなくDくんは「おかわり!」
そして何でも真似するラブちゃんも「おかわりぃ!」
久々に重度の胸焼けを起した。

とりあえずケーキは半分だけ食べて残りは明日の朝食にしようと子供と約束し、プレゼント授与。その後は言うまでもなく、ズーッとデカスロットルを手につけてナルチシズムを極めていました。

子供たちの喜ぶ顔は毎日見てても飽きない。だから父ちゃん明日も頑張る頑張る。
  1. 2004/08/11(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

妻の誕生日

今日は妻の誕生日。
生きていれば38歳かぁ。
でも、妻の時間は私の中では35歳で止まったまま。

もし、この日を生きて迎えたなら38歳の妻はどんな女性になっていただろう。

35歳の妻の記憶のまま止まっている私には残念ながら「これだ!」という姿は想像できない・・・。

昨夜日付が変わると同時にそんなことを考えた。
今日は早速夕方に妻の墓へ行きささやかな2人だけの秘密の誕生祝いをした。

ひまわりベースの黄色い花束とケーキ・飲み物を買って誰もいないお墓へ車を走らせた。

空が赤くなり始めた頃38本の線香をあげお茶で乾杯。
お墓の前に写真を飾り静かな二人の時間を過した。
不思議と悲しさ悔しさと言った感情はなかった。こうして今年も無事家族が生きていられること、そして二人でこの時間を過せることに幸せを感じた。

子供たちのこと、困難な生活のこと、裁判のこと、HPでの沢山の人との出会い、色んなことを語った。

しかし、限られた時間は掃除の時間を入れても30分。ちょっと最後は大きな溜息をついてしまったけど、気持ちを切り替え保育園に子供たちをお迎えだ。

家に帰ってからは、子供たちにも「今日はママのハッピーバースデーなんだよ。」と話し、3人で仏壇に手を合わせながらも「おめれとーっ!」と子供たちも嬉しそうにママの年を重ねることのない誕生日を祝った。

  1. 2004/08/09(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

清水すしミュージアム

今日は子供たちの夏休み家族サービスと仕事偵察を兼ねて静岡県清水市のすしミュージアムへ行った。

昨日3人で出かけるつもりだったので、車は夏休みで道路状況もわからないし、運転しながらチビたちの御用聞きも大変かな?

と思い子供達のあこがれでもあったことだし奮発して新幹線で行くことに決めて午前中に切符の手配をした。

指定席であれば2席は欲しいので大人1枚子供1枚を買う必要があるが自由席なら大人1枚のみで済む。みどりの窓口で確認すると前日

にもかかわらず指定があるということは2人分くらい何とかなると読んで自由席を買って、帰りだけは指定にした。

と切符を買ってホッとしたところで、保育園のお友達まゅさんから連絡が来てまゅさんとゆうとも御一緒にしていただけることとなった。

さて、前々から「新幹線乗るよ!」と言っては「はやく行こう!」と子供がうるさいので今朝になり「Dくんラブちゃん今日ゆうと

と新幹線に乗ってちびまるこちゃん行くよ!」と話すと「やったぁ!」と大喜び一発でお目覚め。

早速デカレンジャーを見てお支度。お店の前でゆうと親子と待ち合わせ出発!

自由席なので始発の東京から乗った方が確実だが、最寄の今年完成したばかりの品川駅を利用してみたい私は品川から乗車。

幸い3席シート2列ゲットしてひかり号出発!
子供たちは大興奮で静かになんて座ってない。

周りの目を気にしながらも私とまゅさんもウキウキで車窓の景色を楽しみながら1時間の旅。

のはずが目的地静岡駅の手前で緊急停車。前を走るのぞみが故障らしい。結局カーブの斜めになったところで30分の足止めにあったも
のの無事到着。
すし2

私は早速出店中の自分の店のブースへ行った。今回は限りなく店の素材と同じネタで価格設定もミュージアムではわりと高めの設定で
清水すしミュージアム


勝負したが、行ったときには満卓状態でまずは一安心。
「お腹すいたぁ」と騒ぐ子供達をさっそく別の店に連れて行く。

テナントとして入っている寿司岩に行った。子供たちは鉄火巻とかんぴょう巻を1本づつ頼んだが殆ど食べない。

「お口にあわなかったのかしら(汗)」
私もうちと同じくらいの価格の定食を頼むが、明らかに自慢だけどネタは申し訳ないけど比較にならない。

しかし、ここは清水のお台場のようなレジャースポット。みんな団子みたいにデッカイよく言えばボリューム感ある寿司やクルクル寿司が人気。

そんな条件の中で高い年齢層が中心だがよく入っていて一安心。
あとは子供たちを自由に遊ばせる。

ボールプールの室内遊技やちびまる子ちゃん博物館おもちゃの博物館と回った。ちびまる子ちゃん博物館では入口でまるちゃんの着ぐるみお姉さんがお出迎え。

そこでラブちゃんの様子が豹変。着ぐるみさんが大の苦手なんですねぇ。抱っこでしがみついて離れない。

そして中に入ってもしがみついて顔を隠してる。しかし、まる子の学校で塗り絵コーナーがあるとお絵かき大好きラブちゃんは見事恐怖を克服。ヌリヌリ開始。
ちびまるこ

出口では子供3人仲良く楽しそうに出てきた。
もっと遊びたい!と思ったが既に4時。帰りの新幹線ギリギリの時間だ。

「さあ、帰ろう!」となるはずだったが予定変更。延長線に入った。夕方陽射しも和らいだので海へ出る。

そこには小さな子供向けの人口浜がある。子供たちは早速洋服のままザブーン!

