Reach

苦難はもう十分経験した、あとは這い上がるだけだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お産のリスク

昨日の本家あかいふうせんのひまわりさんの掲示板書き込みに寄せられたレスを見て、

う~ん、改めて医者にとっても患者にとっても産科医療は非常に大変な時期に突入

してきたなぁと感じた。



今年になって、更に産婦人科医の減少が深刻な問題としてマスコミにも取り上げら

れるようになったけど、その背景には妊婦さんの「お産=生まれて当たり前」

という認識不足と、

「実際の現場での産科の事故件数の多さ=妊婦の認識不足による安易な訴訟」

という問題があるのかも知れませんね。




専門科別医療訴訟数を見ても産科は常にトップクラスです。

実は、産科ではそれだけ日常的に悲劇は起こっている。

そして、お産は病気ではないという認識に加え、産んで当たり前という感覚でいる

患者にとっては、=医療ミス(訴訟)に繋がりやすいようです。



でも、患者がすぐに訴訟を起すのも安易だけど、すぐ訴えられるからって産科医を

辞めるというのも安易な気がするなぁ。と個人的に感じている。



訴訟が多かろうと少なかろうと、訴えられる時点では別に過失でもなんでもないし、

確かに金銭的、時間的負担は大きいかもしれないけど、毎年何件も抱えるもんでも

ないし、自分のやっている行為が正当なものならば何を恐れることもないと思う。



それに、訴訟が増えるか否かは、産科のトラブル件数の多さも去ることながら、

病院や保険所、マスコミがお産のリスクの説明をキチンとしていないからで、



妊婦さんは「自然なお産」とか「豪華な設備」とか「出産までに準備するもの」

とかばかり懸命に教育されていて、お産のリスクについては何にも理解されていない

のも、安易な訴訟を増やす原因になっているのではないかと思う。



私自身訴訟に踏み切るまでに半年の時間が過ぎた。

それは、やっぱりお産に対して全く知識がなくて、過失の有無を問うためにそれだけの

時間を要してしまった。

その間は、やっぱり医師やスタッフが精一杯やってくれたということに感謝するだけ

だった。



でも、精一杯やったと伝われば感謝して、伝わらなかったら訴える。

救命できたら感謝して、亡くなったら訴えるってのはおかしいですよね。

そんな事態になった要因に過失があるのかをキチンと見極めなくては・・・。



うっかりミスを犯しておきながら、「いやぁ、大変な状況でしたが、スタッフが全員

頑張ってなんとか命を取り留めましたよ。」

なんて言われたら、患者や家族は一生懸命やってくれたことに気が行ってしまって

患者や家族はミスに気づかず、医者にお礼を言ってしまう。



しかし、最近訴訟が増えたのはそうやって騙される患者が減っただけで、

決してミスが増えたわけじゃないのでしょう。

だから、訴訟が多いからって産科医が辞めるのは、

「今まではそうやって患者を騙せたけど、最近はごまかせないから辞める。」

って言うのと同じような気がする。





これから産科医を目指す方々には「産科医なんてやってられねぇっ!」

てサジ投げる前に、お産のリスクをキチンと伝える土俵づくりを国全体でできるように

努力してもらいたい。



 

それこそが、本当の医師と妊婦さんの信頼関係の構築に繋がると思うし、

訴訟を減らす方法であると思う。

(もちろんミスを0にする努力も忘れちゃいけないけど。)
スポンサーサイト
  1. 2005/06/01(水) 00:00:00|
  2. 出産育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大出血からの生還

昨日、本家あかいふうせんの掲示板に出産による大出血で意識不明の状態から、奇跡的に助かった方の書き込みがあった。

本当にお産って命がけだと改めて思ったのと、医療裁判の難しさを実感した。
そこには、産科医の先生からの書き込みもあって、まぁ内容がハッキリしないことも
あるけれど、「スタッフの努力で救命できたのに、それで訴えられては・・・。」というレスがついている。

私にはどちらの立場も自分なりに理解できるので、どっちが正しいとか間違っているという言い方はできないけれど、患者を客、病院を店と考えたときに、客の満足するサービスが得られなかったことを考えると、いくらフォローしたからって、結果的にはクレームを起してしまったのは事実なのだから、こんなんで訴えられたら商売やってらんねぇってのも少し乱暴かなぁと感じています。

う~ん、やっぱり頭の中でまとまってないなぁと書きながら感じてしまう・・・。
  1. 2005/05/31(火) 00:00:00|
  2. 出産育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オペ中の会話+除籍

今日本家あかいふうせんの掲示板に書き込みがあったのですが、

2度目の帝王切開のとき、オペ中に医師と看護婦さん達が世間話をして大笑いしていた。

という書き込みがあった。



これって、産科に限らずよくある光景なんですよねぇ。

特に緊張感の走る現場では、スタッフがリラックスしてオペに望めるように世間話を

するということがよくあります。



でも、今回の方は日常ルーチンで緊張感が全くない状態で交わされた会話みたいです。

確かに医師にとっては、年に何度もある帝王切開オペだし、状態も安定していれば

緊張感が薄れ、世間話も出てしまうのかもしれないけど、一生に何度もあることでない

患者にとったら、全身麻酔でもないのに意識がはっきりしているときに、

こんな世間話をしながら、お腹を切られたらたまったもんじゃない!