1時間ちょいの海水浴を楽しみ終了。全身ズブ濡れの子供たちをトイレで素っ裸にして掃除用のシンクでザブザブ洗い。

持参した予備用着替えに着替えて家路へ。
帰りの新幹線もみんな寝ることなくハイテンションで帰宅。ささやかな夏休み日帰り旅行が終わった。(^0^)ホッ

家に帰ってニュースを見たら東名高速ではまたしても事故で朝から大渋滞だったようで新幹線も大正解でした(^^)
  1. 2004/08/08(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熱さましシートのニュース

ちょっと前の話になるがこんなニュースが入ってきた。

『http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/322801
◆ 2004.7.30 国民生活センターが警告、熱さまし用ジェル状冷却シートで乳幼児が窒息状態に陥る可能性

 国民生活センターは7月29日、熱さまし用ジェル状冷却シートで乳幼児が窒息状態に陥る可能性が否定できないと警告した。センターによると、2004年4月に北海道で、生後4カ月の男児が冷却シートによって窒息状態となった事故が発生した。男児は発熱のため冷却シートを額に貼っていたが、看護にあたっていた母親がしばらく側を離れたところ、その間に冷却シートが口と鼻を塞いでしまっていた。救急車で病院に搬送、人工呼吸管理などさまざまな治療を施し一命は取りとめた。しかし、低酸素性虚血性脳症が認められ、将来にわたり全介助が必要なほど重度な障害が残る可能性が極めて高いという。』

確かにありえるだろうなぁ。とは思いつつ保育園でもよく使ってるし怖いです。胎児仮死で生まれたって後悔後に立たないのに熱さましシートで低酸素性虚血性脳症となり重度の脳障害と一気に人生が変わってしまったらと考えると元気な姿も知ってるだけに本当に怖い。

しかし、粘着性が全くなかったら意味ないし、やっぱりアイスノンくらいがベストなのかな?
というかそもそもオデコにそんなもん貼ったって意味ないのに、売る側もオデコに貼る映像流したりするからいけないのかな?
脇や股関節部に貼るような使用方法に変えるべきではないかしら?
  1. 2004/08/07(土) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

さてさて

今度の日曜日はボチボチどのお友達も帰省やら何やらと予定が入っていていよいよ3人で過す方法を考えなくてはならない。

夏休みったって旅行にも連れて行ってやれるわけじゃないし、今週は丁度静岡清水エスパルスドリームプラザのすしミュージアムの催事に私の店が出店中なので、ドリームプラザさんへのご挨拶を兼ねた小旅行へ行こうかと考えている。

しかし、チビ2人を連れて電車がいいか?車がいいか?どっちにしても体力使い果たすか?2~3時間の旅でしかも夏休みなだけにどうも踏ん切りがつかない。

でも、できれば子供達に新幹線乗せてやりたいなぁという気持ちもある・・・・・。よし行こう!

そういえば、このネットで私は静岡の人と出会ったことがない。
多いのは東京近郊と大阪近郊次いで佐賀福岡といったところだ。
勿論人口にも比例するのだろうけど、静岡で心当たりがないというのもなんだか不思議。

東名高速で走っても静岡ってすごくデカイ。それなりの人口はあるだろうけど、PC普及率が低いのかな?
  1. 2004/08/06(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

楽天株買った!

今日はまた証券マンから電話があって「残金全部使ってくれ!」
とばかりに売り込みがあった。
今回は楽天株。
こちらで世話になってるだけに折れてしまった。

今日は株価が一気に下げに入ったので、数日中に値を戻すであろうという見込みで買ってみました。
買いは63万円最安値。2単位株購入。
70万円台の戻りを見込む。

子供達はこんな駆け引きをパパがしていることは全く理解していない。基本的に株で儲けるとかいうのは商人なのであまり好きではないが、たまたま当たったタンス株をただ換金するためだけに証券口座使ったらちょっと悪いかなぁと思って2ヶ月限定で少し証券会社にも甘い蜜吸わせたろうとご協力しました。
  1. 2004/08/03(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