************************************

とこうやって皆さんのオペの話しとか伺うと、妻の当時の姿を今でも思い出します。

もちろん、妻のときは世間話などする余地もなく、スタッフも緊張しっぱなしでしたが

そんな当時をずーっと振り返っていると、いつも引っ掛かることがある。



それは、病院での話しではなく、区役所での手続き。

ご存知の通り私は、ラブちゃんの出生届と妻の死亡除籍届を一緒に行ないました。

戸籍謄本には、ラブちゃんの名前が加わり、その一方で、別れたくなんかないのに、

死んでしまったがために事務的に戸籍から「妻」の文字にバツ印が付けられて、

「除籍」と追記された。



このときの悔しさのような気持ちは、未だにときどき襲ってくる。

当時は、「なぜ妻の命が奪われた上に、籍を残しておくことも許されないんだ。」

と言う思いでいっぱいだったし、



今でも、「せめて個々のペースで気持ちに整理がついたときに手続きできるように

して欲しい。」とも思うが、



「でも、これは残された遺族が早く復帰するためにもこれでいいのかも知れない。」

とも思うこともある。



みなさんだったら、どう思われます?

本家サイトどっちの掲示板にも書き込みしておきます。
  1. 2005/05/28(土) 00:00:00|
  2. 出産育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

遠足+うにょさん

引越し5日目の今日はD君遠足です。

川崎の東芝博物館にバスチャーターで行くとかで、昨日から大騒ぎ!

そして私も弁当箱探し、リュック探し、ポケモンのバランなど小物がなかなか

見つからなくって大騒ぎ(汗)



昨夜仕事から帰ってようやく揃ったが、朝は朝で弁当作りに追われる。

小っこい弁当箱にウインナーや鶉の卵などなど盛り込み、蓋が閉まらず盛り付けに

悪戦苦闘していると、ラブちゃんがきて、「ラブちゃんもエンショク!」と騒ぎ出し、

しまじろうの弁当箱にお弁当の残りをつめて、ベランダにゴザ敷いて子供達は朝食。



引越し直後の遠足準備は、結構厳しいものがありますね(苦笑)

出かける間際にはラブちゃんに、リュックを要求されて、慌ててダンボールを開けて

アンパンマンのリュックを出して、急いで保育園へ出発。


どうにか間に合ったぁ。(^^)

でも、D君結構楽しかったようで、お迎えの時には土産話でいっぱいでした(^0^)/

(色んなこと一変に話そうとするから何言ってるか分からなかったけど・・・。)
 
ラブちゃんもリュックだけ背負ったら遠足だと思ったようで超ご機嫌(^^)でした。


**************************************


さて、今日はお昼にサイト友達のうにょさんが、九州から会いに来てくれた。

会いに来てくれたって、この為にじゃなくて、TDL旅行のついでに立ち寄ってくれた

んですが・・・。


散々お世話になっているし、一度お目にかかりたいと思っていました。

チビちゃんたちも、人見知りナシ!のお嬢ちゃんでかわいかったですよぉ。

うにょさんも、建築関係のお仕事と聞いていたので、オッサンっぽいイメージを

例によって勝手に想像していましたが、全然オッサンっぽくない、ママさんでした。



シングルハウス☆チカさんのように、想像しないようにと思っているのですが、

性格なのか?無意識にどんどん想像してしまって、実際に会うと見事に外れる。

でも、話しているうちに「やっぱりうにょさんだ(^^)」ってなるんですけど。

ママ一人でチビちゃん二人とTDLで3日間遊びまくると言ってましたが、

すげぇ体力だなぁと思いつつも、幸い天気も良さそうでよかった。
  1. 2005/05/25(水) 00:00:00|
  2. 出産育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

お邪魔タクシー

今日はショートストーリー仕立てでいきます(^^)


夕方保育園に子供達をお迎えに行くと、いつものように「パパァ~ッ!」って

すっ飛んできてくれた。





「パパ見て見てぇ、保育園にオジャマタクシーあるの。」

ラブちゃんが隣の教室まで、私の手を引いた。

「お邪魔タクシー?」



隣の教室に来るとラブちゃん、「抱っこして!」と言い、棚の上のプラケースを覗く。

なるほど、「おたまじゃくし」ね!

そして、ラブちゃんが指さしたのは小さなメダカでした。(><)
  1. 2005/05/24(火) 00:00:00|
  2. 出産育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

プロフィール

寿☆司

Author:寿☆司
VBACという出産から新たな出会いと大切な別れが訪れました。
父子家庭、経済的、肉体的、精神的苦難を乗り越えて親子で暗闇から這い上がってきました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (245)
裁判 (37)
ひとりごと (329)
今日の出来事 (172)
出産育児 (28)
子供とお出掛け (130)
投資運用 (1)
妻に関すること(含む裁判) (4)
妻のこと (41)
子供の成長 (139)
お産については (54)
ニュース (19)
レスリング (171)
オヤジの子育て (23)
仕事 (8)
花 (98)
学校生活 (27)
友達と遊ぶ (16)
散策 (97)
ブログ (80)
格闘技 (308)
子供達 (253)
子供の友達 (134)
グルメ (73)
その他の写真 (14)
カメラ/写真 (41)
その他スポーツ (16)
雑記 (9)
レジャー (51)
海外 (10)
マスコミ (5)
kotoba (3)
すし (28)
エセ女子カメラ (1)
再起 (6)

ブロとも一覧


のんきなフロリダ暮らし

chisaのそらもよう

徒然にっき

hiro@モンの日常ブログ

STEP-STEP-STEP

SAKURA*BIYORI

たわいもないぶろぐ

奈良写真館道場

ど田舎に棲む

こはる日和

* Photo's Cafe *

一眼レフで綴るYujin-Tomaのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。