疲労の日曜日

今日は朝の目覚めも悪く背中が重ダルイ(X_X)
先週の疲れが取りきれていないのがハッキリとわかった。やっぱり気持より先に肉体は衰えている。

しかし、『デカレンジャー昨夜ビデオセットするの忘れちゃった』と朦朧としながらも気付いてビデオセット。なんとか間に合った。
そして今日は海岸町会の祭りだ。子供の山車は朝の9時スタート。

早速Dくんラブちゃんを起し大慌てで準備。
なんとか間に合った。ここの山車は少々距離は長いが、休憩がたくさんあってジュースやお菓子がたくさんもらえる。
子供達も大喜び。Dくんのクラスの仲良しお母さん達もお祭りの係りで出ているし、友達も大勢きているので結構みんな気を使って貰えるから大助かり。

とは言えやはりこの猛暑では子供達もヘトヘトで綱を持つだけで引っ張るのは大人。そのくせ、祭りが終わると急に元気に公園で遊び始めた。翌日に疲れを残さない子供のパワーは素晴らしい!
父はたまらずママさん達と木陰で涼ませていただいた。

しかし、昼には行事は終了。さてさてまだ一日は長い。でも外で遊ぶにはちょっと暑すぎる。どうしよう・・・。
と考えていたら突然私は先日JRの駅で見たポケモンスタンプラリーのポスターを思い出した。

「よし!これだ!」と早速駅へ。実はJRのスタンプラリーこれが私のデビュー戦。全く仕組みが分からなかったが、以前妻がディズニーのスタンプラリーに行ったときにみどりの窓口で買ったようなことを聞いたので、夏休みの大行列ができてたみどりの窓口へ並ぶとDくんがスタスタと歩いて「ポケモンだぁ」とカタログを持ってきた。

「あっ、これスタンプ台だ。」
「なるほど並ばないでもすぐに切符買ってスタートできるのか(^^)」
早速都内フリー切符を買ってスタート。
まずは田町。このスタンプラリーのミソはスタンプ台が全て改札の外にあることだ。キセル防止+降りるたびに料金を稼げるようになっている。もちろん私のようにフリー切符を買えば随分得だが、マニアはフリー区間外にも行ってスタンプを押すので、結構お金掛かるみたい。

しかし、私にとっては2歳半のラブちゃんまで連れての改札外までの階段を含めた行き来が大変で、予想外のスタミナ労費。
でも、やってみると楽しい(^0^)/

日暮里を経て14時に巣鴨。実はここがパパの今回の目的地。
表向きスタンプラリーだが、私はついでにフレンチパウンドハウスでケーキを食べるというのが目的であった。

巣鴨は子供達にも分からないキャラクターだったが、ここはまだ小さな保育園児素直に言うこと聞いてくれる。ちょうど巣鴨につくとD君も「のろ(喉)かわいたぁ」と言ってくれたので
「じゃぁ恵美ちゃんのケーキ屋さんでお茶飲もうかぁ?」と打診し快諾となった。

実はこのケーキ屋さんケーキ通の間ではTVチャンピオンにも度々でる有名店。私の親友恵美ちゃんがここでシェフを勤めている。
ショートケーキは普通のフレッシュ仕立てのブランと果汁を混ぜてピンクっぽく仕立てたルージュの2種類があり、私は果汁が入って爽やかな口当たりのルージュを頼んだ。
子供達は自家製苺のシャーペット。

久しぶりに友人に会い旨いケーキをいただいた上に、今回は子供達も彼女に人見知りすることなく懐いてくれて、恵美ちゃんもすっかり気をよくしてくれて9月にデートの約束まで成立(もちろん子連れデートです。)。かなり得した気分になった。

そんなこんなでもたもたしてたら時間は3時をまわってしまった。
スタンプラリーは4時で終了。あと2つまわって品川に行かなくてはと急に焦り出す。

目白に到着。他にも同じような光景の親子を見かける。
というか、オタク系親子。お父さんが小学生の息子を連れてスタンプラリーをしているが、なぜが子供は手ぶらでお父さんがリュックを背負って野球帽にスタンプノートを片手にスタンプを押しては競歩でスタスタ移動。

あれはお父さんがオタクで完全にポケモンにハマッてる口だろう。
しかし、なんでオタクというのは急ぐと走らないで競歩になるのだろうと子供達に話し掛けたかったが通じないので孤独に考えていた。

大行列で大分時間をロスして目白を後にした私達は最終クリアポイントの恵比寿へ。
ここはピカチュウのスタンプだから絶対外せない。
到着は終了2分前の3時58分。
ピカチュウの行列はすごいだろうなぁと思ったら、全く並ぶことなく終了。スタンプが全部揃って子供達も大喜び!+ラブちゃんはビキニパンツが襲ってきたようでちょっと怪しい雲行き。「(スイマー=睡魔)ベタなオヤジギャグですみません」

しかしゴールの品川でプレゼントがもらえることを話なんとか気力をつないで無事終了。
家に着くなりポケモンエアピローを抱っこして6時就寝Zzzz。
  1. 2004/08/01(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (138)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。